こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

ニトリでお米を炊く専用(3合)の炊飯土鍋でお米を炊いてみたら、ビックリするほど美味しく炊けました♡

それから晩御飯は毎日、炊飯土鍋でお米を炊いているので、美味しく炊けるコツや炊飯土鍋の豆ごはんのレシピetcを紹介します。

炊飯土鍋はニトリで1000円ほどとリーズナブルなので、試しに使ってみるのもアリですよ!chayoのおすすめ品です。

ガス火用 炊飯土鍋は内蓋と外蓋があるよ

炊飯鍋は2つの蓋つき(写真の左が外蓋ね)。内蓋は蒸気が出るように穴があり、外蓋には穴はない。

こちらは内蓋をして、外蓋をしたところ。スッキリデザインで場所を取らないよ。

お米のとぎ汁で目止めをする

最初に炊く前にお米のとぎ汁を使って、目止めをします。やり方は簡単。

  1. お米のとぎ汁を入れる
  2. 火にかけて、約10分沸騰させる (※chayoはかなりブクブクさせちゃいました)
  3. 冷めるまでそのまま放置

ちなみに目止めは、素材の土に無数の目があって、その目を防ぐため。

これをやらないと、炊飯土鍋がひび割れやにおい移りをしてしまうことがあるとのこと(‘ω’)ノ

ママ

とぎ汁がなければ、生米や片栗粉でも目止めができるよ!

炊飯土鍋を使ったお米の炊き方

いよいよ炊飯土鍋でお米を炊いていきます。

  1. ボールにザルをセットし、お米を研ぐ
  2. ザルにあげて、水を切る
  3. 土鍋に2の米と分量の水を入れて、20~30分以上浸水させる
  4. 内蓋と外蓋をセットして、弱火~中火で炊く
  5. 土鍋から音がしたり(ガーガーやピューピューといった音が聞こえる)、蒸気が出てきたら、かなりの弱火にする (写真ではわかりにくいけど、蒸気が出てます)
  6. 10~12分そのままかなりの弱火で炊く(1合は10分、1.5合以上は12分。chayoはキッチンタイマーやスマホでアラームをセットしてるよ)
  7. 火を止めて、15~20ほど蒸らしたら完成♡ふっくらと美味しいご飯が炊けました(*^^*)

行程5の沸騰し始めた合図をchayoは音で聞いているから、ガスコンロの横で晩御飯を作りながら炊いてます。

音でわかるのかな?と最初は心配したけど、意外に聞こえるよ!

ママ

4からスタートして、だいだい40分ほどで炊けるよ

炊飯土鍋で美味しく炊くコツ

毎晩炊飯土鍋を使ってみてわかった美味しく炊くコツは3つ。

  • お米を30分以上、しっかりと浸水させる
  • 水の分量はちょっと多め
  • 最初から最後まで弱火で炊くと焦げにくい

お米の浸水をしっかりさせてね!

炊飯土鍋で美味しくお米を炊くコツは、しっかり浸水させておくこと。夏場は30分、冬は1時間以上だよ(‘ω’)ノ

chayoは夕方に帰宅したらすぐにお米を浸水させて、炊いてます。

水の分量はちょっと多めに!

chayoはレシピよりもちょっぴり多めの水加減で、炊いてます。ちなみに我が家は、基本1.5合で炊いてます。

水量
1合 220cc
1.5合 330cc
2合 440cc
3合 660cc

炊飯土鍋に米がひっつかないようにするには、かなりの弱火で炊いてね!

炊飯土鍋にお米がひっつくんです。しかも鍋底にはおこげちゃん。

あるサイトで、最初は中火じゃなくて、ガーっと強火で炊き上げるのが良いと知り、その通りに最初は強火で炊いてました。

でも1か月以上炊き続けてわかったのは、強火だと焦げができすぎてしまうこと。

それで最初から弱火にし、行程5でもかなりの弱火にして炊いてみたら、焦げもできないし土鍋にもひっつかない。

それからはこの火加減で炊いてます。火加減、大事です(; ・`д・´)

尚、かなりの弱火は、それこそ火が消えちゃいそうなほどの弱火。でも弱すぎると火が消えるから、そこは気を付けてね!

あと、それでもちょっとは鍋底にくっついちゃう。だから炊き終わったら、水を入れて暫く置いてふやかしてから、洗ってます。

 

ちなみに最初はお焦げに喜んだくせに、食べてみたらやたら硬くて、美味しくない。

炊飯土鍋のお焦げは、あまり喜べないお味です。

ニトリの炊飯土鍋で炊く炊き込みご飯や豆ごはんのレシピ

炊飯土鍋で炊き込みご飯や豆ごはんも炊いてみました。

豆ごはんはそのまま炊飯土鍋に入れればOK、お肉を使う場合はフライパンで炒めてから入れるといいよ!

炊飯土鍋での赤豆の豆ごはん。炊き方はこちら
炊飯土鍋でのタケノコ炊き込みご飯。炊き方はこちら

ニトリの炊飯土鍋でお米を炊くまとめ

ニトリの炊飯土鍋は最初、試しに買ってみました。

1000円ほどだから、うまく炊けなくてもあきらめつく価格だしね。

それなのに炊飯土鍋で炊いてみたら、普通の炊飯器よりも手間はかかるけど、ふっくらと美味しい。

いつものお米がワンランクアップしました。

それ以来、毎晩はこの炊飯土鍋で炊いてます(*^-^*)

ちなみにchayoは平日の朝は忙しいから、炊飯器でタイマーで炊いて、土日の朝だけは炊飯土鍋で炊いてます。

炊飯土鍋で炊いて残ったご飯は、冷めてもモチっとしているところも、気に入ってます♡

炊飯土鍋があれば停電時も安心!

炊飯土鍋があると停電時になっても、安心です。

2018年は台風で我が家は2回停電し、炊飯器が使えなくて、ご飯の準備をどうしようかと焦っちゃいました。

炊飯器が使えなかったから、慌ててググって、下記のレシピで恐る恐る(うす暗い中)鍋でお米を炊いたら、これが炊飯器よりも美味しい!

美味しく炊くポイントは、

  • お米をしっかり浸水させておくこと(夏場は30分、冬場は1時間)
  • 鍋が沸騰したらそのまま2分炊き、その後火を少し弱めて3分、続けて弱火に落として5〜7分炊くこと

それから鍋でお米を炊くのに興味をもったんです。

でも毎日お鍋で炊くのは大変。だって、火加減が細かくて面倒だから。

そんな時にニトリで炊飯土鍋を見つけて炊いてみたら、この方が鍋で炊くよりも楽ちん。お鍋と同じく美味しい!

ってことで、それからニトリの炊飯土鍋を愛用しています♡

しかも台風で停電になっても大丈夫。おすすめです。是非、お試しあれ!