こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

我が家では、4月下旬から5月中旬にかけて、庭に生えている「ふき」を収穫します。

ふきの煮物が好きだし、旬の時期ならではだし、なんせ0円食材

持ち前の貧乏根性で、下処理は面倒だけど、ちまちまやってます。

今回は、我が家の定番の「ふきの煮物」のレシピ。併せて収穫から下処理まで紹介します。尚、「ふき」の漢字は「蕗」。

ふきの収穫

茎の皮を剥くので、だんぜん茎が太い方が良いです。

我が家のは、肥料をあげてないし、ほぼ自生。だから細っちょろい。

20センチくらい?の長さまで育ったら、根元をハサミで切って収穫してます。

尚、種類によると思うけど、我が家の「ふき」は、根元が赤い。

でも茹でて皮を剥くと、他の茎と同じ緑色。種類、なんだろ?

ママ

我が家の「ふき」は細いから、初めてスーパーで「ふき」を見た時には、その太さにビックリ(笑)

ふきの収穫②ハサミで切る

葉をハサミで切り落としたら、これでふきの収穫は終わりです♪

ちなみに葉柄も食べられるらしいけど、そこまで意識が高くないので、茎だけです。

ふきの下処理(あく抜き)のやり方

スーパーなどで買ってきたときも、ふきにはアクがあるので、下処理(あく抜き)は必要です。

  1. 家の中で一番直径が大きいフライパン(または鍋)に水をはって、湯を沸かす
  2. お湯を沸かしている間に、ふきの下処理
  3. ふきの茎が長い時は、フライパンや鍋に入る長さに包丁で切る。ただし茎は長い方が皮剥きが楽だから、なるべく長いままで!
  4. まな板の上に「ふき」を置いて、塩を適量振って、板ずり。つまり「ふき」をまな板の上で、ゴロゴロ~っとする
  5. 塩をつけたまま茹でるので、板ずりしたら、洗わずにそのまま皿などに移す
  6. 全ての「ふき」を板ずりする
  7. 沸騰したら、塩をつけたまま「ふき」を入れて、2-3分茹でる。スーパーなどの太い茎は5分
  8. ざるを使って水切りする
  9. 冷たい水を張ったボールに、ふきを入れる
ママ

板ずりをすることで、ふきの色が良い色に茹で上がるし、皮も剥けやすくなるよ。板ずりの塩は多めにね♪

ふきの皮の剥き方

粗熱がとれたら、「ふき」の皮を剥いていきます。

この作業は面倒だから、時間がある時に椅子に座りながら、のんびりと♪

  1. 「ふき」の根元(または先端)に爪を立てて、2~3センチ程度皮を剥き、それを一周くるりとやる
  2. ちょっと剥いた皮を、ぎゅっと手で持って、一気に端まで皮を剥く
  3. 細い茎ならこれでほとんど剥き残しはないけれど、太い茎なら、反対側からも皮を剥いておくと安心です
  4. 皮を剥き終えた「ふき」を、水を張ったボールに入れていき、全ての皮を剥く

ふきの煮物の材料&レシピ

蕗の煮物の材料

下処理が終わったら、煮物にします。まずは材料

  • ふき 収穫できた分だけ
  • ☆醤油 大さじ1
  • ☆みりん 大さじ1
  • ☆酒 大さじ2
  • だし汁 200cc
ママ

収穫できた「ふき」の量に合わせて、ダシ汁や調味料を調整してね

私の愛用のダシパックはこちら。これでダシをとると、料理がワンランクアップするお気に入り♪

ふきの煮物レシピ

  1. 600mlの水にダシ1袋を入れて、火にかけて沸騰してから3-4分間茹でて、ダシをとる
  2. その間に、ふきの準備。ふきを4~5センチ程度の長さに切る
  3. 鍋にダシ汁と☆(醤油、酒、みりん)を全て入れて、その中にふきを入れて弱火にかける
  4. 沸騰したら、落し蓋をする。私は真ん中を丸くくりぬいたアルミホイルを使用
  5. 煮汁が半分程度になったら、火を止めて完成♪ダシが効いて、とっても美味しいです♡

小学生の娘も、この「ふき」の煮物は食べます。大人はちょいと一味を振っても♪

ちょっとほろ苦くて、食べると、「あぁ~、春だな~」としみじみです。

おまけ)下処理済みの「ふき」の保存は?

タッパやボールに水を張って、その中に皮剥きした「ふき」を入れて、冷蔵庫で保存して下さい。

保存期間は5日ほど。その時は、毎日水を取り替えて下さいね。

ふきの収穫から煮物のレシピまとめ

「田舎に住んでいるんだから!」と思っても、ふきは自生してるのは知っても、食べてませんでした。

でも一度、義母のお友達が作ってくれた「蕗の煮物」を食べて、それが美味しい!

そこで、せっかく自生しているんだからと、持ち前の貧乏根性を発揮して作ってみたのが最初。

それ以来、この「煮物」を毎年のように作ってます。

尚、山里暮らしを始めてから、「旬」を意識するようになりました。やっぱり「旬」って良いですね。

ママ

自然の恵みを使ったレシピを少しづつ、少しづつ増やして行ったら、いつの間にか、こんなに増えました

ママ

「ふき」をいえば、もっと味の濃い伽羅蕗(きゃらぶき)が有名。一度作ってみたけど、私は苦手で、今回紹介した煮物が、定番です

おまけ2)「ふき」は「ふきのとう」が成長した姿?

ふきのとうが成長して、「ふき」になるわけではありません。

ふきのとうには雄花と雌花があり、受粉して種子ができて、その種子から「ふき」が生えてきます。

尚、我が家では3月下旬ころは、「ふきのとう」が生え、その後に「ふき」として収穫。二重に楽しめてます♪

「ふきのとう」は天ぷらにするけど、「ふきみそ」も我が家の定番。