里山移住者ブロガーのちゃよ(@bloggers_chayo)です。

愛用しているニトリの炊飯土鍋を使って炊く、赤えんどう豆の豆ごはんのレシピです。

以前、炊飯土鍋で炊き込みご飯を作ろうとしたとき、ご飯を炊くのと同じように炊いてみたら、見事に肉が生やけで失敗!

それ以来、炊飯土鍋で炊くのに不安もあったけど、豆ごはんなら米と同じように炊けばOKでした(*^-^*)

 

赤えんどう豆の豆ごはんは、お赤飯みたいな色合いで、もちもちで美味しい。

栄養もたっぷりだし、おにぎり🍙にもおすすめだよ。

尚、我が家は自家製の赤えんどう豆を冷凍で長期保存しています。冷凍しておくと重宝するよ♡

炊飯土鍋の豆ごはんの材料

冷凍保存した赤えんどう豆は、常温に置いて自然解凍してから、炊飯土鍋に入れたよ。

  • 赤えんどう豆 適量 (私は2掴み分をたっぷり♡)
  • 米 2合
  • 料理酒 大さじ2
  • だしパック 1袋
ママ

だしパックを愛用しているけど、だしパックが面倒なら、白だし大さじ4でもOK!

私の愛用のだしパックはこちら。簡単お吸い物もできるし、お味噌汁も美味しくなるし、うどんつゆもできる。これ一つあれば調味料を減らせるよ!

炊飯土鍋の豆ごはんのレシピ

豆ごはんでも、米を炊くのと同じように炊飯土鍋で炊けば、ふっくらと美味しくできるよ。

ただダシを入れているからか、おこげができやすいから、気を付けてね!

  1. ボールにザルをセットし、お米を研ぐ
  2. ボールに水を入れて、30分以上は吸水させる
  3. 吸水させている間に、600mlの水にダシ1袋を入れて、火にかけてダシをとっておく
  4. ザルにあげて、水を切る
  5. 鍋に水切りした米を入れる
  6. 料理酒 大さじ2と、とったダシを足して、必要な水分量にする (ダシが足りないなら水を足し、ダシがあまれば冷蔵庫で保存し、他に使う)
  7. 赤えんどう豆を米の上に入れる
  8. 蓋をして、火にかけ、弱火~中火で炊く
  9. 鍋から音がしたり、蒸気がふきだしたら、かなりの弱火にして12分炊く (キッチンタイマーでセットすると忘れないよ!)
  10. 火を止めて、15~20分蒸らす
  11. 蓋を開けると、こんな感じ。お赤飯みたいな色合いだよ♡
  12. 豆をご飯と混ぜて、完成♡お好みで塩をふってね
ママ

白だしを使う場合は、6で白だしを加えてから、水加減を調整してね

最初は昆布をいれたりしていたけど、だしパックのダシでつくるのが一番おいしかったので、このレシピに落ち着きました。

炊飯土鍋は炊飯器よりも美味しく炊けるから、我が家は毎晩、炊飯土鍋で炊いてます。土鍋ご飯、最高です(*^-^*)

炊飯土鍋の豆ごはんのレシピのまとめ

炊飯土鍋で炊く豆ごはんは、コリコリの豆とダシたっぷりのふっくらご飯で美味しいよ♡

見た目もお赤飯みたいな色だし、おにぎりにもおすすめです。

しかも我が家は自家製の赤えんどう豆。新鮮でコリコリしていて、味も濃くて、最高です(*^-^*)

尚、だしパックでダシをとるのが面倒なら、白だしでも代用OK。是非、お試しあれ!

炊飯土鍋はニトリでは1000円とリーズナブル!

それで数万円する炊飯器よりもおいしく炊けるんだから、炊飯土鍋、万歳です\(^o^)/

炊飯器で同じ赤えんどう豆の豆ごはんを炊くレシピはこちら。でも、炊飯器よりも炊飯土鍋でつくるほうが美味しいよ~