こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

ログハウスキットをセルフビルドで建ててます。

その前の基礎工事も基礎石を使ってDIYでやっているけど、その基礎工事に欠かせないアイテムがタンパー!

でもそのタンパー、高いです。買うと3万円ほどするんですよ。

他の使い道も少ないし、どうしよう?と迷っていたら、自作できるとのこと!パパリンが自作したので、作り方を紹介します。

タンパー自作するのに必要な材料の買い出し

自作タンパーはこんな感じ(''ω'')ノ

タンパー作りの材料

  • 木材 (2×2 1820mmを2本、2×4 300mmを1本)
  • コンクリートブロック
  • L字金具

タンパー作りの道具

  • ドライバー
  • ネジ
  • のこぎり

タンパーを作る!

  1. 1820mmの木材2本を190mmの長さに、のこぎりで切る
  2. 1でカットした木材を、コンクリートブロックの一番上と2番目の穴の中に入れる(写真の赤矢印。尚、写真は完成したのをズームしたもの)
  3. 300mmの木材の上に、コンクリートブロックを置く
  4. コンクリートブロックを1820mmの木材で固定し、L字金具で止める
  5. 2の木の板の位置に、外側からネジでコンクリートブロックを固定する

これで無事に完成

タンパーが穴に入らない!

掘った穴に砂利を入れ、早速自作のタンパーでトントンする。が、なんと木材が大きすぎて、穴に入らない!!

しょうがないんで、木材の端を切る。

更に穴も一回り大きくする。

これでようやく穴の中に入り、無事に砂利の上からトントンできました。おかげで砂利がしっかり固まりました!

タンパーを自作するときは穴の大きさにご注意を('ω')ノ

自作タンパーにかかった費用

  • 2x2 1820mm 木材 448×2=896円
  • L字金具 190×2=380円
  • ネジ 328円

Total 1,604円!買うと3万円ほどするタンパーが自作だと1604円で出来ました♡

ちなみにコンクリートブロックは家にあったも。2×4 300mmの木材は以前に棚や竹棚を作った時のあまりだから0円也!

自作タンパーのまとめ

基礎工事に欠かせないタンパー。買うと高いけど、自作できちゃいます。

しかも自作だと、1604円と格安!

この自作タンパーがバッチリ使えて、おかげでログハウスの基礎工事がバッチリできました。

ちなみにパパリンが奮闘したログハウスキットの基礎工事の様子は、こちら。5日で基礎ができました!