こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

パパリン特性の生姜で生姜シロップを作ったので、今回は作り方を紹介します。

生姜シロップを炭酸水で割ってジンジャエールにしてみたら、市販のよりも断然おいしい!

お湯で溶かした生姜湯にしても美味しいし、しかもショウガだから体があったまる。風邪の時期に重宝デス(*^-^*)

生姜シロップには親生姜も使えるよ!

こちらはパパリン特性の新生姜。皮も薄くて、みずみずしい♡

生姜シロップに使う生姜はなんでもOK!新ショウガはもちろん、親生姜でも使えるよ。

ちなみに親生姜とは植えた種ショウガのこと。親生姜は普通の生姜よりも、辛味が強いよ('ω')ノ

chayoは新生姜がたっぷりあれば新ショウガで作りたいけど、足りないのでいつも親生姜と混ぜて作ります。

生姜シロップの材料

  • 生姜 150g
  • 白砂糖 150g
  • 水 150cc
  • レモン汁 1個分 (※お好みで)

※生姜と砂糖は同じ分量です。またレモンはお好みで。

ジンジャーシロップの保存瓶は煮沸消毒してね!

ジンジャーシロップを長期間保存するなら、保存瓶をしっかり煮沸しておいてね。雑菌が入ったら、悲しくなるからね!

生姜シロップの作り方

  1. 生姜を水で洗って、変な個所は包丁などで切り取る
  2. 皮が厚い場合は、皮を剥く(※皮は剥かなてくもOK!)
  3. 薄くスライスして、鍋に入れる
  4. 砂糖を入れて、しっかり混ぜ合わせる
  5. 水を入れて強火にする
  6. 沸騰してきたら弱火にして、30分ほど煮込む。灰汁が出たら取り除いてね!
  7. レモン汁1個分を加える (レモンはなくてもOK!)
  8. 常温になるまで、そのまま冷ます
  9. ザルで濾して~
  10. 生姜シロップを消毒した保存瓶に入れて完成。冷蔵庫で保存してね!
  11. 生姜シロップに使った一部の生姜を細かくみじん切りにして、タッパに入れておくと、ちょいちょい使えるよ

新ショウガで作る場合は、みずみずしいから、砂糖と混ぜ合わせて30分も放置すれば水分がでてきます。

水を足さずに、そのまま煮詰めても、濃いジンジャーシロップになって美味しいよ!

ママ

生姜シロップの残りの生姜を使わないなら、生姜シロップを作る時に、皮を剥かなくてもOK。でも使うなら、剥いた方が後で使いやすいよ

残った生姜とシロップは分けた方が良いよ!

最初に生姜シロップを作った時、残った生姜もシロップと一緒にドボンしたんです。

このとき生姜の皮を剥かずに作ったのもあって、生姜の薄皮が口にはりついて困った、困った。結局、生姜はよけて使ったからね。

いくら「もったいない!」と思っても、生姜は濾したほうが良いよ('ω')ノ

生姜シロップを煮詰めすぎて失敗。火加減に注意!

生姜シロップを作っている時、弱火にかけて30分煮詰める間にブログを書いていたんです。

すると、気が付くと40分ほど経っていて、しかも火が強かったらしい。

翌朝に確認したら、生姜シロップではなく、まさに生姜飴状態…(>_<)

慌てて水を200cc足して、鍋で沸騰させてから自然冷却しました。みんな、こんな失敗しないように時間と火加減に注意してね('ω')ノ

生姜シロップの残った生姜はどうする?何に使える?

生姜シロップの残った生姜がもったいない!

「なんか使えないかな~?」とググってみたら、以下の3つが美味しそう。

刻んでお菓子に使う or 生姜糖にする or 甘辛くしてご飯のお供。この3択ですね('ω')ノ

生姜糖。刻んでお菓子に入れたり、魚の煮つけにしたり、食べても◎
刻んで、パウンドケーキやクッキーなどのお菓子に使う。こちらのジンジャークッキーが特に美味しそう♡
生姜の佃煮。ピリリと甘辛くて、ご飯のお供に♡

生姜をみじん切りにし、生姜湯やジンジャエールにトッピング♡

chayoは一部の生姜をみじん切りにして、タッパに保存。

ジンジャエールや生姜湯を作る時に、ちょいとトッピングしてます。食べると辛いけど、それが良いんだよね~(*^-^*)

以前にCafeで飲んだジンジャエールが美味しくて、その時に生姜がみじん切りで入っていたんですよ。だから、そのマネです!

生姜シロップの使い方

炭酸水で割った自家製ジンジャエールは美味しい!

コップに生姜シロップを適量入れ、炭酸水で割ってみたら、とびっきり美味しいジンジャエールができました♡

生姜の辛さもあるけど、砂糖の甘さもあって、どこか柔らかい。そんなお味で、とにかく美味しいよ。

これ、パパリンのお気に入りに。暑い時期ならサッパリと飲めます(*^-^*)

お湯で割った生姜湯も美味しい!

生姜シロップを適量入れて、お湯で割ると、美味しい生姜湯になるよ♡

生姜の香りが漂って、飲むと甘くて、体がぽかぽか。寒い時期にマジ重宝(*'ω'*)

chayoは刻んでおいた残りの生姜も入れてます。食べるとピリッとくるけど、体がカーッてあつくなるよ。

他にも紅茶、牛乳なんかに生姜シロップを混ぜても美味しいとのこと♡ちょこちょこ試して、お気に入りを探していきます(*^-^*)

生姜シロップを作った感想

生姜シロップを今回作ってみたら、出来上がったシロップが意外に少なくてビックリした(笑)

でも出来上がった生姜シロップは、生姜のエキスたっぷりで、美味しいよ♡

この生姜シロップで作った自家製ジンジャエールのお味は、最高!暑い時期に、グビグビいけます。

寒い時期には、お湯で割った生姜湯が美味しいよ。体があったまるし、甘いし、幸せになれます。風邪っぽい時にも、重宝するよ(*^-^*)

また、今回初めて新生姜を調理したけど、新ショウガは皮が薄くて、柔らかい。

だから新ショウガで作る場合は、皮が多少あっても気にならないと思う。

でも親生姜や、ちょいと古い生姜を使うなら、皮が硬くなっていて、ピロピロしている。だから皮はむいた方が良いと思うよ。

生姜エキスたっぷりの生姜シロップ。お試しあれ!