こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

和菓子には「季節の和菓子」があって、上生菓子は「四季」を象徴しています。

そんな季節を代表する和菓子に興味が出たので、近所の和菓子屋さん(宮崎屋)で毎月買って写真をUpし始めました。

1年間続けてまとめていこうと思うので、気長にお待ちくださいね<m(__)m>

ママ

和菓子屋を舞台にしたアニメ「であいもん」を見て、上生菓子を食べたくなったというミーハー。もちろん和菓子の超初心者

季節の和菓子(上生菓子)とは?

今回は各月の和菓子をのせてますが、一般的には四季の春夏秋冬ごとが多いです。

ちなみに和菓子は住んでいる地域によっても変わるし、和菓子屋さんによっても変わります。

でも毎月のように和菓子を見ると、その時期ならではの和菓子がわかるし、四季を感じます。

尚、季節の和菓子には、「季節を表現する和菓子」と「その季節だけにつくられる和菓子」の2つがあります。

ママ

上生菓子は、基本は中がアンコだよ。デザインが凝っていて、見ていると可愛いし、楽しい♪

冬の和菓子

12月の季節の和菓子:柚子餅、栗羊羹

12月の和菓子は、柚子餅と栗羊羹と名前がわからないけど、栗をかたどった和菓子。

あんこと栗のマッチが、とっても美味しかった(*^-^*)

尚、栗羊羹と栗の形の和菓子は、冬ではなく、秋かも。和菓子を買ったのが12月上旬だったし、「栗」は秋だから。

12月の代表的な和菓子は柚子餅(ゆずもち)

12月の代表の和菓子は、柚子餅。「冬至に柚子湯に入ると風邪をひかずに冬を越せる」

そう言われるほど、柚子は身近。そんな柚子の風味を生かして作られた柚子餅や柚餅子(ゆべし)は、冬の代表的な和菓子。

私が食べた宮崎屋さんの柚子餅は、見た目も可愛くて、ゆず果汁もしっかり味わえました。

ママ

であいもんでは、柚子の果汁を使った柚子羊羹だった。お店によって違って、それぞれ美味しそ~

12月の季節の和菓子:紅梅、干支、丹頂

1月の和菓子は、紅梅と丹頂と干支。干支は中がピンクあん、丹頂は粒アンコで、紅梅は白あん。

2023年1月でウサギ年だから、干支はウサギ。見た目も可愛い♪

1月の冬季節の和菓子:花びら餅

年末から1月にかけて登場するのが、新年を祝う和菓子の「花びら餅」。

白味噌の餡と、甘く味付けされたごぼうを、求肥やお餅で包んでます。

花びら餅の歴史は古く、平安時代より600年もの間、宮中のおせち料理として食されていた。

その流れからか、今でもお正月に食される縁起の良い和菓子として重宝されています。

愛犬

シャトレーゼにも、花びら餅はお正月の期間限定で売っているみたい。SNSを見ると、かなり人気あるみたい

ママ

アニメ「であいもん」にも登場し、私はそれで花びら餅を知った。一度食べてみたい!

2月の冬季節の和菓子:花ごろも

煉り切り生地で餅を包み、桜をイメージする代表的な和菓子。

春の訪れを待ちわびた心を象徴する和菓子です。

3月の冬季節の和菓子:ぼたもち

3月のお彼岸の時期によく食べられているのが、「ぼたもち」。

春に咲く牡丹(ぼたん)の花が、名前の由来です。

ちなみに「ぼたもち」と「おはぎ」は、中身は同じでも、季節で呼び方が違います。春に食べるのが「ぼたもち」、秋に食べるのが「おはぎ」。

尚、「おはぎ」は、秋に咲く萩(はぎ)の花が名前の由来です。

2023年のお彼岸はいつ?

春は「春分の日」、秋は「秋分の日」を中日として、前後3日間、合わせて7日間が、それぞれのお彼岸の期間。

2023年の春分の日は3月21日だから、春のお彼岸は3月18日~3月24日。

ちなみに秋分の日は9月23日だから、秋のお彼岸は9月20日~9月26日。

4月の冬季節の和菓子:桜餅

おまけ)季節の和菓子とは?上生菓子とは?

今回紹介している「上生菓子」は、日本の長い歴史の中で培われてきた製菓技法を用いて、四季のうつろいや花鳥風月を表現した和菓子のこと。

別の言い方で「和菓子の芸術作品」とも言われていて、お茶や正式な行事の席でおもてなしとして出されてきた伝統と由緒ある和菓子です。

尚、上生菓子には、「最中」や「羊羹」といった名前の他に、「菓銘」というものがつけられている。

菓銘とは、短歌や俳句、花鳥風月、地域の歴史や名所、出来事などに由来していることが多いとのことだよ。

ママ

上生菓子は、多くの品は2~3日は美味しく食べれるよ。煉り切り(ねりきり)、羊羹(ようかん)、こなし、求肥などの和菓子が代表的

愛犬

「和菓子=緑茶」と思っていたけど、実は和菓子は紅茶やコーヒーとも合うよ♪

季節の和菓子の感想

和菓子の上生菓子に興味をもってを買い始めたら、季節ごとに違って面白いですね。

和菓子は、「あんこ」と一口に言っても、一般的なあずきのアンコの他にも、白あんもある。

お饅頭のようなので包んだのもあれば、求肥で包んだのもあるし、いろいろありますね。

季節を感じられる和菓子のおやつ。食べるとホッコリするし、贅沢な気持ちになりますよ。

おまけ)宮崎屋はどら焼きも美味しい

今回私が和菓子を買っている「宮崎屋」は、上生菓子も美味しいけど、どら焼きも美味しい。

っていうか、今までどら焼きを主に買っていて、上生菓子が最近(笑)。

もちろん上生菓子と一緒に、どら焼きも買ってます。娘は保育園の頃から、ここのどら焼きが大好き♪

上生菓子を買い始めたのはアニメの影響もあるけど、もう1つあるのが、娘の和菓子作り体験。

小学3年生の時、宮崎屋さんから職人さんが来て、小学校で和菓子作り体験をしたんです。

下の写真が娘が作ってきてくれた和菓子で、これが可愛い上にとっても美味しかった。それで上生菓子も買い始めちゃいました♪

和菓子の小説&アニメ

「であいもん」という和菓子屋さんをテーマにしたアニメを見て、和菓子が気になりました。

それ以前も和菓子をテーマにした小説を見て食べたくなったし、私、影響受けやすすぎ(笑)。

でもきっと私のように「和菓子」をテーマにした小説やアニメ好きもいるはず!そんな人向けにこちら。