こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

育てているラベンダーを増やすために、挿し木に挑戦!

ラベンダー挿し木のやり方と、何度か実践して分かった成功するコツを紹介します。

ちなみにchayoはフレンチラベンダーの5苗を育て始め、1年目に挿し木を何度かしました。

そうしたら2年目の春(5月)にはこんな風にラベンダー畑っぽくなりました(∩´∀`)∩

ラベンダーの挿し木は、意外に初心者でもできるもんですよ。

ラベンダーの挿し木に挑戦!

ラベンダーを増やすには挿し木が一番楽とのことなんで、挿し木をやりました。

尚、挿し芽はグランドカバーのクラピアで経験しているけど、ラベンダーは初めて。

手順などを調べてから、挿し木に挑戦。新たに準備したのは、発根促進剤のルートンと、バーミキュライト。

ちなみにバーミキュライトは土でも軽い。女のchayoでも楽ちんに運べます♪

挿し木に必要なもの

  • 植木鉢
  • はさみ
  • コップ (切った挿し穂をつけておく)
  • 発根促進剤 (ルートンやメデネールが有名。chayoはルートン)
  • 挿し木用の土 (chayoはバーミュキュライト)
ママ

発根促進剤はなくてもOKらしいけど、やったほうが成功率がUPするとのこと。ルートンなら300円ほどで買えるよ!

ラベンダーの挿し木のやり方

ラベンダーの挿し木には最適な時期があって、花が咲く前の4月~6月と花が終わってからのspan style=”color: #ff00ff;”>9月~10月の年2回

特に5~6月が最適とのことで、chayoも4~6月に挿し木をしています。

秋だと挿し木をしても、小さいままでの越冬は不安だからね。

尚、ただフレンチラベンダーの開花時期は5~7月。

chayoの子も5月初めから咲き始めるけど、なるべく花が咲いていない子が挿し木には良いよ(‘ω’)ノ

  1. 元気な親株を選んで、枝の先端から7~8cmを切る
  2. 下から3~4cmの葉をとる。もし花穂の場合は、花を切って収穫(写真左⇒右になる)もしてます
    before after 花穂を切り、下の葉をとる
  3. はさみで根っこを斜めに切る (※斜めに切ることで、広い面からたくさんの水を吸うことができるよ)
  4. コップに水を入れて、1~2時間吸水させる (発根促進にメデネールを使うなら、メデネールを入れた水で吸水させてね)
  5. 給水させている間に鉢の準備。素焼き鉢に石を入れて、挿し木用の土をいれる。ちなみにマスキングテープに挿し木した日を書いておくと、管理が楽
  6. 鉢にたっぷりと水をかけて、土を湿らす
  7. 給水させたラベンダーの挿し木に発根促進剤をつけて~
  8. 鉢に植える。挿し木は葉をとった位置くらいまで、しっかりと刺してね!
  9. 再度水をあげて、指でギュギュッと押して、挿し木と土を密着させる
  10. 半日陰で、風通しが良い場所に置く
  11. 1ヶ月~1カ月半、毎日水をあげながら、根が出るように管理する
ママ

新品の素焼き鉢を使う人もいるけど、chayoは中古鉢。ただしバーミキュライトは新品を使ってるよ

挿し木の成長過程

ラベンダーの挿し木の成長過程です。

挿し木直後 5日後 元気に成長中!
2週間後 元気に成長中 4週間後。確認したら発根している子がいたから、その子は植え替え。でもまだの子が大半だから、そのまま様子見
6週間後。4週では発根しない子も何本かは発根したよ!ただ3本は枯れちゃった

ラベンダーの挿し木の成功率は8割くらい?

フレンチラベンダーを2回挿し木をしたのと、発根が遅い子がいて、成功率を計算しようにもわからなっくなった。

でもだいたい8割くらいの子は無事に発根したよ!

ただフレンチラベンダーは挿し木がうまくできたけど、リースラベンダーはよわっちょろくて、半分も成功しなかった。

その辺はラベンダーの種類や親株の元気さにもよりますな。

発根したらプランターやポッドに植える

無事に発根したら、プランターやポッドに植えます。最初はヒョロヒョロでも、夏の間にラベンダーがググっと大きくなるよ!

尚、9月13日には夏の暑さも和らいだし、フレンチラベンダーもある程度に大きくなったので、畑に植えました(写真の赤矢印の3列)。

ほとんどの子が無事に越冬できて、春に可愛いお花を咲かせてくれました♡

ラベンダーの挿し木を実践して分かった成功するコツ

ラベンダーの挿し木をして実感したことは、根が出るまでの約1月~1カ月半の挿し穂の管理が一番大事ってことです。

他にも成功するコツをまとめてみました。

挿し木に水を毎日あげる

根がないから乾燥させないように、水を忘れずにあげてね。

我が家は毎朝パパリンがジョウロで水をあげてました。

ただ1日旅行で家を留守にしたら、その間に数本が枯れました。根がないから、枯れるのはあっという間です。くれぐれもお気をつけを(”ω”)ノ

挿し木は半日陰で風通しが良い場所で管理する

挿し木は直射日光を避けた半日陰で、風通しが良い場所が良いよ。

chayoは最初に軒下に置いていました。でも軒下は半日陰になるけど、風通しがイマイチ。

そこでちょっとした木の下にお引越し。半日陰になる上に風通しが良いから、挿し木も元気になったよ!

良い場所を探して、管理してね。

ラベンダーが木質化していない場所を切って、挿し木にする

ラベンダーは大きくなると根元から木質化して、茎が茶色くなります。

この木質化している部分からは発根しにくい。

だから枝の先端から切る時は、木質化していないところで切ってね。

親株が元気な子で挿し木をする

挿し木は親株のクローン。だから元気な親株で挿し木しないと失敗します

chayoはリースラベンダーがまだ元気がないくせに、どうしても増やしたくて挿し木をしたら、ほぼ全滅という悲惨な結果に。

その後に親株が元気になってから再度チャレンジしたら、10株は成功しました。

この一件で、挿し木は親株のクローンというのが身に沁みた。焦ってはダメですな(;´д`)トホホ…

根っこが伸びる子は伸びるから、挿し木用の土はたっぷり入れる

ラベンダーの挿し木をやって驚いたのは発根したら、根っこが伸びる子は長く伸びるってこと!

だって、見て。4週間でこんなに立派に根が伸びているんだよ。しかも、もっと根が長い子もいる。

だから挿し木用の土はたっぷり鉢の中に入れてね。chayoはケチって失敗したから、それ以降はたっぷりと入れてます。

発根が早い子と遅い子の差がある

発根する子は一気にするけど、遅い子は遅いです。

葉っぱも茎も元気な子でも、1か月後経っても発根していなくて、そのまま挿していたら2週間後には発根した子もいるよ!

かなり個人差があります。

夏の暑い時期に植え替えしない方がベター!

2018年は例年にない酷暑が襲い掛かり、毎日が37℃超えという日々。

そのせいで発根しているからと鉢に移し替えしたら、根付く前に枯れちゃいました。朝に水やりしていたのに、酷暑過ぎたんだろうな…。

その後はしょうがないから、そのままバーミキュライトに挿したまま夏超えし、涼しくなってから鉢に植え替え。

バーミキュライトは水分保持力が高くて、いくつかは酷暑を乗り切ってくれたよ。

ただ先に発根して植え替えた子は夏の間にググっと大きくなったのに、挿し木のままの子はそこまで大きくならなかったけど。

でも、それはしょうがない。枯れるよりはマシ!

このあたりは年や暮らしている土地によっても違うから、各自の判断でお願いします(‘ω’)ノ

ラベンダーの挿し木を実践した感想

ラベンダーの挿し木をやりました。

挿し木しても1か月以上は発根に時間かかるし、その間は毎日水をあげなくてはいけない。

正直、手間も時間もかかります。でも成功すると嬉しいよ!

chayoはフレンチラベンダーを5苗しか買ってないけど、挿し木で増やしたおおかげで、2年目にはこんな風にラベンダー畑っぽくなったからね。

ちなみにフレンチラベンダーは、3畝分になりました♡

ラベンダーは夏前には剪定しないといけないから、5~6月に剪定を兼ねて挿し木に挑戦するといいよ。

挿し木の敷居は高く感じるかもしれないけど、実際にやってみると意外にできるもんです。

chayoは初心者で、途中で酷暑に襲われもした。

それでも何本か成功して「ラベンダー畑を作る」という夢にかなり近づいたからね。

それに例え失敗しても、それで学ぶんです(。-`ω- ) (←いろいろ失敗ばかりです)

chayoの育てているラベンダーの成長記録はこちら。ただフレンチラベンダーは元気でも、レースラベンダーは冬枯れしちゃいました。残念!

ラベンダーを育てているから利用しようと、花を収穫してドライハーブにしたよ。ラベンダーはいろいろ使えます♡