こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

しそジュースを作ったけど、保存方法はどうしたらよい?また保存期間って、どのくらい?

こんな疑問に、毎年、シソジュースを手作りしてるchayoが答えます。

ママ

しそジュースは冷蔵保存がオススメ。でもだんだんと美味しくなくなるから、長期間保存するなら、冷凍保存が良いよ!

手作りのしそジュースの保存方法について、紹介します。

ちなみに紫蘇ジュースは冷蔵保存していても発酵が進むから、早目に飲み切るのがおすすめ。

また発酵が進みすぎると、爆発することがあるから、注意してね!

しそジュースの保存は?冷蔵保存?

しそジュースは1か月ほどで飲み切れる分量を冷蔵保存しておくのが、オススメです。

ここで、しそジュースは冷蔵庫に入れていても、酵母の発酵がすすみます。

日にちが経過すると、酸味?エグミ?が出てきて、はっきり言って、どんどん美味しくなくなります。

「3カ月は大丈夫!」と言ってる人もいるけど、chayoは、1か月ほどで飲み切れる量だけを冷蔵保存しておくのがおすすめです。

しそジュースの長期保存なら冷凍保存!

chayoは畑のシソを収穫して作っているから、シソジュースを一度にペットボトル3本くらい(多い時は6本)と、大量に作ってます。

1か月では飲み切れない。そんな時は、ペットボトルに入れての冷凍保存がおすすめです。冷凍なら2年ほど日持ちしますよ♪

ただし冷凍すると膨張するから、ペットボトルの分量は8分目くらいでね!

尚、製氷機で冷凍してから、ジップロックに入れると、スペースが少なくてすむよ。

ママ

解凍は自然解凍で!また解凍してからの再冷凍は、風味が落ちるし、食中毒の原因になるから止めてね

しそジュースの常温保存はおすすめしない

サイトによっては、常温で5日ほど大丈夫とあります。でもchayoは、おすすめしません。

一度、冷蔵庫に入らなかったので、しそジュースをしばらく常温に置いてみたんです。

すると夏場で発酵が進みまくったからか、蓋を開けた途端に、白い泡がとめどめなく出てきました…。あまりにビックリして、蓋ができないくらい。

恐る恐る一口飲んでみたけど、味がおかしかったので、発酵+腐敗だろうな。もったいないけど処分しました…(大泣)

chayoの場合はうっかり5日以上を常温で放置していたっていうのはあるけど、暑いとボーーッとして、うっかり日付が経ってしまうもんです(←chayoだけ?)

ってことで、しそジュースは冷蔵庫での保存をおすすめします。

ママ

涼しい季節なら、常温でも少しなら大丈夫かも。でも怖いから、chayoは基本は冷蔵庫で保存です

しそジュースの爆発には要注意!

手作りしたしそジュースをそのまま置いておくと、例え冷蔵庫の中でも発酵が進み、ガスがたまり、しまいには爆発することも(恐怖)。

発酵により溜まったガス。この圧力に、容器(ペットボトル)が耐えられなくなると、爆発。

ツイッターで「しそジュース 爆発」で検索すると、爆発経験者が結構います。

ってことで、シソジュースは定期的に蓋を開けて!そして早く飲んで!!

しそジュースの保存容器は?

シソジュースの保存はペットボトルが手軽

しそジュースの保存容器は、ペットボトルが手軽です。chayoも、基本はペットボトルです。

ペットボトルは容器が軽いし、蓋をすれば冷蔵庫でも横に入れられるのが便利♪

ただし、しっかりと水洗いしていても雑菌が怖いから、chayoは少量の酢(or ホワイトリカー)を入れて、シャカシャカ振って消毒してから、しそジュースを注いでます。

尚、容器が変形しないように、しそジュースがある程度は冷めてから注いでくださいね。

シソジュースの長期間保存には、瓶がおすすめ

ペットボトルは手軽だけど、雑菌が心配。特に長期間保存したい人には、煮沸消毒できる瓶で保存するのがオススメです。

尚、瓶と一緒に、蓋も煮沸消毒するのをお忘れなく!

ちなみに100均の安い瓶でも、煮沸消毒できますよ。割れないポイントは、水から入れること☆

しそジュースを長期間保存させるコツは?

保存容器以外にも、しそジュースを長期間保存できるようにするには、コツがあります。

  • 砂糖を多めに入れる
  • しそジュースの濃度を高くする (濃縮タイプで作る)
  • 保存する容器をしっかりと消毒しておく
  • クエン酸、レモン、酢を多めに入れる

砂糖には防腐効果があるし、酢(クエン酸、レモン)には抗菌作用があります。

それにもともと紫蘇には殺菌作用もあるから、発酵にさえ気をつけていれば、しそジュースはだいたい大丈夫ですよ。

しそジュースの保存方法のまとめ

今回は手作りする人が多い、しそジュースの保存についてまとめました。

しそジュースは、発酵が進むので、1カ月程度なら冷蔵保存。

長期間の保存には、冷凍保存がおすすめです。

体に良いしそジュースは、夏バテ予防や体臭予防になるから、chayoは毎年、夏に大量に作って飲んでます。

せっかく手作りしたのだから、美味しく飲み切りましょー!

またこちらに、シソジュースのアレンジレシピを紹介します。水で割るのが基本だけど、牛乳や炭酸水で割るのも美味しいですよ。

シソジュースはレモン、クエン酸、酢のどれを入れる?

しそジュースには、レモン、クエン酸、酢のどれかを入れていると思います。

chayoは梅シロップを入れていたけど、レモンを試してみたら、レモンも美味しい。

どれを入れるでシソジュースの味が変わるから、いろいろ試して、お気に入りを見つけてね。もちろん、ない時の代用品としても。

青シソ(大葉)のシソジュースも美味しいよ!

シソジュースは、赤シソが有名だけど、青シソでも美味しいジュースが作れるよ。

っていうか、chayoは青シソで作ったほうが香りや良いし、飲みやすくて好き。

赤しそとブレンドして飲むのが、おすすめ。chayoも最近は、両方を混ぜて作ってます。

尚、青シソは、赤紫蘇よりも長い期間、手に入りやすいのもおすすめポイント。