こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

畑にいちじくの木があって、未熟イチジクをコンポートにして、大量に食べてます。

せっかくだからとゼリーを作ってみたら、大人っぽいお味で、とっても美味しくできたので紹介します。

このゼリー、お友達のおもてなしにピッタリです☆まぁ、一匹狼のchayoには、その機会がほとんどないけど(笑)

ちなみにこのゼリー。余りがちのイチジクシロップの消費になるのが、chayoとしては嬉しいです。なんせ、貧乏性なもんで(苦笑)。

いちじくコンポートゼリーの材料

量は多めなので、半分でもOK!

  • いちじくコンポートのシロップ 300ml
  • いちじくコンポート 食べたい分だけ
  • 水 250ml
  • 粉ゼラチン 10g

chayoは、こちらのクックゼラチン(粉ゼラチン)を愛用。溶けやすいから、気に入ってます(*^-^*)

いちじくコンポートのレシピは?

chayoのいちじくコンポートのレシピはこちら。家族みんなに大好評で、イチジクの時期は毎朝食べてます♪

完熟ではなく、青い実の未熟イチジクを使ってるから、イチジクの甘みが少ないから、砂糖とワインで甘くしてます。

いちじくコンポートゼリーの作り方

  1. 鍋にコンポートのシロップを入れる
  2. 中火にかけて、温まったら火を止める
  3. 粉ゼラチンを入れ、混ぜて溶かす。シロップは沸騰させない温度で、ゼラチンが溶ければOK!
  4. 水 250ccを加えて、混ぜる
  5. この時、溶けていないゼラチンのダマがあれば、再度火にかけて、煮溶かす
  6. 器にイチジクコンポートを入れて、その上から、ゼリー液を注ぐ
  7. 粗熱がとれたら、冷蔵庫に入れる
  8. 冷やし固まれば、完成♡だいたい2時間ほどで固まるよ

大人っぽいお味の、コンポートゼリーを、どうぞ!

ママ

イチジクコンポートのシロップの濃さで、水の量は変わるので、好みで調整して下さいね

いちじくコンポートを切って入れてもOK!

chayoは面倒くさがりやなんで、イチジクコンポートを丸ごと入れました。

でもコンポートを切ったり、スプーンなどで崩して、その上からゼリー液を注いでも良いよ!

いちじくコンポートゼリーのレシピのまとめ

イチジクコンポートゼリーは、大人っぽいお味で、とっても美味しいよ♡

ただ小学生の娘の反応はイマイチなので、このゼリーは大人好みのゼリーですね。

ちなみにこのレシピのキッカケは、お菓子本にリンゴやミカンのコンポートのゼリーで紹介されていたから。

それを、いちじくコンポートで作ってみたら、美味しかったのです。だから別のフルーツのコンポートでも、作れるよ!

それにしても、今回のゼリーレシピで、お気に入りレシピが一つ増えて嬉しい(*^-^*)

また、このレシピは、余りがちなイチジクコンポートのシロップ消費にもなるのも、高ポイント。

そんなイチジクコンポートシロップのアレンジレシピを、こちらにまとめました。特にシロップのアイスキャンディーは、娘のお気に入り(*^-^*)

また、いちじくコンポートがたくさんあって、長期保存したいなら、瓶詰めがおすすめ。手間はかかるけど、日持ちできるし、プレゼントにも良いよ。

子供向けには、こちらのレシピがオススメ!

chayoとパパリンは、イチジクコンポートゼリーが好き。

でも、小学生の娘の反応はイマイチ。娘はイチジクコンポート&ゼリーが大好きっ子。

だから喜ぶかと思って作ってみたので、ちょいと残念。

娘は、イチジクコンポートは大好きだけど、シロップは食べない子。ゼリーだと、そのシロップの風味が強いからかなぁ?

でも娘に、いちじくシロップを凍らして、アイスキャンディー(シャーベット?)にしたら、喜んで、リクエストが来るほど。子供にはゼリーより、アイスキャンディーですね!

最後に、娘が保育園の頃から好きなゼリーレシピを、お気に入り順に紹介します。フルーツ缶を使ったゼリーと、みかんを絞って作る濃厚みかんゼリーが、娘は大好きです(*^-^*)