こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

柚子でポン酢が作れるって聞いたから作ってみたいけど、どうやったら作れるの?手作りでも美味しいの??

こんな疑問に、ココ4年くらい毎年、柚子ポン酢を手作りしているchayoが答えます。

ママ

柚子ポン酢の作り方は、ビックリするほど簡単。それでいて美味しいから、毎年作ってます

chayoが暮らす山里には、柚子がどっさりあるから、もったいない根性で試しにポン酢を作ってみたのがキッカケ。

それ以降は毎年、1年分(レシピの6倍の分量)を、まとめてドッサリと作ってます。

ゆずポン酢は、柚子果汁がたくさん必要で、いっぱいの柚子を使う。だから柚子の大量消費にも、オススメです(*^-^*)

手作り柚子ポン酢の材料

  • 柚子の果汁 100cc (本ゆずで4~5個くらい。花柚子なら10個くらい)
  • しょうゆ 200cc
  • みりん 100cc
  • だし昆布 1枚

柚子には花柚子と本ゆずがあって、一般的に”ゆず”は本ゆずのことで、花柚子よりも大きいです。

どちらの柚子を使ってもOK。花柚子の方が若干苦い気はするけど、仕上がりには、そんなに差がないよ。

手作り柚子ポン酢は柚子をたくさん使うよ!

ゆずポン酢は果汁のみを使うけど、たくさんの柚子が必要です。大きな本柚子でも4~5個は必要。

花柚子で作った時だと、こんなにたくさんの花柚子(15個)でも、

果汁は150ccしか取れなかったからね。

柚子ポン酢を保存する瓶は、しっかり煮沸消毒してね!

柚子ポン酢を入れる瓶は、しっかりと煮沸消毒しておいてね。ガラスでも、手順を間違えなければ割れないよ!

手作りゆずポン酢の作り方

  1. ゆずを半分に切り、ボールの上にザルを置いて、軽く絞って、果汁を絞る(※ゆずの種をとっておくと、化粧水が作れるよ!)
  2. みりんを電子レンジで3分チンして、冷ます
  3. 消毒した瓶に、しょうゆ、ゆず果汁、みりんを加え、蓋をして混ぜる
  4. だし昆布を入れる
  5. 冷蔵庫に入れて、1ヶ月ほどで完成

作ってすぐに舐めてみたら、ゆずの酸っぱさに、ビックリ。

でも1ヶ月くらいすると、昆布からダシがじんわり染み出して、不思議なことに味もこなれて、美味しくなるよ♡

ちなみにchayoは、基本、昆布は入れっぱなしです(*´з`)
yuzuponnzu

ゆずポン酢は1年くらい日持ちするよ!

本当は、消費期限が短いのかもしれない。

でもchayoは冷蔵庫の野菜室に保存して、1年前のも普通に食べたりしています。

それでもお腹は、大丈夫。ちなみにchayoよりも、お腹が弱いパパリンも全然平気デス。

だからchayoはゆずが手に入る時期に、1年分をまとめて作って、冷蔵庫で保存してます。

おかげで野菜室は、いつもゆずポン酢と柚子ジャムの瓶でいっぱいです(苦笑)

おまけ)ゆず果汁の冷凍方法。ゆずポン酢がいつでも作れるよ!

ゆず果汁を冷凍しておくと、欲しい時にゆずポン酢を作れるよ。

ただchayo家の場合は、6瓶を作っておけば、だいたい足りるけどね。

もし足りないときは、以下の手順で果汁を冷凍しておくといつでも作れるし、他の料理にも使えるよ。

尚、chayoの冷凍方法は、柚子の果汁を絞って、100均の小さい製氷皿で凍らせて~

ジップロックで保存しています。

おまけ2)あまった柚子の種でゆず化粧水、柚子の皮で柚子湯!

柚子ポン酢は柚子の果汁だけを使うから、柚子の皮と種があまります。

そのあまった柚子の種を日本酒(焼酎でもOK)に漬ければ、ゆず化粧水が作れます。

簡単に作れるし、柚子の種だけのペクチンのおかげで、使い心地もしっとり。お試しあれ!

ママ

柚子の皮をお茶パックに入れて、お風呂に入れれば柚子湯を楽しめるよ

手作り柚子ポン酢の作り方のまとめ

田舎に移住して、ご近所さんから柚子がたくさん貰える環境になったのをキッカケに作り始めたのが、柚子ポン酢。

作ってから冷蔵庫で1か月ほど経つと、昆布のダシが出てきて、味もまろやかになって、美味しいよ(*^-^*)

あまりにも美味しいから、市販品のポン酢は買わず、chayo家はこの手作りゆずポン酢一筋です!

尚、chayoは、ゆずポン酢をお鍋のタレとして使ったり、焼き魚にかけたりと、重宝しまくりです。

他の柚子料理を、こちらにまとめました。ゆずジャムや、ゆず味噌、ゆず酒、ゆずシャーベットなんかも作れるよ(*^-^*)