こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

しそジュースを作りたいけど、レシピによってクエン酸、酢、レモンがある。どれが良いの?味はどう違うの?

こんな疑問に、毎年しそジュースを作っているchayoが答えます。

ママ

赤しそジュースに入れるのは、クエン酸が含まれていればOK。だからレモンや酢でもOK!ただ出来上がりの紫蘇ジュースの味は変わるよ♪

ってことで、今回は赤シソジュースを作る際に入れるクエン酸、レモン、酢etcについてを紹介します。

ちなみにchayoは梅シロップを入れて作っているけど、この記事を書いていたら興味がわいたので、酢とポッカレモンでも作ってみました。今度、クエン酸でも作ってみます♪

愛犬

赤しそジュースが有名だけど、青しそ(大葉)でも紫蘇ジュースが作れるよ。ママは青しその方が美味しいって言ってるよ

赤シソジュースになぜクエン酸やレモン、酢を入れるの?

赤シソジュースに、クエン酸やレモン、酢を入れる理由は2つ

  • しそジュースの色を鮮やかにするため
  • ほどよい酸味を加えて、さっぱりとした飲み口にするため
クエン酸etcを入れる前 クエン酸etcを入れた後

なぜクエン酸や酢やレモンを入れると、色が鮮やかになるの?

クエン酸やレモン、酢を入れると、しそジュースは酸性になります。

ここで赤しそジュースに含まれる紫色の色素である「アントシアニン」。

このアントシアニンは、中性ではやや暗い紫色。でも酸性と反応すると、明るい赤紫色やピンク色に!

だから赤しそジュースは、クエン酸などを入れると、鮮やかに発色するんです。

ちなみにアルカリ性では、アントシアニンは青色や緑色に変化しますよ。

(※後述するけど、ハーブティーのブルーマロウでも同じ反応があるよ)

ママ

アントシアニンには目の疲れをとったり、目の働きを良くする効果があるよ。chayoは目が疲れやすいし、ド近眼だから、ありがたい!

愛犬

他にも、紫蘇にはベータカロテンが含まれていて、眼精疲労を軽減する効果があるよ!

赤しそジュースには、どれを入れるのが良いの?

赤しそジュースによく入れるのは、

  • クエン酸
  • レモン汁
  • 酢 (リンゴ酢が一押し)

どれを入れてもOK。1つでも良いし、2つ入れてもOK!ポイントは、シソジュースが酸性になることです。

それぞれのしそジュースの味の特徴は?

シソジュースにどれを入れても良いけど、出来上がりのしそジュースの味が変わります。

それぞれについて説明します。

しそジュースにクエン酸を入れる

食用のクエン酸は、スーパーの製菓コーナーやドラッグストアで一瓶、数百円で手に入ります。

クエン酸は酸性の食品添加物だから、無臭で、酸味のみ。だから、酸味が爽やかな、すっきりした味のしそジュースになります。

クエン酸はとっても酸っぱいから、少量でOK!リンゴ酢では150ccでも、クエン酸なら小さじ1杯程度です。

っていうか、入れすぎると、酸っぱすぎてリカバリーが大変だから、要注意!

ママ

クエン酸が余れば、冬に人気のゆず茶に入れると、適度に酸味がでて美味しいとのこと♡chayoもゆず茶が大好きだから、試してみよう!

愛犬

クエン酸には「うまみ」はないけど、次からの酢やレモンだと、「うまみ」が含まれるよ!

しそジュースにレモン果汁を入れる

レモンって、酸っぱいイメージがある。でもシソジュースに入れると、酸味も少なくて、まろやかな味わいのジュースに♡

飲みやすいシソジュースになるから、酸味が苦手な人や、小さい子供にオススメです。

chayoは梅シロップでいつも作っているけど、梅シロップのようなまろやかな味わいで、気に入りました。

ちなみにchayoは市販のポッカレモンを使ったよ。手軽だからね(^^♪

もちろんレモンを自分で絞ってもOK!レモン1個で、約40〜50mlのレモン果汁GETだよ。

自分でレモンを絞るなら、100均のフルーツ搾り器を使うと簡単に絞れるから、おすすめ!

しそジュースに酢を入れる

酢にはいろんな種類があって、どの酢で作るかによって、しそジュースの味も変わります。お好みの酢で作ってみてね。

多くの家庭の冷蔵庫にあるであろう、穀物酢を使うのと手軽だよ。ただ鼻に「ツーン」とくるのが苦手でなければ、ね。

chayoは「ツーン」が苦手で、ふだんの料理でも穀物酢ではなく、まろやかな味わいの「らくらく酢」を愛用。

ただ「らくらく酢」で紫蘇ジュースを作ってみても、後味に「酢」を結構感じて、健康ドリンクっぽいジュースになりました。

chayoはちょっと苦手で、酢は好みがわかれそう。

ちなみにシソジュース作りで人気がある酢は、リンゴ酢です!

愛犬

酢には、血液をサラサラにしたり、高血圧を予防したり、食欲増進の効果もある。体にとっても良いよ!

しそジュースに梅シロップを入れる

すでに話したけど、chayoは上の3つではなく、梅シロップを入れて赤シソジュースを作ってます。

梅にも、クエン酸がたっぷり入っているからね。

ここで梅シロップを使っているのは、クエン酸もレモンも、お家に常備していないから(キッパリ)。

chayoは梅シロップが大好きで、梅シロップだけは常備してあるんです。ある意味、レア?(笑)

それで試しに梅シロップを入れてジュースを作ってみたら、鮮やかな色に変化したし、梅の風味で飲みやすい。だから梅シロップです。

ただ梅シロップは甘いから、砂糖の分量を減らして、しそジュースを作ってます。

梅シロップの作り方はこちら。梅シロップの炭酸割と牛乳割が大好きです♡

しそジュースにどれを入れると良い?

しそジュースに入れるのは、どれもお好みで。

chayoの感想としては、まろやかな味わいが好きなら、レモンor梅シロップ。

健康志向で、酢を積極的にとりたい人には、酢。

酸味が強くて、サッパリと飲みたい人はクエン酸。

お好みで試してみて、好みを見つけてみてね!

ちなみに今回試してみて、レモンも気に入りました。梅シロップのようなまろやか味わいで、飲みやすいよ。

ただパパリンからは、レモンよりも梅シロップのリクエストです。

それにしても、いろいろ試さないと、分からないもんですね(笑)

しそジュースのアレンジレシピは?

水で割ったシソジュースが、chayoのお気に入りの飲み方。毎朝、朝イチに飲んでます。

シソの風味が苦手な人には、炭酸水や牛乳で割るのも、おすすめ。どちらもサッパリと飲めますよ。

他にもゼリーや、漬物にも使える。また寒い時期は、お湯割りも美味しいですよ♡

しそジュースの保存は?冷蔵保存?

しそジュースは、常温保存ではなく、冷蔵保存がおすすめ。暑い時期には腐敗&発酵しやすいからね。

ただし冷蔵庫で保存していても、発酵が進んで美味しくなくなってしまうから、1カ月以内に飲み切る方がベター。

長期間保存には、冷凍保存がおすすめです。詳しくは。

ママ

発酵が進んでしまうと、シソジュースが爆発することも!辺り一面が真っ赤にそまり、天井に穴が開いた人もいるから、お気を付けを!!

青シソ(大葉)でもシソジュースが作れるよ!

しそジュースは赤しそで作るのがメジャーだけど、青しそ(大葉)でも作れます。

っていうか、chayoは赤紫蘇の方が色がキレイだけど、青じその方がエグミもなくて、香りも良いし、飲みやすくて好きです。

「薬効が高いのは赤じそ、栄養価が高いのは青じそ」と言われているよ。

また青じそは赤紫蘇と違って1年中流通しているのも、嬉しいポイント。

青しそでも、しそジュースを作ってみてね。赤紫蘇とのブレンドも、おすすめです♡

青じそでも、レモンやクエン酸で色が変わる?

赤い色の色素であるアントシアニンは、赤しそに多く含まれているけど、青じそにはほとんど含まれていません。

それでも青紫蘇ジュースを作る時に、クエン酸などを入れると色が、琥珀色に変わりますよ。

これは青紫蘇に含まれるシソニンと言う成分が酸と反応して赤色に変化するから。

でも青しそには、シソニンがないという説も。気になっていろいろ調べたけど、ぶっちゃけ、よく分からない。

ただ、もともと青じそは、赤紫蘇の変異種なので、多少は含まれているからかな?と、chayoは思ってます。

おまけ)紫蘇ジュースに関連するおまけ話

おまけ1)シソの名前の由来は?

紫蘇の名前の由来は、昔、中国の少年がカニをむさぼり食べて、肌の色が紫色になるほどの食中毒を起こしてしまった。

だが、煎じた紫蘇を食べたおかげで、蘇った。それで「紫蘇」という名前がついたんです。

ちなみに赤紫蘇が本来の種類。青じそは、赤紫蘇の変異種です。

おまけ2)ハーブティーのブルーマロウも同じ反応するよ!

ブルーマロウ(ウスベニアオイ)のハーブティーも、シソジュースと同じように色が変わるよ!

ブルーマロウのハーブティーでは、お湯で淹れると(アルカリ性の)青色。時間が経つと、紫色。

そして酸性のレモンを加えると、ピンク色に変化しますよ。

ちなみに青から紫色への変化は、温度の変化によるもの。レモンでのピンク色への変化は、シソジュースと同じ「アントシアニン」です。

尚、ブルーマロウのハーブティーは薬効も高くて、昔から愛用されています。モナコ王妃、故グレース・ケリーも愛飲していたそうですよ。

ちなみにこれがハーブの本に載っていて、やってみたくてマロウのハーブを買って育てたんです。

が、育てていたのはマロウ違いの「マシューマロウ」で、「ブルーマロウ」とは別だったという苦~い思い出(苦笑)。

赤しそジュースに加えるクエン酸、レモン、酢のまとめ

夏バテ予防にピッタリの赤しそジュース。

レシピによって、クエン酸、レモン、酢といろいろあるけど、結論としてはどれでもOK!

家にあるもので、作ってみてね。chayoは、梅シロップで作ってます。

ただし出来上がりのジュースの味が変わるから、自分の好みで選んで作ってね(^^♪

chayoも今まで梅シロップだったけど、レモンも気に入ったので、レモンでも作ってみます。

あと、くれぐれも手作りしたシソジュースを爆発させないように、お気を付けを!