こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

赤しそジュースってよく聞くけど、赤しそは次期が終わっちゃった。青シソ(大葉)ならあるけど、青シソでもジュースが作れるの?

こんな疑問に、青しそジュースをココ4年ほど、毎年作っているchayoが答えます。

ママ

青シソでもシソジュースが作れるよ。赤しそよりもクセが少なくて、むしろ、香りと味は、青の方が好きなくらいだよ!

ってことで、今回は青シソジュースの作り方を紹介します。濃縮タイプで作っているから、冷蔵庫が省スペースでOKです♪

ちなみに、ご近所さんから赤しそを大量に貰って、ノリで赤シソジュースを作ってみたのがキッカケ。

最初はクセがあって飲みにくかった。でも貧乏性だから、せっかく作ったからには、飲む(笑)!

飲み続けたら美味しくなって、しかもコンプレックスのワキガ体臭が軽減。

しかも赤しそをくれたご近所さんから、青しそでもジュースが作れることを教えてもらい、それ以来、毎年、赤しそ&青シソのジュースを作ってます♪

濃縮青しそジュースの材料

以下は参考値。青しその量によって、他を調整してね!

  • 青しそ 300g (太い茎は取り除いてね。葉だけがベター)
  • 水 1.4リットル
  • 砂糖 300g
  • 梅シロップ 100cc

青しそジュースにレモンやクエン酸を入れている人が多いけど、chayoは自家製梅シロップを♡梅にも、たっぷりとクエン酸が入っているからね。

ただ梅シロップが甘いので、他のレシピよりも砂糖控えめです。もし甘さが足りないときは、梅シロップの量で調整してね。

しそジュースの梅シロップの代用品は?

梅シロップがない時は、レモンや酢、クエン酸でもOK!っていうか、その3つが一般的で、梅シロップを使っているのが、レア(笑)

上のシソの分量で作る場合の、梅シロップの代わりの分量(レシピ)と、砂糖はこちらです。

砂糖はシソの量の2倍を入れてます。ちょいと甘いから、好みで調整してね。

クエン酸 レモン
梅シロップの代わり 小さじ3/4杯 100cc 100cc
砂糖 600g

レモン、酢、クエン酸で作るシソジュースの味は?

クエン酸、レモン、酢で、シソジュースの出来上がりの味が変わります。

chayoはレモンと酢でも作ってみたけど、ジュースの感想は、レモンや梅シロップを使うとまろやか。酢は独特。

クエン酸は、まだ作ってないけど、サッパリという評判。詳しくはこちらを見てね。

紫蘇はたくさんあっても、量が少ない

青シソはこんなにあっても、330gほどでした。シソは大量でも、意外に重さは少ないもんです。

濃縮青しそジュースのレシピ

  1. 青シソを収穫
  2. 茎から葉だけをちぎっておく。ジュースだからちょいと変な箇所があってもちぎればOKだし、ちょいと硬めでも、使えるよ!
  3. 葉を水で洗り、ザルにあげて水を切っておく
  4. 大きな鍋に水を入れて、火にかける
  5. 鍋の水が沸騰したら中火にして、シソを入る分だけ、鍋に入れる。どんどんカサが減るので、菜箸でつつきながら、どんどんシソを入れていく
  6. シソを全て入れたら、5~15分ほど、しっかり煮出す
  7. ボールにザルをセットして、シソを取り出す
  8. 砂糖を入れて、砂糖が溶けたら火を止める。ちなみにchayoは夜に、ここまで作業します
  9. 翌朝、しそが冷めてから作業のスタート!
  10. 取り出したシソを、手でギューッと絞る。搾ったエキスは、鍋に戻す
  11. 粗熱がとれたら、梅シロップを入れる (梅に含まれるクエン酸により、色が琥珀色に変わるよ!)
  12. 味見をして、梅シロップの量を調整する
  13. 保存容器を消毒する。chayoはペットボトルを水洗いして、少量の酢やホワイトリカーを入れて、シャカシャカしてます
  14. 消毒した保存容器に茶こしをセットし、注いで、完成♡ちなみに茶こしは鍋に残ったシソの葉を取り除くためだよ

今回1リットルのペットボトルに入れて、1.3リットルほどと、たくさんできました(*ノωノ)

冷蔵庫に保存すれば日持ちするから、chayoは野菜室で保存してます♡

ママ

砂糖も水の分量もざっくりでもOK。とにかくシソを全部入れてから鍋で5~15分煮込んで、最後に梅シロップで甘みを調整すれば、好みのジュースが出来上がるよ

青しそジュースの美味しい飲み方は?

作ったシソジュースを水で割ったシソジュースが、chayoのお気に入りの飲み方♡毎朝、朝イチに飲んでます。

シソの風味が苦手な人には、炭酸水や牛乳で割るのも、おすすめ。どちらもサッパリと飲めますよ。

他にもゼリーや、漬物にも使える。また寒い時期は、お湯割りも美味しいですよ♡

赤しそジュースと混ぜても美味しいよ!

しそジュースは青シソで作ると、味も香りも、柔らかいお味になります。

レモンなどを加えると青シソでも色は変わるけど、やっぱり赤しその方が、色はキレイ。

最近は、赤しそと青シソを混ぜて、作ってます(^^♪

青しそジュースの保存は?冷蔵保存?

しそジュースは、常温保存ではなく、冷蔵保存がおすすめ。暑い時期には腐敗&発酵しやすいからね。

ただし冷蔵庫で保存していても、発酵が進んで美味しくなくなってしまうから、1カ月以内に飲み切る方がベター。

長期間保存には、冷凍保存がおすすめです。詳しくは。

ママ

発酵が進んでしまうと、シソジュースが爆発することも!辺り一面が真っ赤にそまり、天井に穴が開いた人もいるから、お気を付けを!!

赤しそジュースを飲んだら、ワキガのニオイが減った!

最初に赤しそジュースを大量に作ったときのこと。がぶ飲みしていたら、一週間後くらいに気がついたんです。

ワキ(体臭)のニオイが減っていることに!これにはパパリンも、ビックリレベル。

でもchayoとしては、半信半疑。そこでで調べてみたら、やっぱりシソにはワキガ対策の効果がありました!

紫蘇はなぜワキガ対策に効果あるの?

ワキガは過剰なアミノ酸や脂肪がアポクリン線から発生し、それを菌が分解させることで起こります。

シソには臭いの分解成分がある上に、殺菌作用もあるから、これらの菌の繁殖を抑えてくれるのです。ビバ、シソ\(^o^)/

ちなみにシソは赤しそでも青シソ(大葉)でもOK。どちらも同じ作用があるよ♡

尚、chayo以外にも、シソジュースで体臭が改善した人もいました。同じように、耳垢がべたべたの人は、是非、試してみてね!

青しそには、他にも効能がいっぱい!

  • 夏バテ防止
  • 鉄分と鉄の吸収を助けるビタミンCが豊富!
  • ロズマリン酸を含むから、ダイエットに効果アリ!
  • βカロチンで血液サラサラ
  • 抗菌作用と防腐作用で食中毒を予防し、消化酵素の分泌を助ける
  • 食物繊維が多いから、下痢や便秘に良い
  • 花粉症
  • 二日酔い

梅シロップで作る濃縮青しそジュースの作り方とまとめ

赤しそジュースが有名だけど、実は青シソでもジュースが作れます。

しかも青シソジュースは、赤しそジュースに比べて、クセも少なくて、香りも良いし、飲みやすい。

chayoとしては、しそジュースの初心者には、赤紫蘇よりも、青しそが、おすすめです。

ちなみに最近は、赤しそと青シソを混ぜてジュースを作ったり、別々に作ったジュースをブレンドして飲んだりしています(*^-^*)

しかもシソジュースを飲むと、気になる体臭が激減したので、毎年、暑い時期にしっかりと飲んでケアしています。

しそジュースで、夏バテ予防し、暑い時期も元気に過ごしましょー!

作る時間がない人には、こちらもあるよ。

赤紫蘇や青じそは育てやすいよ!

シソジュースがマストのchayoのために、パパリンが畑にシソを植えてくれました。

すると、紫蘇が自生するようになって、毎年、大量にジュースを飲めてます。パパリン、ありがとう!

青シソも赤紫蘇も、どちらも育てやすいし、種がこぼれれば自生するので、たくさん飲みたい人には育てるのもおすすめです。