こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

知り合いの方から、なんと赤しそを頂いちゃいました。しかもダンボールいっぱいに♡

最初はそんなに興味なかったけど、貰えるものはもらってしまうのが、貧乏性のサガ。

ってことで、もらった赤しそでせっかくだからと、濃厚赤しそジュースを作ってみたら、これがヒット!

朝一に飲むと、目が覚めるんですよ。眠たいときもパチッと!

シソジュースは夏バテ予防効果もあるから、最初は頑張って飲んでいたんです。

でも2~3日したら美味しくなって、がぶ飲みモード。大量に飲んでました。

そうして1週間した頃くらいかな?ふと気が付いたんだよね。なんとchayoが長年悩んでいるワキガの臭いが軽減していることに!

20歳代の頃から、今よりももっと痩せている頃からの、長年の超コンプレックスが!手術まで考えているほど、悩んでいたのに!!

だからchayoにとってこのシソジュースは、まさに神アイテム。定番ジュースになりました。

その後も赤しそを貰う機会があったので何度もリピし、体臭のコンプレックスも減り、おかげで猛暑も乗り切れました\(^o^)/

ちなみに翌年から、畑に赤しそと青しそを植えて育ててます♡

濃縮赤しそジュースの材料

  • 赤しそ 780g (太い茎は取り除いてね。葉だけがベター)
  • 水 2.7リットル
  • 砂糖 670g
  • 梅シロップ 200cc

レモンやクエン酸を入れている人が多いけど、chayoは自家製梅シロップを♡梅にもたっぷりとクエン酸が入っているし、甘いからね。

ってことで、他のレシピよりも砂糖控えめです。もし甘さが足りないときは、梅シロップの量で調整してね。

ちなみに今回赤しそを大量にもらったけど、全部で780gくらい。もっと量があると思ったから、ビックリでした。

下記の写真のようにボールいっぱいあっても100g程デス。

赤しそジュースのレシピ

  1. 自家製の場合は、赤シソを収穫
  2. 太い茎から葉だけをちぎっておく。ジュースだからちょいと変な箇所があってもちぎればOKだし、ちょいと硬めでも使えるよ!
  3. シソを水で洗って、ザルにあげて水を切っておく
  4. 大きな鍋に水を入れ、火にかける
  5. 沸騰したら中火にして、しそを入る分だけ、鍋に入れる。どんどんカサが減るので、菜箸でつつきながら、どんどんシソを入れていく (※葉っぱはスグに緑色に変わるよ)
  6. シソを全て入れたら、3~5分煮出す
  7. ボールにザルをセットし、シソを取り出して、ザルの淵でギューッと絞る。出てきたエキスは鍋に戻す
  8. 砂糖を入れて、砂糖が溶けたら火を止める
  9. 粗熱がとれたら、梅シロップを入れる (梅に含まれるクエン酸によって、色が変わるよ!)
  10. 味見をして、梅シロップの量を調整する
  11. 保存容器を消毒する。chayoはペットボトルを水洗い後に酢でシャカシャカしたよ
  12. 消毒した保存容器に茶こしをセットし、注いで、完成♡ちなみに茶こしは鍋に残ったシソの葉を取り除くためです

今回は2.5リットルほどと、たっぷりとできました!冷蔵庫に保存すれば日持ちするから、chayoは野菜室で保存♡

ママ

砂糖も水の分量もざっくりでもOK。とにかくシソを全部入れてから鍋で3~4分煮込んで、最後に梅シロップで甘み調整すれば、好みのジュースが出来上がるよ

梅シロップを入れると赤シソジュースの色が変わるよ!

梅シロップを入れると、下記のように鮮やかな色が変わるよ!鍋だとわかりにくいから、グラスに入れて比べてみたよ。

梅シロップを入れる前 梅シロップを入れた後

ちなみに砂糖を入れる前に試しに飲んでみたら、あまりの苦さにビックリ(@_@;)。砂糖が必要な理由が、よくわかりました。

赤しそジュースを水や炭酸水でわると、美味しいよ!

つくった赤しそジュースは、かなり濃厚。だからお水や炭酸水で2~3倍に割って飲んでね。

炭酸水で割ると飲みやすい!

最初はこの赤シソジュースの味が苦手だったから、赤しそジュース:炭酸水=1:1で、キンキンに冷やして飲んでました。

炭酸で割ると、後味にほんのりシソの苦味がくる程度で、飲みやすいよ(*^-^*)

水で割っても美味しい。朝いちに飲むと目覚めるよ!

でもこれが不思議なことに、2~3日したらシソジュースが美味しくなったんですよ。

なんていうかこの独特のシソの風味がクセになった。苦みも最初ほど感じないし。なんていうか、身体が欲している感じ?不思議だねぇ。

だからそれからはシソ:水=1:1で割って、ゴクゴクと飲みまくってました。

特に朝一にこれ飲むと、眠い目もシャキっ開くし、カラカラの喉が潤うんだよね。

ただし続けて2杯飲むと、2杯目はシソの苦みが後味でやってくることも。1杯目は感じないのにね。やっぱりシソを体が欲しているのかなぁ(・・?

青しそジュースと混ぜても美味しいよ!

青シソでもジュースは作れます。

最初の年は赤しそジュースだけで終わったけど、畑に青シソがチョコチョコ生えたから、翌年には青シソジュース作りにもチャレンジ!

すると、赤しそよりも飲みやくて、爽やかで、美味しい青シソジュースになりました♡

赤シソジュースは、見た目が鮮やかで、キレイ。

でも味や香りは、青しその方が上といわれているし、chayoもそう思う。赤しそよりも苦みが少なくて、飲みやすいよ!

ご近所さんに教えてもらったんだけど、この青しそと赤しそジュースを混ぜれば、見た目もキレイで、味も美味しいジュースできるんです♡

自分好みで割合を変えて、是非お気に入りを見つけてね♪

ちなみに青シソジュースは、赤シソジュースと同じ作り方だよ(*’ω’*)

おまけ。赤しそと青じその効能の違い

赤しそと青じその効能の違いが気になったので、調べてみたら、ほぼ同じ。

でも一つ大きな違いがあって、それが赤しそには「アントシアニン」があるが、青しそにはないこと。

アントシアニンはポリフェノールの一つで、ブルーベリーなどにも豊富に含まれている。目に良いと評判なもの。

目が疲れやすい現代人、特にパソコン作業が多い人におすすめだよ。

ちなみに青しその方がベータカロテンの含有量が多いことから、栄養価が高いといわれている。

でも大差はないし、とにかくシソは栄養価が高いってのが結論ですね(‘ω’)ノ

赤しそジュースを飲んだら、ワキガのニオイが減った!

赤しそジュースは、赤しそを大量に貰ったから作ったんです。全て勢いです゚(`・ω・´)。

でもシソジュースにはまってガブガブと毎日飲んでいたら、一週間後くらいにふと気がついたんです。ワキのニオイが減っていることに!これにはパパリンもビックリ。

でもchayoとしては、半信半疑。時期的にはシソジュースのおかげっぽい。でも本当にそんな効果があるの?

で、調べてみたら、やっぱりシソにはワキガ対策の効果があったんです!!

紫蘇はワキガ対策に効果アリ!

ワキガは過剰なアミノ酸や脂肪がアポクリン線から発生し、それを菌が分解させることでおこります。

シソには臭いの分解成分がある上に、殺菌作用もあるから、これらの菌の繁殖を抑えてくれる。だから効果があるんです。ビバ、シソ\(^o^)/

ちなみにシソは赤しそでも青シソ(大葉)でもOK。どちらも同じ作用があるよ♡

それにchayo以外にも、シソジュースで体臭が改善した人もいたよ!

chayoは8×4を頻繁に塗り、こまめにTシャツを変えていたんです。それでも気になって、人の近くに寄れなかった。超がつくほどのコンプレックスだったんです。

でもそのコンプレックスが減ってからは、一気にストレスも減ったし、自信をもてるように。悩んでいる人は一度お試しあれ!

赤しそジュースには、他の効果もあるよ!

赤しそには、他にも嬉しい効果がいっぱいあるよ。特にchayoは目が疲れやすいから、嬉しいかぎり♡

  • 夏バテ防止
  • アントシアニンが豊富で、目に良い
  • 鉄分と鉄の吸収を助けるビタミンCが豊富!
  • ロズマリン酸を含むから、ダイエットに効果アリ
  • βカロチンで血液サラサラ
  • 抗菌作用と防腐作用で食中毒を予防し、消化酵素の分泌を助ける
  • 食物繊維が多いから、下痢や便秘に良い
  • 花粉症
  • 二日酔い

濃縮赤しそジュースの作り方とまとめ

赤しそジュースのお味は、最初は微妙。でも「健康のため!」と飲んでいたら、2~3日もしたら美味しくなって、がぶ飲み。

特に朝一番の起き抜けに飲むと、閉じていた目もシャキッと開くし、苦みも少なくて、ゴクゴクといけます。

chayoの場合は、なんていうか体が欲しがっている感じになりました(笑)

シソジュースは夏バテ予防にもなるから、おかげで酷暑も乗り切れました!

ちなみにchayoが作るのは濃縮ジュース。だから2~3倍に薄めて飲んでます。

ストレートでつくる人もいるけど、濃縮の方がジュースの量が少ないから、冷蔵庫に優しい。だからchayoは濃縮で作ってます!

しかも赤シソジュースをがぶ飲みしていたら、気になる脇の体臭が激減したから、嬉しい限り(*^-^*)

8×4は相変わらず塗りまくっているけど、それでもこのコンプレックスが減ったことで、ストレスは大幅に減りました♡

おかげで夏の時期とかchayoのTシャツだけは汗しみができちゃうから、2度洗いしたり、手洗いしていたけど、それも減ったよ。嬉しすぎる♡

ただこの赤シソジュースを毎日がぶ飲みしていたら、直ぐに飲み切っちゃうのがネック。

でもこのワキガ対策には青しそでもOKだから、両方でジュースを作って飲みまくります!

chayo家には畑があるので、翌年からはそこに赤しそと青しそを植えて、育ててます。

シソジュースで夏バテ防止をしつつ、体臭改善もして、大変な夏を乗り切るぞーー( `ー´)ノ

ちなみに赤紫蘇がスーパーに出回るのは、6~7月。青じそと違ってハウス栽培されてないから、通年ではないから、ご注意を!