田舎に移住し、ド古い家に住み始めてから、DIYに目覚めたパパリン(と私)。

理由は格安でつくれるから(笑)。

もちろん手間も時間もかかるけど、自分好みのピッタリサイズにつくれるし、自分でつくると愛着も人一倍です。

 

DIY歴3年とまだまだ初心者レベルだけど、パパリンにおすすめ工具を教えてもらったので、紹介します。

DIYで何かを作ろうと思っているけど、どんな工具をそろえればいいのわからない。そんな人の参考になれば、嬉しいです。

 

尚、個人的な意見なんで、あしからず(‘ω’)ノ

DIYを徐々に始めて、3年で少しづつレベルアップ!

DIYのスタートは、「どんな電動工具をそろえれば?」なんてレベルではなく、キッチンシンクにスタイルシートを貼り、扉に取っ手を付けて便利にしたこと。

でもこれだけで見た目もオシャレになって、取っ手をつけたことで、とっても使いやすくなったんだよ♡

その後にスノコを使って、洗面台に棚を作りました。おかげで快適になって、私のお気に入りアイテム♡

3年目には、キットで購入したログハウスを基礎工事から、建てるまでを、パパリンがほぼ一人でやりました。しかもそのあと作ったウッドデッキは、SPF材を使っての自作です。

工具は必要に応じて、買い足していきました。もちろんせっかく買ったのに出番がほとんどない工具もあるし、安い工具を買って、失敗というのもあるけどね。

DIY初心者におすすめの工具

こちらはDIYするのに、必須といっても過言ではない工具です。

インパクトドライバー

インパクトドライバーは、回転力と打撃の2つの力で、グイグイとネジを締められます。

だからパワーがあって、堅い材料や厚みのある材料でも簡単にビス止めができます。

パパ

最初はインパクトドライバーの存在を知らなくて、ドリルドライバーで無理やりビス止めしたら、力が弱くてネジの頭がつぶれた。しょうがなく手締めしたら、手の皮が剥けてイヤになったことがあるから気を付けて!

ドリルドライバー

先端のビットを変えることでドリルでの穴あけやドライバーでのネジ締めもできます。

回転数を調整することでパワーの調整ができるけど、インパクトドライバーほどのパワーはでないよ。

インパクトドライバーの存在を知らなかった頃は、ドリルドライバーだけで穴あけとネジ締めをしていたが、あまりにパワー不足だったので、インパクトドライバーのヘッドを購入。

今では、ドリルドライバーで穴あけをして、インパンクドライバーでビス止めをしています。

パパ

ヘッドを変えるとチェンジできるのは、便利だよ。バッテリーも共通だしね!

のこぎり

木材は基本、ホームセンターでカットしてもらいます。

でも端材を使ってDIYするときはもちろん、ホームセンターでカットしてもらっても、サイズがちょいと大きかった!ってこともあります。

そんなときは、のこぎりの出番です。

愛犬

ノコギリをやると、空中に木くずが舞うから、目の保護のゴーグルやマスクをしたほうがいいよ。特にウチのパパはハードコンタクトだから、目に入ると大変だからね。ちなみにカンナや、やすり掛けも同じだよ

ソーガイドがあると45°や角度をつけてカットできる!

ソーガイドを使えば、45°とか、角度をつけたカットできるよ!


出典:https://item.rakuten.co.jp/tuzukiya/z02-0328/

パパリンも欲しがっているので、ポチっしちゃいました。今後レビューします(‘ω’)ノ

クランプ

一人で作業するなら必須となるのが、クランプ。木材同士をネジで固定するときや、ノコギリで切る時に固定するときに使います。

クランプがないと、一人で木材を組み立てるのは大変だよ!

たまにクランプでギュギュっとしっかりしめると、跡がつくこともある。そんなときはベニヤ板のような端材を挟んでおくと、跡が付きにくくなるよ!

パパ

買ったクランプが小さくて、木材が入らなかったことがあるから、用途に応じたサイズを買ってね

コーナークランプもあるよ!

直角に材木を組み立てることは多い。そんな時に便利なコーナークランプを発見!これは便利そう(*’ω’*)


出典:https://item.rakuten.co.jp/carymo/cornerclamp4set/

やすり

自分でノコギリで切ったとき、木材の切断面がザラザラしています。

そんな時は、やすりの出番です。紙やすりで、せっせこ削っています。

ちなみに私はこのヤスリをかける時間が好き。なんか無心になれるんだよね~。

ママ

最近知ったんだけど、ヤスリをかける・かけないで、塗装の仕上がりが変わります。触ったときに、なめらかな仕上がりになるのはもちろん、色のノリもいい。あぁ、もっと早く知っていれば…

ハンドサンダーもあるよ!

我が家は紙やすりでそのままやっているけど、紙やすりをセットして使うハンドサンダーもあるよ。これなら力をいれずに、楽にヤスリかけできるとか!


出典:https://item.rakuten.co.jp/whatnot/4962308446774/

電動サンダーもあるよ!

実は、電動のサンダーを持っています。工具セットについていたから(笑)。

でも上手に使うには、腕が必要。ログハウスの床を磨くときに張り切ってやったら、うまく使いこなせなくて、見事にキズをつけちゃいました(;´・ω・)

でも電動サンダーを上手に使えれば、塗装をするのにも、塗装をはがすのにも便利とのこと!我が家も練習して、いつかは使えるようにしよう(。-`ω-)

水平器

物を組み立てるのに必須なのが、水平器。これを置くと、水平が取れているかを確認できます。

水平(横)方向と垂直(縦)方向の両方が測れるタイプのが、便利だよ!

差し金

DIYでは設計が大事で、寸法を測るのは必須。だから差し金も、当然必須です。

パパリンは、カットしてもらった木材に、どこにダボ穴をあけるとか、あらかじめ木材に差し金で測って、鉛筆で印をつけています。そうすれば穴が縦にずれるという失敗も少ないしね。

ちなみにパパリンはよく2×4材の木材を使います。長さが182㎝あるから、長さが1mの定規を愛用しています。

曲尺(かねじゃく)も、直角を確認するために、必ず使っているよ。

おまけ① ブルーシート

庭でも、家の中でのDIY作業で必須なのが、ブルーシート。ブルーシートを床に敷いておけば、汚れないし、木くずなんかも簡単に掃除できます。

また庭で作業しているとき、雨が降ったらサッと上にかけられるし、重宝です。

おまけ② 工具入れ

DIYすると釘やネジやら、何やらの細々としたものが多くなります。だから工具入れが便利。ゴチャゴチャせず、しまえるよ。工具や釘は、小さい子供には危ないしね(‘ω’)ノ

実際にDIYの工具を買ってわかったこと

電動工具セットは高くつく!

最初にそろえたのが、ブラック&デッカーの電動工具セット。

これがあれば充分!と思っていたが、実際に電動工具セットで使っているのは、ドリルドライバーのみ。ジグソーとサンダーは、ほとんど使用してません。もちろん、これから使うかもだけど。

またインパクトドライバーはセットにないいから、後で別に買い足しました。

そう考えると、電動工具セットは高くつくから、単品で必要になってから揃えていくのが、おすすめです。

インパクトドライバーとドリルドライバーは違うよ!

インパクトドライバーの存在を最初は知らず、ドリルドライバーでOKだと思っていました。

カーテンレールを交換する際、ドリルドライバーで固い木にビス止めしようとして、ビスの頭をどんどんツブしちゃいました。

これではマズイと、結局ドライバーを使って、無理やり手締め。そしてその結果、手の皮がベロベロに剥けて、DIYが嫌になったことが。

でもインパクトドライバーを知ってからは、ねじ締めが断然楽になりました。固いものでも、ヘッチャラです。あぁ、もっと早く知っていれば…。知らないって、恐ろしい。

だから、パパリンはこう言います。

パパ

DIYの電動工具で一番あってよかったと思うのは、インパクトドライバー!

木材カットはホームセンターで頼むのがおすすめ!

我が家は木材のカットは、基本ホームセンターで頼んでます。カットしたい長さを伝えれば、大型の機械で一度にカットしてもらえるからね♪

長さを揃えて、木材のカットをするのは、素人には難しい。机を作るときのこと。丸ノコというアイテムで一気に切ろうしたら、しっかりずれました。

でもホームセンターなら多少のずれはあっても、長さを揃えてカットしてもらえるから、ありがたい!

電動工具のバッテリーは揃えたほうがいいよ!

電動工具は、基本バッテリーを使っています。バッテリーがバラバラだとかさばるし、それぞれ充電が必要になるから、バッテリーは揃えたほうがいいよ!

例えば、マキタは同じメーカーでもバッテリーの規格が違うから、気を付けてね。

紹介した工具があれば、机と棚が作れるよ!

今回紹介した7つの工具があれば、机も棚も作れちゃいます。

SPF材で机を作ったよ!

SPF材を使って、机をつくりました。ホームセンターのカットサービスを利用したから、ガタつきもなく、安心してパソコンができます。しかも机2個で材料費5000円ほどと格安です♡

ちなみに塗装は、ワトコオイルのダークウォルナットです。詳しい作り方は下記を見てね。

洋服棚を作ったよ!

こちらの大型の洋服棚も、パパリンが一人でつくりました。白色のナチュラルカラーで可愛く、しかもたっぷり収納できて、重宝しています♡

詳しい作り方は下記を見てね。

まとめ

今回、初心者におすすめの7つのDIY工具を紹介しました。

ホームセンターのカットサービスを利用すれば、この工具だけでもいろいろなものが作れます。

スキルがあがったら、必要に応じて買い足していくと良いですよ。

 

最初は工具代の出費が痛いけど、それでもDIYすることで、格安でつくれるよ!しかもぴったりのサイズが、DIYの醍醐味です。

DIYを始めると、徐々にスキルがあがるもんです。やる前は難しいと思っていても、やってみたら、初心者でも意外に作れちゃうよ。

さぁ、DIYで自分好みのものを、楽しく、格安で作っちゃいましょー!