里山移住者ブロガーのちゃよです。

キッチンシンクがかなり古い上に、取っ手がないから、使いづらい。

100均のリメイクシートを貼って、取っ手を付けたらキレイになったし、便利になったので紹介です。
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a7%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%92%e7%b4%a0%e6%95%b5%e3%81%ab-2

しかもこのキッチンシンクの扉には取っ手がないから、毎回ココ(赤矢印)で開け閉めしてます。開けずらいし、手が痛くて超不便!

古い家だと、取っ手もないんだね。古い家に住んでようやく今まで住んでいた家(築浅のアパート)がどれだけ快適だったのかを、実感しているよ。

キッチンシンクにリメイクシートと取っ手を付けるための材料

今回はリメイクシートも取っ手も、100均のセリア品。

取っ手は6個ほしいのに5個しかなくて、1個は別のにしました。本当は同じので揃えたかったので、ちょいと残念!

  • リメイクシート 7枚 (扉7枚分)
  • 取っ手 (6個)
  • 引き出し用取っ手 (3個)
  • 両面テープ

%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%92diy-1

ママ

リメイクシートにノリはついているけど、シンクの汚れがあまりにもヒドイから、両面テープも使いました。そこらへんは好き好きでね

キッチンシンクにリメイクシートと取っ手を付けるための材料

リメイクシートはハサミやカッターだけで貼れるのが嬉しい。電動ドリルやドライバーは取っ手をつけるときに使ったよ(‘ω’)ノ

  • ハサミ
  • カッター
  • 電動ドリル
  • ドライバー

キッチンシンクにリメイクシートを貼る!

まずは小さい引き出しにリメイクシートを貼りました。

  1. 汚れがヒドイので、汚れを落とす
  2. サイズよりもちょいと大き目に、リメイクシートをハサミでカットする (裏に線が入っているから便利だよ♪)
  3. 両面テープをキッチンシンクに貼る
    %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a7%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%92%e7%b4%a0%e6%95%b5%e3%81%ab-3
  4. 両面テープのはくり紙を剥がす
  5. リメイクシートを貼る
  6. サイズに合わせてハサミやカッターでカットして、完成
    %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a7%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%92%e7%b4%a0%e6%95%b5%e3%81%ab-4

引き出しがとってもいい感じになりました(*^^*)

リメイクシートをキッチンシンクの扉と引き出しに貼るが、シワが入った!

引き出しがいい感じになったので、キッチンシンクの扉と引き出しにリメイクシートを貼ります。同じように両面テープを使っているよ!
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a7%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%e3%82%92%e3%81%8d%e3%82%8c%e3%81%84%e3%81%ab-1

でも不器用人間の私が貼ったから、リメイクシートに空気が入って、シワ。これなんて特にひどくて、笑うしかないくらいのシワだらけ(笑)
%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e5%a4%b1%e6%95%97

リメイクシートを失敗しないで貼るコツ!

マメ&器用なパパリンは以前、上手にリメイクシートを貼っていたので、貼るコツを教えてもらいました。ネット情報も加えたよ(‘ω’)ノ

  • シワになった部分はカッターでちょいと切って、空気を抜くと、シワが目立たない (画鋲で穴をあけてもOK)
  • 両面テープのシールと、スタイルシートのノリを全て剥がさない。少しづつ剥がす
  • 両面テープのシールを少しづつ剥がしながら、リメイクシートと一緒に、上から徐々に空気を抜きながら貼っていく
  • リメイクシートを貼っていくときに、ハケやタオルを使って空気を抜くと良い

これらを守りながら、貼ってみたら、ちょっと上手になって、こんなにキレイになったよ!

ちなみにシワだらけになった扉は2回目もシワになって、結局3回目で満足の出来になりました(‘ω’)ノ

ただリメイクシートが足りなくなって、他の余ったのをつぎ足し。だから、ジーっと見ないようにしているよ(笑)

キッチンシンクの扉は外した方が貼りやすいよ!

今回はキッチンシンクの扉を外さずに、そのままリメイクシートを貼りました。でも扉を外したほうが貼りやすいし、何よりもキレイに貼れるよ!

ちなみに我が家も、外そうとしたんですよ。でもあまりにも古すぎて、サビまくってネジがバカになり、外れなかったんです((+_+))

だからそのまま作業したけど、やりづからった。だから貼りにくい奥の扉を、2回も失敗したわけです(←言い訳)。

キッチンシンクの扉に100均の取っ手をつける

扉の取っ手は、扉にねじ止めをするタイプ。

だから、ドライバーでネジ(赤丸の2箇所)をとめて、取っ手を付ければOK!

引き出しの取っ手は、ドリルドライバーで穴をあけてネジ止めしたよ!

今回引き出しに使った取っ手は、前側から裏側までネジで貫通させるタイプ。しかもその引き出しが、結構な厚さ。
%e5%8f%96%e3%81%a3%e6%89%8b%e5%8e%9a%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%9f

そこで電動ドリルドライバーで穴をあけてから、ネジ止めしました。おかげで良い感じ♪

引き出しの裏側は、こんな感じでネジ止め。

ママ

取っ手のタイプによって取り付け方が違うから、気を付けてね!

リメイクシートをキッチンシンクの扉に貼って、取っ手をとりつけた感想

古いキッチンシンクの扉にリメイクシートを貼ることで、汚れまくりで昭和だったのが、見違えるほどキレイになりました。

リメイクシートを貼るのも難しくなくて、簡単だったよ。

しかも格安で、こんなに雰囲気が変わるなんて嬉しすぎる(*^^*)

しかも取っ手を付ける前は、開けるたびに手が痛かった。取っ手を付けたことで、簡単に開けられるようになり、超快適になりました♡

ネジを貫通させるタイプだとドリルドライバーがあったほうがいいけど、打ち付けるタイプの取っ手なら、ドライバーだけでできちゃうよ。

また今回は扉が古くてネジが外れなかったから、そのままリメイクシートを貼ったら、貼りづらかったし、シワができた。

だから扉は外して貼ったほうが良いよ!

襖にリメイクシートを貼って、洋風の壁に大変身したよ。リメイクシートは手軽に貼れるのにイメージがガラリと変わるから、おすすめだよ!