余った板でパパリンがブックスタンドを作ってくれたので、今回ワトコオイルとBRIWAXで実際に塗装して、比較しました!

パパリンが棚やらオーディオボックスをDIYで作ってくれているんだけど、余り板が出るんです。で、その端材をうまく使って、見て。こんな素敵なブックスタンドを作ってくれたよ♡買うと高いのに、DIYなら安くできちゃいます。

ちなみに上は、1×6材 220mm 4本を、ドリルでダボ穴をあけて、ビス止めし、ダボ埋めしています。子供が触っても安全な仕様になってるよ。

今までワトコオイルのダークウォルナットで机を塗装し、良い感じに♡

同じくDIYに人気のBRIWAXにも興味を持ち、BRIWAXのジャコビアンを塗ってみたら、こちらもアンティークのいい感じに♡

ママ

ワトコオイルもブライワックスもいい感じ♪両方とも人気があるのに納得だね!でもワトコオイルとBRIWAXを同じ板に塗ったら、どう違うかな(・・?

と思い立ったんで、今回ワトコオイルとBRIWAXで塗って、比較してみたんです。色はワトコオイルはダークウォルナット、ブライワックスはジャコビアンです。

もくじ

ワトコオイルとBRIWAXをブックスタンドに塗る

ブックスタンドにそれぞれワトコオイルとブライワックスを塗っていきます。最初に紙やすりで全体的に軽く削り、クズを拭いて、それから塗りました。

ワトコオイルの使い方

  1. ワトコオイルの容器を振って、ペイントカップに入れる
  2. ハケでワトココイルを木目に沿って塗る。量はハケにたっぷりつけて、垂れるほどたっぷり塗ったよ!
  3. 15分~30分は放置 (冬に塗ったので私は1時間)
  4. ウエスで拭きとる
  5. 1時間放置 (※湿気が多い場合は2時間)
  6. 2回目のワトコオイルを木目に沿って塗る 。1回目の1/3~1/4の量と薄く塗るから、ペイントカップの淵でワトコオイルを落としてから塗りました
  7. ウエスで拭きとる
  8. 1時間放置してから、オイルが浮いていることがあるから、浮いていたらウエスで拭きとる
  9. 24時間以上、乾燥させる
塗装前 ワトコオイルの塗装後

ブライワックスの使い方

  1. 台所用スポンジブライワックスをつける。板の木目に沿って刷り込むように何度も塗りこむ
  2. 15~30分乾燥させる
  3. 亀の子たわしを使って、板を磨く。磨ければ磨くほど、光沢が出るよ!
  4. 乾いたウエスで空拭きをする。ウエスに色うつりするから、何度も拭いたよ。
塗装前 ブライワックスの塗装後

ワトコオイルとBRIWAXを実際に塗った感想

ワトコオイルとブライワックスをブックスタンドに塗ってみて、分かったことです。

色合いは今回はブライワックス!

どちらもいい感じの色合いに塗装できたけど、私の好みとしてはブライワックス!尚、ワトコオイルは、塗る板によって色味がかなり変わる。他の板だと色味がもうちょい違っていただろうけど。

作業時間が短いのはブライワックス!

ワトコオイルはとにかく塗るのに時間がかかるんです。手順を見ればわかるけど、2度塗りだし、とにかく乾かすのに時間がかかるんです。朝9時から作業をスタートして、14時過ぎにようやく2度塗りが終わって、24時間の乾燥を始めました。

しかも下面は乾かないと塗れないから、結局は別の日にその面だけ塗りました。とにかく塗るのに時間がかかるよ!木の内部に浸透して塗装するタイプだから、しょうがないんだろうけど、乾燥まで含めると3日はかかるよ!

一方ブライワックスはワトコオイルの乾燥の合間に塗ったけど、2時間もかからずに乾燥まで、できたよ。だから作業時間はブライワックスが断然短いよ!

作業道具が少ないはブライワックス!

ワトコオイルはペイントカップや油性用のハケがいるよ。ウエスもふき取りで1枚は処分になる。でもブライワックスは磨くのに亀の子たわしが必要だけど、ウエスでも塗れるから、作業道具はブライワックスのほうが少ないよ!

手触りが良いのはブライワックス!

これは私がワトコオイルを塗ったときにウェット研磨をしていないからかもしれないけど、ワトコオイルだと手触り感が悪い。ペトツクんです。一方ブライワックスは亀の子たわしでゴシゴシ磨くから、手触り感が良いよ!

ママ

後日、ワトコオイルの2度塗り時にウェット研磨をしてみたら、べとつきが減って、手触り感がアップしたよ!だからワトコオイルもウェット研磨をすれば、手触り感はもっと良くなるよ

磨くのが大変なのはブライワックス!

塗るのはワトコオイルのほうが大変だけど、ブライワックスは磨くのが大変!亀の子たわしでゴシゴシすると、かなりカスが出て、辺り一面に飛びまくるし、どんだけ磨けばいいのかわからなくて、かなり磨いて、大変だったよ。

臭いのはブライワックス!

臭いがキツイのはブライワックス。外で作業していたけど、それでも臭ったよ。ワトコオイルはそんな臭くなかったよ!

ブライワックスとワトコオイルで塗装したまとめ

実際に作業してみて、ちょっと塗るだけでもワトコオイルは塗るのに時間がかかる。だから大物のテーブルなんかを塗装するのは良いけど、今回のように小さいブックスタンドなんかを塗るのなら、ブライワックスのほうが簡単に塗れるからおすすめ!それにブライワックスのほうがハケが要らないし、手触り感も良いしね。

ただブライワックスのほうが臭いはキツイ。また完全に固形化しないから、テーブルや椅子に使うと、洋服がこすれて色がつくことがあるとのことだから、注意してね(‘ω’)ノ

また今度、大きい棚なんかをブライワックスで塗装する予定だけど、ブライワックスは何度も塗り込んでいくから、大物だと作業が大変かも。ワトコオイルは刷毛でササっと塗れるから、大物でもさほど苦ではなかったけどね。

尚、今回はブライワックスは下塗りをしてません。「水性ステインで下塗りすると、仕上がりの色がかなり変わる」と聞いて、せっかくなんでブックスタンドを水性ステイン(メープル色で黄色系)で塗装し、その上にブライワックスで塗装してみました!

すると予想以上に水性ステインの色味が出て、ブライワックスだけの時と比べて、明るい、いい感じの色合いになりました。色に厚みがある感じで、私は一番好みです♡

せっかくなんで今回のワトコオイルと一緒に3つ並べてみると、こんな感じだよ!

水性ステインの上にブライワックスを塗った時の比較を、こちらにまとめたよ!ブライワックスを使うなら、水性ステインで下塗りをするのは、アリ!ただ面倒だけどね。それにしても、塗装って楽しい。奥が深いですわ( *´艸`)