こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

パパリンがブックスタンドを作ってくれたので、今回DIYで人気のワトコオイルとBRIWAXで実際に塗って、比較しました。

今回は小物だったこともあって、ワトコオイルよりもブライワックスのほうが手軽に塗れたし、仕上がりも良い感じの色合いになりました。

 

パパリンが棚やらオーディオボックスをDIYで作っているけど、余り板が出ます。

その端材をうまく使って、こんな素敵なブックスタンドを作ってくれました♡

1×6材 220mm 4本を、ドリルでダボ穴をあけてビス止めし、ダボ埋めしています。子供が触っても安全な仕様です。

過去にワトコオイルのダークウォルナットで机を塗装したら、良い感じになりました。

BRIWAXのジャコビアンでオーディオボックスを塗装したら、こちらもアンティークのいい感じになりました。

ワトコオイルもブライワックスも人気がある塗料だけあって、とてもいい感じの仕上がりになりました。

ワトコオイルとBRIWAXを同じ板に塗ったら、どう違うかな(・・?

そこでワトコオイルとBRIWAXを実際に塗装して、比較してみました。ちなみに色はワトコオイルはダークウォルナット、ブライワックスはジャコビアンです。

ワトコオイルとBRIWAXをブックスタンドに塗る

端材でつくったブックスタンドにそれぞれワトコオイルとブライワックスを塗っていきます。

最初に紙やすりで全体的に軽く削り、クズを拭いてから、塗りました。

ワトコオイルの使い方

  1. ワトコオイルの容器を振って、ペイントカップに入れる
  2. ハケでワトココイルを木目に沿って塗る。私は垂れるほど、ハケにたっぷりつけて塗ったよ!
  3. 15分~30分は放置 (冬に塗ったので、1時間放置したよ)
  4. ウエスで拭きとる
  5. 1時間放置 (※湿気が多い場合は2時間)
  6. ワトコオイルを木目に沿って塗る 。2回目は1回目の時よりもうすく塗るから、ペイントカップのふちでワトコオイルを落としてから塗りました
  7. ウエスで拭きとる
  8. 1時間放置
  9. オイルが浮いていたら、ウエスでもう一度、拭きとる
  10. 24時間以上、乾燥させる
塗装前 ワトコオイルの塗装後

ブライワックスの使い方

  1. 台所用スポンジにブライワックスをつけて、板の木目に沿って刷り込むように何度も塗りこむ
  2. 15~30分乾燥させる
  3. 亀の子たわしを使って、板を磨く。磨けば磨くほど、光沢が出るよ!
  4. 乾いたウエスで空拭きをする。ウエスに色うつりするから、私は何度も拭いたよ
塗装前 ブライワックスの塗装後

ワトコオイルとBRIWAXの両方を実際に塗った感想

ワトコオイルとブライワックスをブックスタンドに塗ってみて、分かったことです。

色合いはブライワックスが良い!

どちらもいい感じの色合いに塗装できたけど、私の好みとしてはブライワックス。

尚、ワトコオイルは塗る板によって仕上がりがかなり変わるから、他の板だともうちょい違っていたかも。

作業時間が短いのはブライワックス!

ワトコオイルはとにかく塗るのに時間がかかります。

手順を見ればわかるけど2度塗りだし、とにかく乾かすのに時間がかかるんです。

朝9時から塗装作業をスタートして、14時過ぎにようやく2度塗りが終わって、24時間の乾燥を始めました。

しかも下面は乾かないと塗れないから、私は後日にその面だけ塗ったので、合計3日かかりました。

一方ブライワックスは2時間もかからずに乾燥まで、できました。作業時間はブライワックスが短いよ!

まぁ、ワトコオイルは木の内部に浸透して塗装するタイプだから、しょうがないんだろうけどね。

作業道具が少ないはブライワックス!

ワトコオイルはペイントカップや油性用のハケがいるし、ウエスでふき取りするから1枚は処分になる。

一方ブライワックスは亀の子たわしが必要だけど、ウエスでも塗れるから、作業道具は少なくてすむよ。

手触りが良いのはブライワックス!

ブライワックスは亀の子たわしでゴシゴシ磨くから、手触り感が良いよ。

ワトコオイルも2回目の塗装時に、ウェット研磨をすればもう少し良くなるかもしれないけどね。

磨くのが大変なのはブライワックス!

塗るのはワトコオイルのほうが大変だけど、ブライワックスは磨くのが大変です。

亀の子たわしでゴシゴシすると、かなりカスが出て、辺り一面に飛びまくります。

しかも小物だと狭いところに手が入りにくくて、磨くのが大変です。

臭いがキツイのはブライワックス!

臭いがキツイのは、断然ブライワックス。外で作業していても臭いです。

ワトコオイルは、そんなに臭くはないよ。

ブライワックスとワトコオイルで塗装したまとめ

実際にブライワックスとワトコオイルをブックスタンドに塗装しました。

少し塗るだけでも、ワトコオイルは時間がかかります。

ワトコオイルは刷毛で塗るのもあって、大物のテーブルなんかを塗装するのは良い。

でも今回のように小さいブックスタンドを塗るのなら、ブライワックスのほうが手軽に塗れるからおすすめ

ブライワックスのほうが今回は良い色合いになったし、手触り感も良いしね。

 

ただ今後、ブライワックスで大きい棚を塗装する予定だけど、ブライワックスは何度も塗り込んでいくし、磨くのが大変だから大変かも。

ワトコオイルは刷毛でササっと塗れるから、大物でもさほど苦ではなかったから、大物はワトコオイルのほうが向いているかもしれないね。

またブライワックスは水拭きでも色が落ちたりするから、塗装するモノの用途にはご注意を(‘ω’)ノ

尚、ワトコオイルは塗装する板でかなり色味が変わる。だから無料サンプルを頼んで、実際に塗ってみて試すことをマジでおすすめします。

ママ

ブライワックスには、無料サンプルがない。色見本はあるけど、やっぱり実際に塗って試したいから、サンプルがあれば良いのになぁ

 

また今回は下塗りをしないで、ブライワックスで塗りました。

下塗りで水性ステインを塗ってから、ブライワックスで仕上げたら、仕上がりの色合いがかなり変わりました。

ブライワックスを使うなら、水性ステインを下塗りしたほうが色合いは変わるよ!手間はかかるけどね。