DIYでパパリンが作った机を、ワトコオイルで塗装してから、素人でもいい感じの色になるから楽しくなりました。パパリンが棚を作ってくれているから、せっかくなんでDIYに人気のBRIWAX(ブライワックス)を試すことに!その塗り方の紹介です。

私、実は素人でも失敗が少ないといわれているワトコオイルでさえ、失敗したという腕(←威張ることじゃない)。でもそのおかげで塗り方が分かり、本番の机はよい感じに塗れました( *´艸`)

だから本番の塗装の前に、最初はあまり板で塗ってみて、塗り方を試すことにしました。そのおかげで今回も最初は失敗したけど、2度目は良い感じに塗れました♡

尚、私の塗装の経験は、板にペンキを塗ったり、上のワトコオイルを塗装したくらいで、バリバリ初心者です。あとビンテージという古ぼけた感じのオシャレは理解できないというセンスの持ち主です(。-`ω-)

もくじ

BRIWAXについて

ブライワックスはヨーロッパで最も優れたワックスとして支持され続けているロングセラー。蜜蝋や植物性の天然素材カルナウバ(口紅の原料)を主原料にブレンドされていて、新材・古材をキレイに保護するとのこと。

色の種類は豊富で全14種類。私は人気というジャコビアンをチョイスしたよ!なぜか私の頭の中で、「ジャコビア~ン♪」とメキシカンのようなリズムで流れています。


出典:https://shop.thegallup.com/products/detail.php?product_id=494

BRIWAXの塗装が向かないのもあるよ!

BRIWAXは木材用の塗料で、水や熱には強くない。だから頻繁に水拭きをしなくちゃいけない場所には不向き。

蜜蝋を主成分としているから、表面が完全に硬くならない。だから、テーブルや椅子に使うと、洋服がこすれて色がつくことがあるそうだから、気を付けてね!

私は棚とかラックで使うから、問題なし(*^-^*)

BRIWAXを塗ってみる!

各サイトをザッピングすると、BRIWAXを塗るのには「台所用のスポンジ」か「ウエス」を使うのがおすすめとあったから(BRIWAXの日本正規代理店であるGALLUPではスチールウールを推奨)、今回はスポンジとウエスの両方で塗ってみました。

BRIWAXを塗る道具

  • 台所用スポンジ
  • ウエス
  • 紙やすり
  • 亀の子たわし


ママ

BRIWAXが乾いてから磨くのは、亀の子たわしが良いとのことなんで、張り切ってコンビニへ行ったのに、売ってなくてショック。でもご近所さんの商店には、普通にありました。古い田舎だと昔ながらの商品が売られているのが良いところですな♡

BRIWAXの塗り方

紙やすりをかけた後に、ステインで下塗りをしてから、ブライワックスを塗った方が色がキレイとのこと。でもステインは省略OKだから、今回はブライワックスだけで塗ってみました。ちなみに下塗り用のステインはブライワックスメーカーでも発売されているよ。

  1. 板に紙やすりをかける
  2. 乾いたウエスで汚れを払う (※これを忘れるとカスでダマになるから忘れずに!)
  3. ブライワックスを開ける。ちなみに塗ったのは12月でもポカポカ天気だった日で、液状になっていてビックリ。慌てて垂れてもいいように、下に段ボールを敷いたよ
  4. 台所用スポンジor ウエスにブライワックスをつけて、板の木目に沿って刷り込むように何度も塗りこむ。(左の板はスポンジで、右はウエスで塗りました)
  5. 15~30分乾燥
  6. 亀の子たわしを使って、板を磨く。磨ければ磨くほど、光沢が出るよ!
  7. 乾いたウエスで空拭きをする
  8. ウエスに色移りすることがあるから、しっかり拭いてね

色が薄いから2度塗りする!

色が薄い場合は、4からやって2度塗りして好みの色にする」とあるサイトに書いてあったんで、今回色が薄いから、板の右側だけを2度塗りしました。

2度塗り直後では、色は確かに濃くなったんだけど、乾燥後に亀の子たわしで磨いたら、あれ?色が薄くなった。っていうか、2度目に塗ったのが、全部剥げた感じ。なんで(・・? (※赤矢印が2度塗りした方)

2度塗り直後 亀の子たわしで磨いた後

どうやったらBRIWAXを上手に塗れる??

どうしたら上手に塗れるだろうと、再度ググる。そして分かったことが下記の2点。

  • 1度目に塗るときに、板に刷り込むように何度も塗る
  • ワックスがダマにならないように塗る

これらがなんで分かったかというと、BRIWAXの日本正規代理店であるGALLUPで、塗り方として下記の動画で紹介していたんです。再生するとわかるんだけど、塗るときに何度も塗りこんでいるんですよ。そして同時にワックスがダマにならないようにとも!

ママ

塗る前に各サイトをザッピングもして予備知識を付けたけど、それよりも上の動画だけを見ればよかった。ちゃんとコツが分かったから。だからブライワックスにチャレンジするなら、上の動画を見ることを、マジでお勧めします!

再度ブライワックスを塗る!

分かったことを踏まえて、再度ブライワックスにチャレンジ!ちなみにスポンジとウエスで塗ってみたところ、スポンジのほうが塗りやすかったから、スポンジで塗ることに。

ダマにならないように、ワックスをつけすぎたときは、缶の淵で落としたのと、ダマにならないように伸ばすように注意したよ。そして何度も木目に沿って塗り込んだら、写真左が今回のだけど、見て。いい感じに塗れました!今までよりも濃くて、良い感じ♪

ママ

最初は失敗してどうしよう…と思ったけど、おかげで上手に塗るコツがつかめてよかった♪最初から本番のラックを塗らずに、要らない板で練習して本当に良かったですわ

ブライワックスを塗った後のお片付け

ブライワックスもワトコオイル同様に、使ったウエスなんかは自然発火の恐れがあるとのこと。ビニール袋に入れて、その中に水を入れてゴミ箱にポイッしたよ。気を付けてね!

ブライワックスで塗装した感想

今回ブライワックスを塗ってみて、伸びの良さに驚いた。ちょっとだけでもかなり伸びるから、意外に使用量が少なくてすみますわ。そして色味がいい。コレ、私の好きな色。気に入りました(*^-^*)

それに塗る時間が短いのも嬉しいポイント。乾燥時間が短いし、1度塗りだけでOKだから、手軽に試せるよ!

また塗装した後の板の手触り感が良い。ワトコオイルの時はペトッとしたけど(※私がたっぷり塗ったのもある)、ブライワックスだとツルツルで、「ワックス」というのに納得です。

ちなみにワトコオイルには無料サンプルがあるけど、BRIWAXには無料サンプルがないのが残念。あると、違う色も試せて良いのになぁ。だって、いろんな色があるんだもん。試したいよぉ~。

尚、今回は水性ステインを下塗りしないでブライワックスを塗ったけど、水性ステインを塗ってから使うと、仕上がりの色合いが変わるよ!ブライワックスというお気に入りアイテムが増えて、DIYが更に楽しくなりました(^o^)丿

臭いがオリジナルよりもキツクないというトルエンフリーの商品もありました!

BRIWAXで塗装した作品集

BRIWAXのジャコビアンでいろいろ塗装しているよ!こちらはパパリン力作のDIYでつくったオーディオ配線の収納ボックス。それを塗装したもの。渋い良い色合いで、アンティークな仕上がりに♡

余った端材を使って、パパリンがブックスタンドを作ってくれたんで、BRIWAXだけの時と、水性ステインで下塗りをしてからBRIWAXで仕上げた時を比較してみました。水性ステインを下に塗るとその色合いが出るから、仕上がりの色がブライワックスだけの時と比べて、全然変わるよ!水性ステインを黄色の明るい色にしたから、明るく仕上がったよ♡