こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

青梅をもらったけど、梅を保存するには、どうするのが良いの?冷凍保存が良いの?

こんな疑問に、青梅をココ5年、毎年、大量に扱っているchayoが答えます。

ママ

梅は常温保存にも冷蔵保存にも向いてないから、すぐに加工してね。すぐに使わないなら冷凍保存がオススメ!

ってことで、今回は、収穫した梅の保存方法と、下処理のやり方を紹介します。

ちなみに梅は予想よりもアシが早いから、梅の時期は頑張って早めに加工してね。

ママ

梅シロップが大好き!梅時期は梅を漬けたり、冷凍保存したりと、せっせこ作業で忙しい。でも気分は、ウッキウキ~♪

梅の保存方法は?

梅は、傷みが早い食品。常温でビニール袋に入れたままだと、カビが生えたり、黒っぽく変色することがあります。

しかも冷蔵庫で保存すると、低温障害を起こして茶色く変色し、風味が落ちてしまう。

だから梅を手に入れたら、ビニール袋から出して、すぐに加工してね!

梅を直ぐに加工できない時は?

梅がたっぷりあると、全部はすぐに調理できない。そんなときの青梅の保存方法は、以下の2つ。

  • 常温で好みに追熟させる
  • 冷凍保存

追熟させる場合、青梅は1-3日で追熟します。

chayoが追熟させた場合は、2日で追熟したから、梅仕事に猶予ができて、おかげで下処理ができました。

2日以内に調理できるなら追熟させるのもアリだけど、2日以内にできないなら、即、冷凍保存してしまうのがオススメ。

しかも冷凍保存すれば、梅は1年くらい日持ちします。おかげで1年中、大好きな梅シロップが作れます!

ママ

カリカリ梅を作る場合、柔らかくなるので、冷凍保存は不向きです

梅の冷凍保存のやり方は?

次にchayoが梅を冷凍保存する時のやり方を紹介します。調理しきれないときは、ササッと冷凍しちゃいましょー!

ちなみに梅シロップばかりを作るから、作りやすいように、梅1~1.2キロごとにビニール袋に入れて、冷凍保存してます。

  1. 傷がついている梅や、潰れている梅は取り除く
  2. 触って柔らかい梅も、実崩れの危険があるから、取り除く
  3. 梅の重さを測り、梅の量毎にボールに入れておく
  4. 竹ぐしを使って、ヘタを取る
  5. 梅を流水で優しく洗う
  6. 梅は水分が天敵。キッチンペーパーやタオルで水分をふきとる
  7. しっかりと水分を飛ばすために、2時間ほど、陰干ししておくと安心
  8. ビニール袋に入れて、冷凍する (※写真は冷凍済みの梅)

梅酒や梅シロップを作る時、冷凍梅を解凍させず、冷凍のまま使ってくださいね。

参考までに、chayoがいつも作っている梅シロップの基本レシピはこちらです。

梅を冷凍するなら、あく抜きは必要?

青梅を調理する場合、写真のように2~4時間ほど水に漬けて、アク抜きをします (※品種によっては不要)。

でもアク抜きすると、梅が水分を吸収しすぎて傷みやすくなる。

だから冷凍する場合は、あく抜きをしないでね。chayoも、してません。

ママ

あく抜きについて調べると、青梅でも、必ずしないといけないわけではないよ。chayoは梅シロップで使うから、冷凍しない場合でも、あく抜きしてません

愛犬

黄色く追熟した梅や完熟梅では、あく抜きはしない。むしろトラブルになることもあるから、しないでね!

梅を追熟させるやり方は?

次に、青梅を追熟させるやり方です。追熟させるには、

  • 青梅を新聞紙にくるみ、直射日光があたらない冷暗所に置く
  • 段ボールに梅を入れて、表面に新聞紙をかける。蓋を開けたまま、直射日光があたらない冷暗所に置く

1~3日して、梅が黄色くなって、桃のようないい香りがしてきたら、追熟の完成です♪

ただ追熟したら、梅干しを作るなり、梅シロップを作るなりして、早目に調理してね!

ママ

触って柔らかい梅は、梅シロップには不向き。そんな梅は、梅ジャムに料理することをオススメします!

梅シロップは青梅よりも完熟梅で作るのがオススメ!

今まで青梅で梅シロップを作っていたけど、完熟梅でも試しに作ってみたら、香りが良くて、とっても美味しい梅シロップができました♡

これからはできる範囲で追熟させて、完熟梅で梅シロップを作ります!

ただ完熟梅は青梅よりも発酵する可能性が高いから、初心者は青梅で作る方が無難です。

おまけ)梅の熟度と用途は?

梅は使用用途によって、熟度が変わる。ってことで、こちらは用途と梅の熟度の目安です。

自分の用途に合わせて、必要なら梅を追熟させてね!


出典:JA紀南より

おまけ2)梅の虫出しのやり方は?必要??

スーパーや市場で買ったものなら消毒されているだろうから心配が要らないだろうけど、庭で採れた梅やもらった梅の場合は、だいたい無農薬。

「中に虫がいるかも」と、chayoは青梅でも、念のために虫出しをしてから冷凍保存してました。

でも何度やっても、出てこず。調べてみたら、木の上にあるのを収穫する青梅では虫がいることはレアとのこと。

ただ地面に落ちている梅を拾ったり、黄色い完熟梅では虫がいることもあるから、虫出しをしておくと安心です。

梅の保存方法のまとめ

梅は保存食のイメージが強いけど、実際は、調理前の”生”の梅は、アシが早いです。

しかも冷蔵保存をすると低温障害を起こしてしまうから、梅を手に入れたら、早く調理してね。

ただ「すぐに調理できない!」っていう時や、chayoのように「旬の時期以外にも梅シロップを作りたい!」。

そんな人には、冷凍保存がおすすめ。冷凍保存すれば、1年中、梅シロップが作れます♪

ちなみにchayoの冷凍庫は、いつも梅がパンパン(笑)。

梅は梅ジャム、梅シロップ、梅干しと、いろいろ作れるし、健康食品。アシが早い梅を、調理して、美味しく食べましょー!

最後に、chayoは初心者でも失敗しにくいという冷凍梅で大好きな梅シロップを作っていた。

でも冷凍しない梅の方が美味しいと聞いたので、両方作って比べてみました。

冷凍梅で作ると梅シロップが早く作れる。でも冷凍しない梅で作ったほうが美味しいよ!