こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

青梅で梅シロップを作っているけど、追熟した黄色い梅で作るとどうなの?味は違うの?

こんな疑問に、梅シロップが大好きなchayoが答えます。

ママ

今回、青梅と、追熟した黄色い梅の2種類で梅シロップを作って、比べてみたよ。完熟梅の方が香りが良くて、美味しい!

青梅を大量に収穫した後に、下処理していたら時間が経ってしまい、自然に追熟。

2日後に見たら、青梅がすっかり黄色い、ほぼ完熟梅に。

そこでせっかくだから、前々から気になっていた完熟梅と青梅の両方で梅シロップを作って、比較してみました。

尚、梅はどっちも同じ梅で、どちらも冷凍せずに作ってます。

愛犬

「完熟梅」と表記しているけど、正確には「ほぼ完熟」な梅。触ってもまだ固く、桃のような香りがする梅だよ

梅シロップ作りに向いている完熟梅とは?

触ると柔らかい完熟梅は、梅シロップに向いてない。漬けている間に、梅がつぶれて味が濁ってしまうかもしれないし、発酵しやすいからね。

だから触っても、まだ固い黄色い梅で作ってね!

ちなみに青梅では香りはしないのに、2日くらいして追熟してくると、桃みたいな、あま~い香りになります。

「コレ、梅ですか?」ってくらい強くて良い香りだから、すぐに分かるよ。chayoは、その香りにビックリしたほど。

尚、梅を段ボールにいれて、上は新聞紙で覆い、直射日光の当たらない台所で2日置いたら、青梅が良い感じに追熟したよ♪

また触って柔らかい梅は、梅ジャムにするがおすすめ。chayoも初めて作ったけど、甘酸っぱくて、美味しい。ヨーグルトに合わせるのが好き♡

完熟梅と青梅で梅シロップを作る比較実験。味の違いは?

梅シロップの作り方

梅を下処理してから、消毒した瓶に梅と氷砂糖を入れて、梅シロップ作りました。

今回は900mlの保存瓶に入るように、梅320g、氷砂糖300gで作ってます。

ママ

今回残念ながら氷砂糖が足らなくて、青梅は全て氷砂糖だけど、完熟梅は氷砂糖を200g、白砂糖を100gで作ってます

梅のヘタとりとか、詳しい作り方はこちらを参考にしてね。尚、発酵防止に入れている酢は入れず、どちらも梅を冷凍せずに作ってます。

青梅と完熟梅の比較①出来上がりの様子は?

作り始めた日付が2日違うから、漬けてからの日数が同じ日付で写真を並べてます。

青梅を「生梅」と表記しています。また完熟梅は、下に氷砂糖、上に白砂糖を入れてます。

今回は違いはなかったけど、「青梅」よりも「完熟梅」の方が発酵しやすいとのことだよ(‘ω’)ノ

漬けた直後 1日後。氷砂糖や砂糖が、どちらも溶け始めている
3日後。青梅は色が変わり始めた。またどちらも下の方がシロップができ始めている 5日後。どちらもだいぶシロップができてきたし、青梅はかなり黄色くなった
1週間後。どちらも梅シロップが、だいぶできてきた 10日後。完熟梅はちょっとシワシワになり始めた
12日後。青梅も、シワシワになり始めた 2週間後。どちらの梅もシワシワになったし、どちらの氷砂糖(白砂糖も)も、ほぼ溶けた
3週間後。砂糖もしっかり溶けて、美味しい梅シロップの出来上がり♪ おまけ)1か月後。梅をザルで濾したら、完熟梅の方がシロップが白い
梅シロップ作りでは、ガス抜きをしたほうが良いよ!

冷凍していない梅で梅シロップを作っていると、青梅でも完熟梅でも、ガスがたまることがあります。

chayoは一度、漬けて12日後の青梅の蓋をなにげなく開けたら、「プシュッ」と音がしました。

不思議に思ってググってみたら、コレ、よくある現象。中には「いきなり瓶の蓋が飛んだ!」という人も!

梅シロップが発酵しているのかは分からないけど、瓶の蓋が飛ぶのは困るので、時折、蓋を開けてガス抜きしています。

特に完熟梅は、青梅よりも発酵しやすいとのことだから、しっかりとガス抜きをしてね

白砂糖で梅シロップを作ると、底に砂糖がたまるよ!

梅の旬の時期には、スーパーの棚からもホームセンターの棚からも、氷砂糖が消えてしまいました(焦)。

本当はすべて氷砂糖で作りたかったけど、しょうがなく完熟梅は白砂糖(上白糖)を足して作りました。

すると、どうしても左の写真のように、瓶の底に砂糖が溜まってしまいます。

箸でクルクル回して砂糖を溶かす人もいるけど、chayoは瓶をひっくり返してました。

日が経てば、右の写真のように白砂糖もちゃんと溶けるよ。でもそれまでは、しっかりと瓶を混ぜてね!

5日後。瓶の底に白砂糖が残っている 2週間半後。白砂糖がすっかり溶けた
ママ

氷砂糖がなくて上白糖で作った時、大きな8ℓの保存瓶でも上の写真のようにひっくり返したら、シロップが蓋から溢れて大失敗(泣)!デッカイ保存瓶は、菜箸でクルクル回すことをオススメします

青梅と完熟梅の比較②梅シロップの味の違いは?

漬けて2週間半後に、梅シロップの味を飲んで、比較しました。ちなみに、どちらも炭酸水で割ってます。

飲んだ感想は、青梅はフレッシュ!一方、完熟梅は桃のような香りがして、梅の甘さもして味が濃厚。美味しい(キッパリ)!

chayoとパパリン、友人の3人とも、飲んだ感想は同じです。

今まで青梅で作っていて、その美味しさにハマッていたけど、これからはなるべく完熟梅で作ろうっと♪(*^-^*)

かき氷シロップには、完熟梅がおすすめ

梅ソーダーでも味の違いは分かったけど、梅シロップをかき氷にかけて食べたときに、もっと違いが分かったよ。

かき氷にかけるなら、完熟梅の梅シロップがマジでおすすめです!

青梅と完熟梅での梅シロップの比較まとめ

今回の実験で分かったことは、(※これからも随時Upします)

  • 作り始めて2週間ちょっと後に飲み比べてみたら、完熟梅は桃みたいな甘い香りで、梅の甘みもして、美味しい
  • 梅シロップが出来上がるスピードは、ほぼ同じ。2週間すれば、上澄みを飲める!
  • 完熟梅は黄色のままだが、青梅は梅の色が黄緑色→黄色→くすんだ緑色に変わった
  • 完熟梅は氷砂糖が足らなくて1/3を白砂糖で作ったが、2週間半も経つとしっかりと溶けた
  • 漬けている間は、蓋を開けてのガス抜きは必要。ときおり、蓋を開けてね

青梅と完熟梅は、どっちで梅シロップを作るのが良い?

梅シロップを完熟梅で作ったほうが、香りが良くて、美味しい。

出来上がりのスピードも同じだから、青梅よりも、完熟梅での梅シロップ作りをオススメします!

ちなみに青梅が手に入ったら、数日置いておけば追熟する。だからできる時は、追熟させてから梅シロップを作ってね。

ただ梅が本当に完熟して柔らかくなってしまうと、梅シロップに向いてない。梅がつぶれて、味が濁ってしまうかもしれないからね。

梅の量が多い時は、青梅で作る方が無難。それで「梅のおもり」がちゃんとできる分量だけを、追熟させて梅シロップを作るのがおすすめ(*^-^*)

また完熟梅の方が、青梅よりも発酵しやすいから注意してね。こんな風に泡が立っていたら、発酵のサインだよ!

冷凍青梅と冷凍しない青梅だと、冷凍しない方が美味しいよ!

今回、実は「冷凍青梅」と、「冷凍していない青梅(生梅)」でも梅シロップを作って、比較実験をしました。

その結果は、冷凍しない生梅の方が、味が濃くて、美味しい!でも出来上がりは、冷凍梅が早いです。

今回の2つの実験結果から分かったのは、味だけなら、「完熟梅>生の青梅>冷凍青梅」です(*^-^*)

ってことで、今まで冷凍した青梅で梅シロップを作っていたけど、これからは梅の旬の時期は冷凍しない「生梅」。できれば「完熟梅」で作ります!

そして長期間の保存用の梅も、今までは青梅だったけど、これからは「完熟梅」にしよう!

ってことで、来年は「冷凍完熟梅」でも梅シロップを作ってみます(^^♪

手作り梅シロップの使い方は?

手作りした梅シロップの使い方です。調べたキッカケは、試しに梅シロップを牛乳で割った梅ラッシーを試したら、超美味しかったから!

もともと炭酸水で割った梅ソーダーばかりだったけど、それ以降は梅ラッシーばかり。

「知らないのはもったいない!」ってことで、調べたのです (←食い意地はりまくり!)

ちなみにかき氷シロップとして、梅シロップをそのままかき氷にかけても美味しいよ♡

他にも、梅ミルクシャーベットや梅ドレッシング、梅ゼリーとかも作れるよ(^^♪

ママ

かき氷シロップとして使うなら、今回のように冷凍してない梅で、特に完熟梅で作った梅シロップがオススメ

手作り時間がする忙しい人には、市販の梅シロップもあるよ♪

毎回、梅シロップを作るたびに悩んでしまう、梅シロップを作った後の梅の使い道も調べました。定番の梅ジャム以外にも、梅の甘露煮、梅味噌、梅醤油etcも作れます♪