こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

失敗しないために、梅シロップ作りではいつも冷凍した梅で作ってるけど、冷凍しない方が美味しいって聞くけど、どうなの?

こんな疑問に、chayoが答えます。

ママ

冷凍梅と生梅の両方で梅シロップを作って、比較したよ。冷凍梅の方が早く梅シロップができたけど、味は生梅の方が美味しかったよ!

田舎暮らしを始めた年に、ご近所さんに青梅を貰ったのをキッカケで大好きになって、毎年つくるようになったのが梅シロップ。

梅を冷凍して作ったほうが失敗が少ないと聞いて、いつも冷凍梅で作っているけど、冷凍していない生梅の方が美味しいとも聞く。

そこでせっかくなので、2種類の梅で梅シロップを作り、比較してみました。参考にしてね!

愛犬

「冷凍していない梅」を「生梅」、冷凍している梅を「冷凍梅」とママは表記しているよ。また梅は、「青梅」のことだよ

冷凍梅と生梅とで梅シロップの比較実験!どう違う?

梅シロップの作り方

梅を下処理してから、梅と氷砂糖を入れて、梅シロップ作り。

今回は900mlの保存瓶に入るように、梅320g、氷砂糖300gで作ってます。発酵防止に入れている酢は、今回は入れてないよ。

尚、冷凍梅は1日以上、しっかりと冷凍させてます。詳しい手順は、こちらを見てね。

冷凍梅と生梅の比較①出来上がりの様子は?速さは?

同じ時に手に入れた梅で、どちらも6/21に作り始めました。

冷凍梅の方が、梅の色が黒いことと、梅シロップが早くできてきていることが分かります。

漬けた直後 1日後。生梅は梅が緑のままだが、冷凍梅は梅の色が変色。梅シロップもでき始めた
2日後。生梅の色が黄色に変わり始めた。冷凍梅は、梅シロップがかなりできている 3日後。生梅の梅がかなり黄色くなってきて、梅シロップもでき始めた
5日後。生梅も梅シロップが徐々にでき始めた。冷凍梅は、梅がかなりシワシワに 1週間後。冷凍梅はほぼ溶けて、上澄みなら飲めるほど。生梅も梅シロップができてきているが、氷砂糖が底にたまっている
10日後。冷凍梅は梅がシワシワだが、生梅はシワシワになってない 12日後。生梅もシワシワにはなり始めた。また冷凍梅は蓋を開けても音がしないが、生梅は開けたら、「プシュっ」と音がした
2週間後。生梅の梅もシワシワになってきて、氷砂糖もだいぶ溶けてきた。上澄みなら飲めるレベル 3週間後。しっかりと氷砂糖が溶けて、美味しい梅シロップの出来上がり♪
生梅での梅シロップ作りはガス抜きをしたほうが良いよ!

こちらは梅シロップを作り始めた12日後。なんとな~く、瓶の蓋を開けてみました。

すると冷凍梅は音がしなかったのに、生梅は開けたら「プシュっと」音がしました。

しかもその後に、右の写真のようにビックリするほどの泡が立ちました。ただしこの泡は、時間が経ったら無くなったよ。

最初は「発酵かな?」と思ったけど、調べると、発酵したら泡は消えないみたい。

でも「音がする=発酵」って言ってる人もいるし、コレ、発酵の一歩手前?二歩手前?

でも味には影響しなかったから、違うかもしれない。

ただし放っておくと、「いきなり瓶の蓋が飛んだ!」という人もいる。だから生梅で作る場合は、定期的に蓋を開けてガス抜きするのがベターです。

ちなみにその後も時々、瓶の蓋を開けてガス抜きしているけど、冷凍梅は音がしないけど、生梅は「プシュっ」と音がします。

上の写真では泡がすぐ消えたけど、発酵しているとこの泡が消えずに、ずっと泡立ったまま。もしそうなっていたら、次の記事を参考に対処をしてね!

生梅はちょっと崩れた?

氷砂糖がしっかり溶けた2週間後くらいから、写真ではわかりにくいが、冷凍梅のシロップは透明。

生梅はちょいと濁っていて、梅の皮(?)見たいのがちょいと浮いていたり。

生梅では、写真の赤丸のように一部が膨らんでいる梅もあったから(ガスのせい?)、そのせいで梅の皮(?)が剥がれたのかも。

たまたまかもしれないけど、冷凍梅にはこういう現象は見れなかったから、生梅の方が崩れやすそう。

ちなみにchayoはずぼらなんで、そのまま飲んでます。気になる人は、濾してね。

冷凍梅と生梅の比較②梅シロップの味の違いは?

作り始めて2週間後に、梅シロップの味を飲んで、比較しました。ちなみに、どちらも炭酸水で割ってます。

飲んだ感想は、冷凍梅は酸味が強くて、ちょいと酸っぱい。梅の風味がちょいと弱い

生梅の方が、梅の風味が濃いのに、酸味は弱くて、美味しい

chayoとパパリンの2人とも、飲んだ感想は同じでした。この結果にはビックリ。

今までほとんど冷凍梅で作って、その美味しさに病みつきでゴクゴク飲んでいたからね。こんなに味が違うとは!

ただ年に数回しか作らないから、こうやってちゃんと比べないと分からないけど。

ママ

梅を冷凍することで、繊維が壊れやすくなり、早くシロップができる。でも冷凍したことで、梅の風味が弱まったからだと思う

愛犬

作り始めて1週間後では試しに飲んだ時は、生梅は梅の風味が弱かった。でも2週間後はしっかりと強くなっていたよ。変わるもんだね♪

冷凍梅と生梅の梅シロップの比較まとめ

今回の実験で分かったことは、(※これからも随時Upします)

  • 作り始めて2週間後に飲み比べてみたら、冷凍梅は酸味が強い。生梅の方が、梅の風味が強くて、美味しい
  • 冷凍梅は生梅と比べて、梅シロップができてくるのが早い。上澄みを飲めるレベルになるのに、生梅なら2週間ほどかかるが、冷凍梅は1週間ほど!
  • 冷凍梅は生梅と比べて、梅の色が悪い (冷凍による変化?)
  • 冷凍梅はガス抜きが要らないが、生梅では蓋を開けてのガス抜きが必要
  • 冷凍梅はないが、生梅では皮の一部(?)が浮いているものもあった

冷凍梅と生梅は、どっちで梅シロップを作るのが良い?

今回の実験で分かったのは、味重視なら生梅で作ったほうが美味しい!

ただ出来上がりが早いのは冷凍梅!冷凍梅で作ったほうが、発酵しにくく、失敗しにくい。しかもガス抜きも要らない。

ってことで、「冷凍梅と生梅で、どっちで梅シロップが作るのが良い?」と聞かれたら、chayoの答えは、

ママ

初心者には冷凍梅で梅シロップを作ることをオススメします。ただ味にこだわりたい人やベテランさんには、生梅で作ってほしい!

この理由は、梅シロップ作りでは、初心者にとって、失敗しにくいことが一番大事だから!最初に失敗すると凹むからね。

ただ味にこだわりたい人やベテランさんには、生梅で作ることををオススメします。この味も、是非、試してほしい!

chayoは、「冷凍梅→生梅」でステップアップするのが、良いと思うよ(^^♪

ちなみにchayoは旬の時期に1年分を梅を大量にGETしていて、今までは冷凍梅オンリーで作ってました。

でもこれからは、梅の旬の時期は「生梅」で作って、それ以降は「冷凍梅」で作ります。あと早く飲みたいときは「冷凍梅」ね(^^♪

青梅ではない完熟梅で梅シロップを作ると、更に美味しいよ!

青梅がドッサリ手に入ったので、下処理をせっせこしていたら時間が経ち、気が付いたら追熟して、黄色い完熟梅に!

「青梅よりも完熟梅で作ったほうが、梅シロップは美味しい」とも聞いたので、完熟梅で試しに作ってみました。

桃のような香りで、梅の甘みも出て、ビックリするほど美味しい梅シロップができました。

梅シロップの味としては、「完熟梅>生の青梅>冷凍青梅」です。完熟梅での梅シロップ、マジでおすすめです(^^♪

ってことで、来年からは、「生梅」はできたら、「完熟梅」。長期間保存用の冷凍梅も、完熟梅にしてみよう。

それで「冷凍完熟梅」の梅シロップを作ってみようっと(^^♪

ママ

それにしても「梅シロップ」は、奥が深いです

手作り梅シロップの使い方は?

手作りした梅シロップの使い方です。調べたキッカケは、試しに梅シロップを牛乳で割った梅ラッシーを試したら、超美味しかったから!

もともと炭酸水で割った梅ソーダーばかりだったけど、それ以降は梅ラッシーばかり。

「知らないのはもったいない!」ってことで、調べたのです (←食い意地はりまくり!)

ちなみにかき氷シロップとして、梅シロップをそのままかき氷にかけても美味しいよ♡

他にも、梅ミルクシャーベットや梅ドレッシング、梅ゼリーとかも作れるよ(^^♪

ママ

かき氷シロップとして使うなら、冷凍した梅では梅の風味が弱くて味がぼやけるから、冷凍していない梅で作った梅シロップがオススメ

手作り時間がする忙しい人には、市販の梅シロップもあるよ♪

毎回、梅シロップを作るたびに悩んでしまう、梅シロップを作った後の梅の使い道も調べました。定番の梅ジャム以外にも、梅の甘露煮、梅味噌、梅醤油etcも作れます♪