こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

お肌に良いといわれるカレンデュラオイルの作り方を紹介します。あわせて使い方、効能も紹介するよ。

私はカレンデュラオイルを作りたくて、秋に種まきして、カレンデュラ(和名キンセンカ/英名ポットマリーゴールド)を育てています。

3月下旬から念願のカレンデュラの花が咲いたので、花を摘んで乾燥させて、カレンデュラオイルを作りました!

カレンデュラは「美容」だけだと思っていたら、妊娠線予防やあかちゃんにも使えるし、まさにマルチに使えます。

しかもこのカレンデュラオイルは、ヨーロッパでは各家庭に1本と言われているほど、暮らしに密着しているオイルです。

カレンデュラオイルの材料

ドライのカレンデュラを使って、オイルを作ります。フレッシュだと水分を飛ばす手間がかかるから、ドライを使ってね(‘ω’)ノ

  • ドライカレンデュラ
  • キャリアオイル
  • 消毒した保存瓶

尚、私が育てているカレンデュラはオレンジ色がほとんどだけど、黄色・オレンジ色が一般的とのことだよ。

カレンデュラはしっかり乾燥させたのを使ってね!

ハーブティーでもドライの方が3倍も薬効が高いといわれているし、これはオイルでも同じだと思う。

最初にドライにしたのは乾燥が足りなくて、オイルが色づくのが遅かったんです。

実際に左が乾燥が甘かったカレンデュラで約2週間ちょっとつけ込んだオイル。右が1日つけこんだオイル。

右の方がしっかり乾燥させたカレンデュラで作ったから、オイルの色が濃いでしょ?エキスの出方が違うんですよ。

だから自家製のカレンデュラを収穫してオイルを作るときは、パラパラになるほどしっかり乾燥させてね!驚くほど、違いがでます。

chayoは収穫したカレンデュラを花びらを、ボールなどに入れて天日干しで乾燥させてます。詳しい作り方は、下記を見てね。

キャリアオイルはボディー用を選んでね!

ここでキャリアオイルはハーブの香りや成分をうつすオイルのことで、たくさんの種類があるよ。

今回は市販のカレンデュラオイルで使われていたサンフラワーオイル(ひまわり油)を使いました。

キャリアオイルは脂性肌や乾燥肌など肌質との相性もあるから、自分の肌に合ったのを選んでね。

自家製のカレンデュラがない人は、市販のカレンデュラを使ってオイルを作ってね。

カレンデュラオイルの作り方

いよいよカレンデュラオイルを作ります。作り方は簡単です。

  1. 保存瓶を消毒し、乾燥させる (chayoは熱湯とエタノールで消毒したよ)
  2. カレンデュラを瓶に入れる
  3. カレンデュラが隠れるまで、キャリアオイルを注ぐ
  4. 瓶を軽く振って、キャリアオイルと花びらを混ぜて、蓋をする
  5. 2~4週間、日当たりのよい窓際におく。1日1回は瓶を振って、オイルと花を混ぜてね
  6. 茶こしや排水溝ネットで花びらを濾したら、完成♡
  7. 透明なキャリアオイルがオレンジ色になるよ!

これで美容たっぷりのカレンデュラオイルができました♡

カレンデュラオイルの濾し方

別のハーブでオイルを作ったときにキッチンペーパーで濾したら、キッチンペーパーがオイルを吸い込んで大失敗。

それからペーパーでない排水溝ネットや茶こしを使って、濾してます。

カレンデュラオイルの経過

つけてすぐ。キャリアオイルは透明だよ 1日後。なんと透明だったオイルが、色づいている!(瓶のふちをみてね)

カレンデュラオイルの使い方

美容液代わりに使う。蜜蝋と混ぜてクリームを作るのもおすすめ

カレンデュラはカサカサ肌に良いし、傷ついた肌の修復作用もあるから、美容液として使えるよ。

また蜜ろうと混ぜれば、フェイスクリームが作れるよ。しっとりだから、乾燥肌の人や冬にピッタリです♡

マッサージオイルとして使う

カレンデュラオイルはマッサージオイルとしても、おすすめ。

カレンデュラには血液循環を促進する作用があるから、これでマッサージすれば体内の老廃物の排泄するデトックス効果も期待できます。

それにパパリンは肩こりや首コリしやすいから、オイルを塗ってマッサージしている。

このオイルを使うと肌触りが滑らかで、マッサージがしやすくなるし、パパリンからもスッキリすると好評です♡

ちなみに手についたオイルを、私は顔に塗ってます(笑)

日焼け肌に塗る

オイルを塗れば、日焼けした肌の炎症を鎮めてくれるよ。肌の修復作用もあるから、日焼け肌にピッタリです。

あかちゃんのおむつかぶれ

殺菌作用や抗炎症作用、皮膚の保護作用があるから、あかちゃんのおむつかぶれにも使えます。

天然の鎮痛作用もあるから、おすすめです。

ただ娘が赤ちゃんの頃、多いときは1日10回ほどのうんちをして、おむつかぶれになったことがある。

その時は病院で処方してもらった下痢止めを飲んでからグンと良くなったから、そういう場合は小児科を受診すると良いよ。

カレンデュラオイルの作り方のまとめ

自分で育てたキンセンカを収穫して、干して、カレンデュラオイルを作りました。

秋にカレンデュラの種をまいて、春にようやく花が咲いて、収穫。

それから乾燥させて、オイルにつけて作りました。

つくるのに時間はかかるけど、自家製のカレンデュラオイルはすごく嬉しい(*^-^*)

自分で種まきしてからのオイルづくりだから、カレンデュラオイルに対しての愛着も人一倍♡

しかも市販だと高いカレンデュラオイルも、自分でつくるとコスパ最高だし、何よりも無添加で安心・安全です。

できたカレンデュラオイルは使い道がたくさんあって、あかちゃんのお尻かぶれにも使えるよ!

尚、カレンデュラは、育てるのは意外に簡単だよ。私は無肥料・無農薬で育ててます(‘ω’)ノ


chayoが作った手作りの化粧水やジェル、フェイスクリーム、オイル、虫よけスプレーなどをまとめました。意外にできるもんです。