ハーブや手作り化粧品に興味が出てきた私。ポットマリーゴールド(和名はキンセンカ。別名がカレンデュラ)を使ったカレンデュラオイルはお肌に良い♡ということを知り、興味津々!

でも苗はもちろん、なかなか種を売っていなかったんですよ。それがなんと近くのホームセンターで種を見かけて、うれしくて、衝動買い。これを育てて、それこそ種からカレンデュラオイルを作ります(。-`ω-)

この記事は、その成長報告です。ってことで、これからゆるゆると更新しくから、気長にお願いします(‘ω’)ノ

ママ

ポットマリーゴルドは、ホームセンターでよく売っているマリーゴールドとは別物だよ!そちらは観賞用で、虫除けにもなる。でも食用ではないし、ポットマリーゴールドのようなハーブではないから、ハーブティーもダメだよ!私も最初は間違えて、園芸用のマリーゴールドを買おうとしたから、気をつけてね!

ポットマリーゴールドの種を畑に撒く!

ポットマリーゴールは春と秋の種まきがあるけど、秋のほうが楽に育てられるとのこと(春まきだと夏の日照りでやられる)。

ってことで、10月3日の秋に2袋分の種を撒きました。種は目視できるくらいの大きさで、3センチ間隔で畑に直接撒くとのこと!

そこで畑に3センチ?間隔で種を撒いて、うっすらと土をかぶせました。その上から枯れた草を置いて、ちょいとマルチもしておきました。その後に水をあげて、あとは芽が出るのを待つ!

ちなみに種まきの時間はかなりかかったし、腰も痛くなったよ。畑仕事は、重労働ですわ(←他は全てパパリンに丸投げの悪魔的な私)。

4日後に芽が出たよ!

ポッドマリーゴールドの種を撒いて、4日後に芽が出たよ!写真は拡大しているけど、肉眼でも直ぐにわかる。これから大きくなってね!

種まいて10日後にはだいぶ大きくなってきた!

種を撒いて10日後の10/13の様子。だいぶ大きくなってきて、遠目にもはっきりと芽が出ているのがわかるよ!

ポットマリーゴールドの経過観察

本葉が2~3枚になったら鉢や畑に植え替えするとのこと!その場合は、株間30センチ。

10/17(14日後) 芽が大きくなってきたよ! after

カレンデュラの活用

ドライにしてカレンデュラオイルを作る!

カレンデュラは咲いた花をドライにして、オイルに漬け込むとカレンデュラオイルになって、お肌に良いとのこと♡私はこれが作り、更にそのオイルを使って蜜ろうクリームを作りたいのです!(^^)!

ラベンダーでオイルを作って、蜜ろうでフェイスクリームを作っているけど、簡単にできるし、超しっとりなんで、それからはリピしまくってます。保育園の乾燥肌の娘にもお風呂上りに使っていて、おかげで寒い時期のカサカサが減ったよ。これを、種から育てたカレンデュラで作るのだ(。-`ω-)

食べたり、ハーブティーで楽しむ!

カレンデュラは、食べられるハーブです。サラダやスープにも使えるとのことですよ。ハーブティーとしても飲めて、しかも粘膜や胃の炎症を抑えてくれるし、毒素の排出も良い。更には生理痛にもいいし、更年期障害のを緩和する効果もあるとか!女性に嬉しいハーブです。

ポットマリーゴールドとマリーゴルドは別物だから気を付けて!

上にもちょこっと書いたけど、ポットマリーゴールドとマリーゴルドは別物です。名前がややこしいから、間違えやすいけど、よくホームセンターで見かけるのは観賞用のマリーゴールド。

だからかポットマリーゴールドを、カレンデュラと呼ぶのが一般的とのこと。学名はCalendula officinalis。ちなみにofficinalisは薬用のという意味。尚、和名はキンセンカ。ややこしいわ~(@_@)

スポンサーリンク