お庭で育てているレモンバーム。レモンのいい香りがして、お茶にすると美味しいんだな~♡夏を乗り越えて、レモンバームが大きくなってきた!

いつでも楽しみ楽しみたいんで、愛用の干しネットで乾燥してみました!

これでレモンバームがいつでも楽しめる!と思ったら、数日後に見てみたら、レモンバームの葉が真っ黒( ゚Д゚)

なんで?とググってみたら、原因は「レモンバームの水切り不足」。レモンバームを干す前に、ササっと洗って、軽く水を切ったんだけど、レモンバームはしっかり水を切ってから干さないと、太陽の光で黒くなってしまうとのこと!

ちなみにある人は、天気の良い日に車の中で干しているそうな。確かに車の中なら、暑くなるからね~。

でももう10月になったし、雨がやたら多くて、乾燥させるには不向き。それにレモングラスを干したら、カビさせて失敗したし。しかも乾燥させると、香りも弱くて、レモンの香りがしない。っていうか、違う香り?

レモングラスを冷凍してみたら、これがフレッシュと同じように香りがよくて、おいしかったんです♡

ってことで、今回レモンバームでも冷凍保存を試してみる!

レモンバームを収穫して冷凍保存!

  1. レモンバームを先から適当な長さにカットして収穫
  2. 茎からちぎって、葉だけにする。その時に、茶色くなっている葉や虫に食われている葉は除く
  3. 水でササっと洗って、水気をふき取る
  4. ジップロックに入れて冷凍庫へ入れる

冷凍したレモンバームでアイスティーを作る!(ホットもおいしいよ(‘ω’)ノ)

早速、冷凍したレモンバームでアイスティーを作る。冷凍したレモンバームを見たら、ひっついてないから、必要な分だけを簡単に取り出せる♪

水気のふき取りが甘くて、ちょいと霜がふっちゃった。でも冷凍なら、そのままお湯に入れちゃえば大丈夫!ドライにするなら太陽の光で黒くなっていたことを思うと、冷凍は楽ちんですわ(←大雑把!)

冷凍レモンバームのアイスティーの作り方

作り方は生のレモンバームと同じ。今回はアイスティーだから濃いめに作ったけど、ホットでもレモンの香りがして、おいしいよ(*’ω’*)

  1. 冷凍レモンバームをポッドに入れる
  2. お湯を注ぐ (※氷で薄まるから少なめで!)
  3. 蓋をして3分ほど蒸らす
  4. 氷をいれたグラスに注いで、完成♡

冷凍したレモンバームをお茶にしてみた感想

生と同じで、フレッシュのような味と香りがして、おいしい!コレ、良い!(^^)!ドライにすると香りが弱まったし、水気が少しでも残っていると太陽熱で黒くなっちゃうけど、冷凍なら香りも弱まらないし、ふき取りが甘くても大丈夫!これは大雑把人間の私にはピッタリです♡

私はレモンバームはハーブティーで楽しむから、これからはドライじゃなくて冷凍にしよう!

しかもフレッシュだと、わざわざ外に行って収穫しなくちゃいけないけど、カットして冷凍しておけば手軽に楽しめるのも、うれしいポイント!(←面倒くさがり屋です)。雨でも手軽に楽しめますわ♪

「ハーブはドライにして保存!」って思っていたけど、冷凍保存のほうが手軽だし、香りも生と同じようないい香りだから、冷凍保存はおすすめです。

ママ

レモンバームはホットでも美味しいし、単独で淹れても美味しいハーブティー。私はアイスティーの方が好きで、レモングラスとブレンドしたりして楽しんでます♪

カモミールを花だけとって冷凍にしたら、美味しいハーブティーができたよ。カモミールも冷凍保存がおすすめです♡

スポンサーリンク