こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

苗から育てているレモンバームの育て方をまとめます。あわせて使い方、増やし方を紹介します。

これからゆるゆると更新していくので、気長にお願いしますね(‘ω’)ノ

レモンバームはちょっと甘酸っぱいレモンの香り。

古代ギリシャの時代から「長寿のハーブ」として知られてます。

またミツバチがレモンバームの花を好きなことから、ギリシャ語でミツバチを意味する「メリッサ」とも呼ばれているよ。

ちなみにレモンバームは単独で淹れても美味しいハーブティー。

ほんのりレモンの風味がして、スッキリだからchayoはアイスハーブティーで楽しんでます♡

それでいて健康全般に良いから、嬉しい限り♡

レモンバームの育て方

やや湿り気がある肥沃な土地が良い。

日光が大好きだけど、夏の直射日光があたると葉が茶色く縮れたように枯れる葉やけを起こすことがある。

だから夏は鉢なら朝だけ日が当たる場所にし、地植えなら日よけをすると良い。

また水をあげすぎて根が腐ったり、根詰まりをしているとき、葉が多くて蒸れているときに、葉が黒くなる

その場合は、大きめの鉢に植え替えしたり、水やりを減らしたり、剪定すると良い。

レモンバームの育て方ポイント

  • 高温乾燥時期はハダニがつくことがあるから、早朝や夕方に葉水をあげる。葉裏へのシャワーも忘れずに!
  • 水切れしたり、肥料不足になると、葉が黄色くなる
  • 6月~7月頃に白い花を咲かせるが、花が咲くと葉が固くなるから、花の開花前に剪定しておくと良い
  • 鉢植えの場合、水切れに注意。大きめの鉢に植えるといいよ
  • 耐寒性が強い

レモンバームの成長記録

レモンバームの成長記録です。

夏の間の写真を撮り忘れるという痛恨のミスをしたが、夏はググっと大きくなり、濃い緑色の葉がわさわさ出てました。

秋になったら葉が黄色くなって、香りも弱くなったから、夏の間にいっぱい収穫しておくといいよ!

4/29 10/8 夏の間は青々していたけど、10月では葉がちょいと黄色くなっている。もう少しで終わりかな?
10/25 ふと見たら茶色くなっていた。慌てて、枯れた枝を剪定する! 10/31 だいたんに剪定したら、根元から緑色の葉っぱが出てきたε-(´∀`*)ホッ
11/7 越冬準備で地植えして、マルチしたよ!

レモンバームの越冬準備

レモンバームは耐寒性があるハーブ。関東以南の地域では、防寒対策はほとんど必要ないとのこと。

雪が降る地域では地上部が枯れるけど、春になるとまた芽を出すよ。

chayoが住んでいるのは山間部。霜がしょっちゅうおりるし、冬は2回ほど雪が降る。

心配だから、以下の越冬準備をしたら、無事に越冬できて、春に芽吹いたよ♡

  • 根元にマルチングをする
  • 剪定をする
  • 鉢植えの子を地植えする

レモンバームの増やし方

挿し木か株分けで増やせるよ。時期は4~6月、9~10月がおすすめ。

種を撒いても育てられる。だから花が咲いたら、こぼれ種でも増えるよ♪

レモンバームの挿し木のやり方

レモンバームは挿し木で増えるよ。時期は夏以外の春か秋にできます。

レモンバームの挿し木もほぼラベンダーやローズマリーと同じです。

chayoはいつも以下の手順で、ラベンダーを挿し木をやっているよ。

意外に簡単にできるから、今度はレモンバームもやってみよう(。-`ω-)

  1. 元気な親株を選んで、枝の先端から8~10センチくらいで切る
  2. はさみで根っこを斜めに切る
  3. 下から1/3は土にさすので、そこの葉をとる (※とった葉は料理や何かに使えるよ!)
  4. コップに水を入れて、1~2時間吸水させる
  5. 挿し穂を土に挿す (私は挿し木に向いているバーミキュライトを使ったよ!)
  6. 水をたっぷりあげて、指でギュギュッと押して、挿し穂と土を密着させる
  7. 半日陰で、風通しが良い場所に置く
  8. 1ヶ月~1カ月半、毎日水をあげながら、根が出るように管理する

参考までに。

レモンバームの株分けのやり方

株分けは春か秋にやります。鉢植えなら1~2年で植え替えするから、その時に株分けするといいよ('ω')ノ

  1. 株を掘り上げる
  2. 根をほぐして、わける場所を探す
  3. ハサミやナイフで、根っこを切り分ける
  4. 土に植える

種からも増やせるよ!

種からも育てられます。花穂を数個残しておけば、種を付けてこぼれるから、それで増えるよ!ただ花をつけちゃうと葉が固くなるから、ハーブティーとして楽しむ場合は花をなるべくとっちゃうのが良いよ。

スポンサーリンク

レモンバームの使い方

レモンバームは単体で飲んでも美味しいハーブ。だから、断然ハーブティーがおすすめ

chayoはフレッシュで楽しむのが好き。アイスでもホットでも両方とも楽しんるけど、特にアイスがサッパリして好き!(^^)!

ママ

レモンバームは抗うつ作用、頭痛緩和、老化防止、他にも消化を助ける効果があるよ!「長寿のハーブ」と言われるだけあるね

レモンバームのハーブティーの淹れ方

  1. レモンバームを先から適当な長さにカットして収穫
  2. 茎からちぎって、葉だけにする。その時に、茶色くなっている葉や虫に食われている葉は除く
  3. レモンバームをティーポッドに入れる
  4. お湯を注ぐ
  5. 蓋をして3~分ほど蒸らす
  6. カップに注いで完成♡

ポッドに注ぐお湯を少なくてして、氷いっぱいのグラスに注げばアイスティーになるよ!アイスもすっきりとして美味しいよ♡

レモンバームを干すときは注意して!

レモンバームを軽く洗って、干してみたら、なんと黒くなった!

調べてみたら、原因は「レモンバームの水切り不足」。

水気を少しでも含んだまま太陽の光にあてると黒く変色してしちゃうとのこと。

香りも良くないし、残念(ノд-。)クスン

ってことで、ドライにするときは注意してね!調べてみると、直射日光が当たらないように、家の中で干したりしているよ。みなさん、工夫しております。

chayoはハーブティーで楽しみたい人なので、冷凍してみたら、これが良い!

フレッシュと同じ香りで味だし、収穫に行く手間がないから手軽に淹れられるし、長い期間保存できる。おすすめだよ!

レモンバームチンキを使っても化粧品に使えるよ!

ドライのレモンバームをアルコールに漬けてつくるレモンバームチンキを使ると、化粧品に使えるとのこと。

いい香りがするから、今度やってみよう(。-`ω-)

ちなみに使うアルコールは40度以上の無臭蒸留酒。ウォッカやホワイトリカーetc

レモンバームは虫刺されにもいいよ!

虫に刺されたら、フレッシュのレモンバームをその個所にあてると、かゆみが和らぐとのこと。畑にも、お庭にも悲しいほどに蚊がうじゃうじゃいるから、今度やってみよう!

レモンバームを育てている感想

レモンバームは初心者でも育てやすいハーブ。

chayoはほぼほったらかしでも大きくなったからね。

っていうか、本当は夏の間にググっと成長したときに、もっと収穫しておけばよかった。

1年目はちとズボラすぎて、そういう点でも失敗しました。

レモンバームは甘酸っぱいのに、さわやかで、chayoの好きな香り♡

ハーブティーにすると、この香りが立ち込めて、美味しいんだな~。

クセのない味で、飲みやすいよ!

それでいて「長寿のハーブ」といわれるほど、体にもいい。これは飲むっきゃない!

それにこの香りから、リラックス効果もあるし、ハーブチンキにすると化粧品としても使えるとか。

来年はもっとちゃんと育てて、いっぱい収穫しよう。

そしてドライにも挑戦して、ハーブチンキも作ってみよう(^o^)丿