ヒドイ風邪をひいて、喉が痛くて、声が出なく、常にイガイガでヒリヒリ状態。育てているセージやタイムでうがい薬を作って試してみたら、これがアタリ!喉がすごくスッキリしたよ。これで何度もうがいをしていたら、だいぶ楽になったので、紹介します。もちろんハーブだから、飲んでも大丈夫だよ(●´ω`●)

ちなみにこの風邪、夜に寝ようとすると咳こんじゃって、なかなか眠れないほど。しかも超長引いて、3週間以上続いたよ。おまけにマスクをしていなかったら、パパリンや娘にもうつしちゃって、大反省。それからは寝る時もマスクをして、葛根湯を飲んでぐっすり寝て、治すことを専念するようにしました。体が資本です!

セージのうがい薬の作り方

作り方っていうほどおおげさなもんじゃないです。超簡単です。一言でいうなら、「濃い目のハーブティー」(`・ω・´)

  1. お庭からセージをとってくる
  2. 葉だけをとって、水でササっと洗う
  3. ポッドに入れて、お湯を注ぐ
  4. 蓋をして5分蒸らす
  5. 葉を濾して、出来上がり!

超簡単。でもこれでウガイするとノドに良い!最初口に含んだ時はあまりの清涼感にびっくりして、吹き出しちゃった( ゚Д゚)。まさに強力ミントって感じ!でも喉が楽になるよ。

ひどいときは、特に朝起きぬけには声が出なかったけど、これで何度かウガイすると、しゃがれた声でもなんとか出せるようになりました(*^-^*)

うがい薬は、ペットボトルに入れておくと便利だよ!

私はうがいをしやすいように、冷めてから500mlペットボトルに入れて、冷蔵庫に入れて保存。うがいする時にコップに注いで、うがい薬として使ってました。日持ちはしないから、1~2日ほどで使い切ってね。また濃すぎる時は、水で薄めて調整してくださいな。

セージは生でもドライでもOK!

うがい薬に使うセージは、生でもドライでもOK!パパリンがノド風邪がヒドイ私のためにたっぷりとってきてくれたから、最初は生。残りはネットで乾燥がてら干しておき、翌日以降はそれを使いました。

うがい薬にタイムも良いよ!

実はうがい薬としてハーブの本で紹介されていたのは、タイム。それを私は間違えてセージでやったんだけど、あまりにもよかったんで、暫くはセージでウガイしてました。

その後に本にあるようにタイムでうがいをしてみたら、タイムも良い(*‘∀‘)セージよりも清涼感は少ないけど、我が家はレモンタイムだから、ほんのりレモンの香りがしたし、セージよりも穏やかな味なんで、保育園の娘にはこっちの方がよさそう。

作り方もセージと同じで、葉をポッドに入れて、お湯注いで、5分蒸らしただけ。「濃い目のハーブティー」です!

セージとタイムのブレンドが、私はおすすめ!

セージだと効果はあるけど、刺激が強いのもあって、その後はセージとタイムのブレンドして、うがい薬にしてます。その方が清涼感もあるけど、タイムの穏やかさもあって、うがいしやすいよ!ブレンド量はお好みでね(‘ω’)ノ

ハーブのセージとタイムでのうがい薬はおすすめ!

ハーブのセージとタイムには、どちらも殺菌作用があるんです。だからウガイすると、喉のイガイガが楽になるよ~。しかもハーブだから、もし間違って飲んじゃってもOK。安心・安全なウガイ薬です(●´ω`●)。

最初はセージでうがいしていたけど、あまりにも強力スッキリな味なんで、タイムを試してからはタイムとのブレンドが一番お気に入り♡タイムは穏やかな味なんで、小さい子供にはタイムのみがおすすめです。

セージとタイムを我が家は育てているから、気軽に使えるのも嬉しいところです♡ぜひ、お試しあれ!

尚、風邪の本番は冬。でも冬は残念ながら、ハーブが枯れちゃう時期。そこで干してドライにしようと思ったけど、レモンバームやレモングラスで失敗したこともあって、冷凍保存してみました。そうしたらフレッシュと同じような清涼感で、良かったよ!冷凍保存はおすすめです!

ハーブを育てていない人は、こちらのハーブティーを常備しておくのも、おすすめ!セージはハーブティーとしては微妙かもだけど、うがい薬にぴったりだよ!

また喉が痛いとき、同じく殺菌作用が高いというシソジュースをがぶ飲みしてました。そうしたらだいぶ楽になったよ!赤シソだけじゃなく、青シソでもOKだから、シソがあるならジュースもおすすめです。