こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

ご近所に柚子がいっぱいあるので、試しに柚子シャーベットを作ってみたら美味しかったので、作り方を紹介します。

作り方も面倒ではあっても、難しくはないよ。

出来上がったシャーベットは、ゆずのほろ苦い風味が口いっぱいに広がる。そんな大人のお味です♡

ゆずシャーベットの材料

  • 本ゆずの皮 3個
  • 本柚子の果汁 4個分
  • 生クリーム 180ml(1パック)
  • 水 600cc
  • 砂糖 200g

尚、生クリームは中途半端な量だともてあましちゃうから、1パック全てを使う分量です。だから大量のシャーベットが出来上がりました(笑)

ママ

生クリームは植物性の安いホイップクリームを使ったよ!

ゆずシャーベットに使うゆずは?

ゆずは花柚子と本ゆずがあって、一般的に”ゆず”は本ゆずのことで、花柚子よりも大きい。

chayoは本柚子で作ったけど、花柚子でも作れるよ。ただ花ゆずなら、本ゆずよりも2倍くらいは必要だよ。

尚、ゆずの風味がかなり強いから、ゆず皮も果汁も減らしてもOKです!

ゆずシャーベットの作り方

  1. ゆずは軽く洗い、水気を拭き取る
  2. ゆずを半分に切り、ボールの上にザルを置いて、軽く絞って、果汁をとりだす(※ゆずの種をとっておくと、化粧水が作れるよ!)
  3. ゆずの実は手でひっぱって取って、皮だけにしておく

  4. ゆずの皮をすりおろす。できない部分は、包丁でみじん切り
  5. 鍋に水と砂糖を入れて、沸騰させてシロップを作る
  6. シロップをボールにうつす
  7. ボールを2重にして、シロップが入っているボールの底に氷や冷水をあてる
  8. ゆず果汁を加えて、かき混ぜる
  9. しっかりと冷めたら、ゆずの皮と生クリームを加えて混ぜる
  10. 別の蓋つきの容器に移し、冷凍庫へ入れる (※蓋つきの方が安心だよ!)
  11. 2時間~6時間ほどしたら半分固まってくるので、スプーンで全体をかき混ぜる
     
  12. 2時間ほどしたら、再度かき混ぜる
  13. あと2回ほど繰り返したら完成♡

ゆず皮をすりおろしたほうが口当たりは良いと思うけど、コレ、てこずります。特に皮がやらかい花ゆずだと、ふにゃふにゃで大変。

だからすりおろせる分だけすりおろして、後は包丁でみじん切りにしてます。

ママ

冷凍庫に入れたら、かき混ぜないと、クリームが分離しちゃうよ。面倒でも、カチコチに固まる前に、かき混ぜてね!

ゆずシャーベットを小分けして冷凍すると良いよ!

chayoは昼にゆずシャーベットを作り始めたのに、冷凍庫へ入れて2回かきまぜた頃には、すっかり夜遅い。

それで寝て、朝起きてチェックしたら、カチコチでかき混ぜられなかった…。もう一回かき混ぜたかったのに。

面倒くさがり屋なんで、冷凍庫へしまうとき全部一緒に入れて固めたけど、量が多すぎて固まるまで時間がかかってしまったのが原因。

少量ならもっと早く固まるから、小分けして冷凍庫で固めることを、マジおすすめします('ω')ノ

ゆずシャーベットの作り方のまとめ

ゆずが大量にあって、いつもゆずポン酢やゆずジャムを作ります。

今回他のレシピを探して、今回ゆずシャーベットを作ってみました。

ゆずの風味がしっかりして、食べると口の中がサッパリして、美味しい♡

作るのは手間だけど、満足できるお味です(*'ω'*)

尚、保育園の娘はアイス好き。でもゆずシャーベットは子供の口にはあいそうもない、大人のお味。

だから娘の前で食べる時には、娘には別のアイスクリームが必要ですね(笑)。

 

ゆずはご近所にいっぱいあって、身近な食材。でも意外にみんな、ゆずを持て余し気味。

貧乏根性で調べてみたら、ゆずって実はゆずポン酢、ゆずジャム、ゆず酒といろいろ作れるし、ゆずの種で化粧水も作れちゃうんです♪

ちなみに「柚子ください!」と図々しくアピールし、ウキウキでゆずをもらっているchayoは、かなりの変人です(笑)