こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

たらの芽を貰ったから天ぷらにしたいけど、どう下処理すればいいの?トゲはとるの?あく抜きは?

こんな疑問に、山里へ移住してから、毎年ご近所さんからタラの芽をもらっているchayoが答えます。

ママ

収穫したら、ハカマをとって虫取りし、ガクをとって下処理。天ぷらなら、トゲとりもあく抜きも要らないよ

今回は収穫後のタラの芽の虫取りのやり方から、天ぷらにするまでの詳しいレシピを紹介します。

chayo家は、ご近所さんがタラの芽を育てていて、許可をもらって収穫させてもらっています。

だから春になると、たらの芽を見ながら、ワクワク&そわそわ(笑)。そして初物は、必ず天ぷらです!

尚、虫とりのやり方は、たらの芽を育てているご近所さんから教えてもらいました(‘ω’)ノ

収穫後のタラの芽の虫とりと下処理のやり方は?

こちらは収穫したばかりのたらの芽。

収穫後のタラの芽の虫とりのやり方

たらの芽には黒い小さい虫がくっついて、だいたいがハカマの中にいます。

そこでまずはハカマを手でとります。こんな風に手で簡単にとれるよ。

奥が(矢印)ハカマをとったもので、手前(矢印)がとる前です。

とり終わったらボールに入れて、外で1時間ほど放置。そうすれば虫はかなり減ります。

でも虫はちょいちょい残っているから、その後にもしっかりチェック。chayoは見つけたら、手でブチっとつぶしてます。

気になるなら、水をいれたボールにつけておいても良いよ。

ママ

以前はハカマをつけたまま外に放置していたけど、ハカマをとって放置したほうが虫がいなくなるよ

収穫後のタラの芽の下処理

  1. 下の硬いところを包丁で切り落とし、面取りする
  2. 火が通りやすいように断面に十字の切り込みを入れて、完了!
たらの芽のとげぬきとあく抜きは?

他の料理なら必要だけど、天ぷらにするなら、あく抜き(下茹で)は要らないです。

またトゲぬきも不要。作業しているとトゲがちょいと痛いけど、天ぷらにすると不思議なことに全く気にならないよ!

収穫後のタラの芽の天ぷらのレシピ

下処理をしたタラの芽を、天ぷらにします。

  1. 分量通りに天ぷら粉を水に溶く
  2. たらの芽に衣をつける
  3. 高温の油でカラッと揚げて、完成。娘が好きな鶏肉のムネを使った天ぷらと一緒です♡

chayoはいつも天ぷらはめんつゆで食べるけど、たらの芽の天ぷらは粗塩や柚子胡椒をつけてます!

たらの芽の天ぷらを上手に作るコツは?

何度か天ぷらを作って分かったコツは以下の2つ

  • 油が高温になってから、揚げること!衣を油におとして、すぐに浮き上がってくるまで温度を上げてから、揚げてね
  • 揚げすぎない。油に入れると大きな泡が出てくるけど、それが小さい泡になったら引き上げるタイミング。時間は1分半ほどと短時間でもOK!
ママ

暑い時期に料理するなら、てんぷら粉と水はしっかりと冷蔵庫で冷やしておいたのを使うと良いよ

小さい子供には鶏むねの天ぷらがオススメ!

保育園の娘には、タラの芽の評判はイマイチ。そこで毎回、鶏むね肉の天ぷらを娘用に作ってます。

っていいながら、パパリンもchayoも大好きなんだけどね(*^-^*)

作り方は簡単。ちなみに1回あたり、鶏むね肉を半枚~1枚の分量で作ってます。

  1. トリ胸肉を薄く、斜めにそぎ切りにする
  2. てんぷら粉につける
  3. 高温でジュワっと揚げる
愛犬

鶏もも肉を天ぷらにすると脂っこくなるから、ムネ肉で作るのがオススメだよ。コスパも良いしね♡

収穫後のタラの芽の虫とりから、天ぷらレシピのまとめ

たらの芽の収穫後には、黒い小さい虫がついているから、まずはハカマをとって虫干し。

その後に面取りして、天ぷらにしています。

たらの芽は山菜独特の苦みが少なくて、トロっとしていて、至福のお味。まさに春の味覚です♡

手間はかかっても、その手間が惜しくないお味。chayoは大好きです。

たらの芽を収穫するために、わざわざ山に入って探す人がいるのも、納得です。

尚、chayoはたらの芽を何度もたくさん貰えるから、chayoは肉巻きと天ぷらを毎年作ってます。

肉巻きは、肉の味にまけずにタラの芽の風味をしっかり味わえるし、天ぷらよりもアッサリ食べられてオススメですよ!

またこちらには、たらの芽の保存方法をまとめました。たらの芽は傷みが早いから、すぐに食べない場合は冷蔵保存がおすすめ。長期保存なら、冷凍保存か塩漬けです!