こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

毎年たらの芽をいただくので、虫とりと下処理のやり方。あわせて天ぷらのレシピを紹介します。

ご近所さんがたらの芽を育てていて、もらえる環境です。春先になると、毎年楽しみでワクワクしています。

たらの芽はクセもなくて、まさに至福の味だよ♡

ちなみに虫とりのやり方は、ご近所さんから教えてもらいました。

たらの芽の虫とりと下処理

こちらは収穫したばかりのたらの芽。

たらの芽の虫とり

たらの芽には黒い小さい虫がくっついて、だいたいがハカマの中にいます。

そこでまずはハカマを手でとります。こんな風に手で簡単にとれるよ。

奥がハカマをとったもので、手前がとる前です。

とり終わったらボールに入れて、外で1時間ほど放置。そうすれば虫はかなり減ります。

でも虫はちょいちょい残っているから、その後にしっかりチェック。chayoは見つけたら、手でブチっとつぶしてます。

気になるなら水をいれたボールにつけておくと、良いよ。

ママ

以前はハカマをつけたまま外に放置していたけど、ハカマをとって放置したほうが虫がいなくなるよ

たらの芽の下処理

  1. 下の硬いところを包丁で切り落とし、面取りする
  2. 火が通りやすいように断面に十字の切り込みを入れる

天ぷらにするなら、あく抜きが要らないから、これで完了です。

下処理をしているときはトゲがちょいと痛いけど、天ぷらにすると不思議なことに全く気にならないよ!

たらの芽の天ぷらレシピ

下処理をしたタラの芽を、天ぷらにします。

  1. 分量通りに天ぷら粉を水に溶く
  2. たらの芽に衣をつける
  3. 高温の油でカラッと揚げて、完成♡天ぷらはめんつゆにつけて食べたりするけど、たらの芽は粗塩のほうが美味しいよ!

chayoは、たらの芽の天ぷらが大好き!

口の中いっぱいにタラの芽の風味が広がって、最高。まさに至福の時間です(´ω`*)

ちなみに保育園の娘はタラの芽を食べないから、一緒に鶏肉を薄切りにして、天ぷらにしています(モモよりもムネのほうがおすすめ)。

尚、写真の時は、タケノコも一緒に天ぷらにしました。

収穫したたらの芽の虫とりと下処理。天ぷらの作り方のまとめ

たらの芽は収穫したら、黒い小さい虫がついているから、まずはハカマをとって虫干し。

その後に面取りして、天ぷらにしています。

たらの芽は山菜独特の苦みがなくて、トロっとしていて、最高の味。まさに春の味覚♡

手間はかかっても、その手間が惜しくないお味です!

これをとるためにわざわざ山に入るのも、納得ですわ。

たらの芽を何度かいただくので、chayoは肉巻きと天ぷらを毎年作ります。

肉の味にたらの芽は負けず、しっかり味わえるし、天ぷらよりもアッサリ食べられるよ!

たらの芽の保存方法をまとめました。たらの芽は傷みが早いから、すぐに食べない場合は冷蔵保存がおすすめだよ!