こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

毎年たらの芽をいただくので、虫とりと下処理、あく抜きのやり方。あわせて肉巻きのレシピを紹介します。

たらの芽は天ぷらが一般的だけど、肉巻きにしても美味しいよ♡

chayoはいつも、天ぷらと肉巻きを作ってます。

ご近所さんがたらの芽を育てていて、もらえる環境です。春先になると、毎年楽しみでワクワクしています。

たらの芽はクセもなくて、まさに至福のお味だよ!

ちなみに虫とりのやり方は、ご近所さんから教えてもらいました。

たらの芽の虫とりと下処理

こちらは収穫したばかりのたらの芽。

たらの芽の虫とり

たらの芽には黒い小さい虫がくっついて、だいたいがハカマの中にいます。

そこでまずはハカマを手でとります。こんな風に手で簡単にとれるよ。

奥がハカマをとったもので、手前がとる前です。

とり終わったらボールに入れて、外で1時間ほど放置。そうすれば虫はかなり減ります。

でも虫はちょいちょい残っているから、その後にしっかりチェック。chayoは見つけたら、手でブチっとつぶしてます。

ママ

以前はハカマをつけたまま外に放置していたけど、ハカマをとって放置したほうが虫がいなくなるよ

たらの芽の下処理

  1. 下の硬いところを包丁で切り落とし、面取りする
  2. 火が通りやすいように断面に十字の切り込みを入れる

たらの芽のあく抜きのやり方

天ぷらはあく抜きが要らないけど、肉巻きではあく抜きをします。

  1. ボールに水をはり、たらの芽を15分ほどつける
  2. 鍋に水をはり、少し塩を入れて、沸騰させる
  3. 沸騰したら、3分茹でる(※新鮮なたらの芽は、くぐらせるだけでOK)
  4. 水で冷やす

たらの芽は下処理しているとトゲがちょいと気になるけど、お湯にくぐらせれば気にならなくなるよ。

たらの芽の肉巻きの作り方

下処理とあく抜きが終わったので、肉巻きにします。

  1. たらの芽に肉を巻く(※どの肉でもOK。この時は牛肉)
  2. フライパンに油をしいて、転がしながら、まんべんなく焼けば完成♡粗塩かわさび醤油でどうぞ!

食べると口の中にいっぱいに、たらの芽の香りが漂うよ。

しかも天ぷらよりも香りがいいし、胃がもたれません!(←40歳代には重要ポイント!)

始めて作るときに、たらの芽が肉の味にまけるのか心配したけど、全然まけてません。しっかりとタラの芽の味を味わえるよ!

ちなみにchayoは粗塩、パパリンはわさび醤油で食べてます。保育園の娘は、お肉だけを食べてます。

収穫したタラの芽の下処理とあく抜きの方法と肉巻きのレシピのまとめ

たらの芽は収穫したら、黒い小さい虫がついているから、まずはハカマをとって虫とり。

その後に面取りして、あく抜きをしてから、肉巻きにしています。

手間はかかるけど、それに見合うお味です。

たらの芽は山菜独特の苦みがなくて、トロっとしていて、美味しい。まさに春の味覚で、毎年食べるのを楽しみにしています。

山里移住は大変なことが多いけど、それでもたらの芽を春に食べられるようになったのは嬉しいです(*^-^*)

たらの芽は天ぷらが一般的だけど、肉巻きもすごく美味しい。

むしろ天ぷらよりもアッサリ食べられて、40歳代のchayoとしては肉巻きの方が好きかも。お試しあれ!

たらの芽の保存方法をまとめました。たらの芽は傷みが早いから、すぐに食べない場合は冷蔵保存がおすすめ!

たらの芽の天ぷらはド定番だけど、やっぱり美味しいよ♡