こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

たらの芽をいっぱい貰って、すぐに食べきれない!どうすれば長く保存できるの?

こんな疑問に、毎年春にタラの芽をたくさん貰っているchayoが答えます。

ママ

たらの芽は、傷みが早いので、冷蔵保存が基本。食べきれないときは冷凍保存や塩漬けもあるよ!

ってことで、今回は、春の味覚。たらの芽の保存方法を紹介します。

尚、chayo家のご近所さんがタラの芽を育てていて、許可をもらって、たくさん収穫しています♡

たらの芽はまさに春だけの味覚で、美味しい。毎年ウキウキと食べているけど、一度にたくさん芽吹くと、食べきれないほどの量にも。

そこで今回、たらの芽の保存方法を調べたので、まとめました。春の味覚を、美味しくいただきましょー!

たらの芽の保存方法とは?長期保存方法は?

たらの芽は傷みが早い。昼間に収穫したばかりのタラの芽をそのまま置いたら、夜にはしんなりしていたほど。

香りもとびやすいし、早く食べるのが基本です。

そんなタラの芽の保存方法は、下記3つです(‘ω’)ノ

  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存
  • 塩漬け

それぞれの保存方法を紹介します。

たらの芽の冷蔵保存のやり方は?

手軽にできる方法で、冷蔵保存で2-3日はもちます。風味もそのままだし、収穫したらすぐに保存してね!

  1. 収穫したタラの芽は手でハカマをとり、外に1時間放置して、虫とりする

  2. たらの芽をちょっと水で濡らして、乾燥しないように新聞紙にくるむ (※写真は冷蔵保存した翌日)
  3. 穴をあけたビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存

たらの芽はハカマの中に黒い小さい虫がいることが多いので、chayoはハカマをとって虫とりをしてから保存してます。詳しいやり方は下記を見てね。

たらの芽の冷凍保存のやり方は?

風味は落ちるけど、冷凍保存だと1か月ほど長持ちします。

  1. ハカマをとって、外に1時間放置して、虫とり
  2. 下の固いところを包丁で切り落とす
  3. 小分けにして、サランラップで包むかジップロックに入れて、冷凍保存

こうして下ごしらえだけしておけば、簡単に調理できて便利だよ!

冷凍保存のたらの芽を天ぷらにする

冷凍保存したタラの芽は解凍せずに、そのままてんぷら粉をつけて、天ぷらにすると美味しいとのこと♡今度試してみます!

尚、軽く下茹で(3分ほど)して、水を切ってから冷凍している人もいるよ。

天ぷらなら下茹で(あく抜き)が不要だけど、chayoもよく作る肉巻きは必要だから、天ぷら以外で使うなら下茹でしてから冷凍するのが良いかもね。

たらの芽を天ぷらにしてから冷凍保存してもOK!

驚いたのはこちらで、天ぷらにしてから冷凍保存しています。

しかも、天ぷらにすることでタラの芽が油でコーティングされて味や香りが飛びにくいとのこと。

これなら「もう1品欲しいな~」と思った時に、サッと準備できて便利。今度、試してみようかな~。

たらの芽の塩漬けのやり方は?

たらの芽には冷凍の他に、塩漬けという保存方法もあります。

  1. ハカマをとって、外に1時間放置して、虫とり
  2. ハカマをとったタラの芽の重さの20%の塩とさし水を準備 (さし水は水:塩=80%:20%)
  3. 漬ける半分の塩を、漬物容器の下にいれる
  4. たらの芽をいれて、残りの塩を振りかける
  5. さし水をつくり、容器の端から回して入れる
  6. 重しをして、冷暗所で15日ほど保存

食べる時は塩抜きして、炒め物や煮物に使ってね。詳しくはこちらを。写真入りでわかりやすいよ(‘ω’)ノ

おまけ)たらの芽を使ったレシピは?

たらの芽を天ぷらと肉巻きで食べているので、そのレシピを紹介します(*^-^*)

たらの芽のレシピ①天ぷら

たらの芽といえば、天ぷら。春に最初に食べるのは、天ぷらです!

一口食べれば、トロっとして、たらの芽がふわ~と漂ってきて、最高です(*^^*)

ただ保育園の娘はタラの芽をそんなに食べないから、トリの胸肉を薄切りにした天ぷらも一緒に作ってます。

尚、暖かくなってくると、たらの芽の天ぷらが食べたくて、食べたくて、ウズウズしてます(笑)

たらの芽のレシピ②肉巻き

タラの芽は、繊細なお味。だから最初、「肉巻きにしたら、たらの芽が肉の味に敗けるのでは?」と心配したけど、そんな心配は無用です。

たらの芽、肉の味に負けてません。一口食べれば、たらの芽の風味が口中に広がります。肉との相性、バツグンです!

しかもchayoは40歳を超えてから、天ぷらをたくさん食べると胃もたれする。

でも肉巻きなら、天ぷらよりもアッサリしているから、パパリンと20個くらいペロリ。胃もたれせずに、いっぱいタラの芽を食べれます♡

尚、保育園の娘には、たらの芽をまかず、肉だけを焼いてます。

たらの芽の保存方法のまとめ

たらの芽は春の味覚で、とっても美味しい。

クセも少なく、トロっとしたあの食感が大好きで、暖かくなってくると、食べたくてウズウズしてます。

田舎に移住するまで、たらの芽なんて知らなかったけど、ご近所さんのご厚意で知ってからは大好きに(*^-^*)

でもたくさん収穫できると、たらの芽はすぐにクタッとなるし、傷みが早くて、日持ちがしにくいのが難点。

そこで保存方法を調べてみたら、2-3日なら冷蔵保存できるし、それ以上なら冷凍保存が便利とわかりました。塩漬けなら、もっと長期間保存もできるしね。

いろいろ試して自分に合った保存方法で、春の味覚のタラの芽を楽しみましょー!

ママ

たらの芽は特に最初の頃がアクも少なくて、優しいお味で食べやすい。終わりかけは、ちょっと苦みが増してくるよ