田舎に移住したら、竹林付きの家ということもあってタケノコが大量に手に入ります。今回はタケノコ下処理方法のやり方と、タケノコレシピ、長期保存方法を紹介します。

尚、タケノコは孟宗竹で、破竹とは違うので、あしからず(‘ω’)ノ

我が家の場合、タケノコを採らないと竹林になり、傍にある倉庫をぶっ壊しそうなので、イヤイヤでもとらないといけません。多い年は100個ほど生えました。

パパリンがタケノコ堀りをせっせこと頑張っているので、私は料理担当です。

尚、竹林付きの家は、もうこりごりです。苦労のわりに、お得感ゼロ。田舎暮らしを考えている人は、注意してね!

タケノコ下茹での材料

  • タケノコ あるだけ
  • 米ぬか タケノコ1本に対し、手でひとつかみくらい
  • 唐辛子 1本~2本

米ぬかはタケノコのえぐみをとって旨味を引き出してくれて、唐辛子は「ぬかの臭み」をとってくれる。だから、唐辛子はなくても大丈夫だよ!

ママ

米ぬかがないときは米のとぎ汁や生米でもOK。生米の場合はタケノコ1本で大さじ3だよ!

タケノコの下茹で方法

タケノコはそのまま置いておくと、悪くなります。我が家ではパパリンが朝掘って、私がその夜か翌日くらいまでには下茹でするようにしています。

だから面倒でも、なるべく早く下茹でをしちゃいましょー。

  1. 外側の皮を5~6枚剥く (皮を全部は剥かない)
  2. 下側の泥が付いているところを、切り落とす
  3. ボツボツの部分(写真の赤矢印)を包丁で剥く
  4. 先端を斜めに切り落とす(写真の青線)
  5. 上から縦方向に切り込みを入れる。こうすることで皮がむけやすくなるよ。ただ中身まで切らないでね(写真の赤線)
  6. 大きな鍋にタケノコを入れる
  7. タケノコがかぶるほどたっぷりの水と米ぬか、赤唐辛子を入れて、火にかける
  8. タケノコが途中浮いてくるので、重しとして皿をかぶせる
  9. 沸騰したら弱火にして、50~60分ゆでる
  10. 竹串で刺してみて柔らかくなっていたら、火を止める。固い場合は柔らかくなるまで茹でる
  11. 一晩そのままで放置
  12. 翌日にタケノコの皮をむく
  13. タケノコを水洗いして、米ぬかをキレイに落として、完成♡
ママ

11の工程では、米ぬかにつけたままで自然冷却させるがのが、えぐみをとるポイント!だから、必ずそのままでね!!

圧力なべで茹でると時間短縮できる!でも米ぬかが蓋に詰まった…

圧力なべでも下茹でできます。その場合は9の工程で、「圧がかかったら弱火で15分で火を止めればOK」!時間短縮できるよ。

でも私は圧力鍋での下茹でをおすすめしません。なぜなら

  • 蓋をしているから、本当に柔らかくなっているかが確認できない。数が多いときは、ちょいと不安
  • 圧力なべの蓋に米ぬかが詰まった
  • 圧力なべが小さくて、タケノコの本数が入らない

だから私は基本は、普通の大鍋で茹でてます。本数が半端なく、多いからね。

冷蔵庫に入れればタケノコは1週間は保存できるよ!

タケノコを下茹でしたら、そのあとは水をはったボールに入れて、冷蔵庫で保存すれば1週間ほどはOK。ただし水は毎日変えてね。

ママ

冷蔵庫に入れないで常温で置いたら腐ったことがあるから、必ず冷蔵庫に入れてね!

それでも食べきれない場合は、長期保存をするといいよ。いろいろあるけど、私は瓶詰めがおすすめ!

タケノコは皮をむくと小さくなるよ!

タケノコは皮をむくと、小さくなります。初めて茹でたときは、剥けど剥けど、タケノコ本体が見当たらなくって焦った(笑)。まぁ、次からは慣れたけど。

タケノコは皮が厚いから、1/2? 1/3?くらいに小さくなるよ。

初タケノコ タケノコ水煮
こんな大きいタケノコも 皮を剥くと、意外に小さい

タケノコの皮は竹林に捨てているよ!

タケノコは、茹でると大量にゴミが出ます。この大量の皮を、どうしよう(・・?

生ごみはコンポストを使って堆肥にしているけど、調べたらタケノコの皮は分解しにくいから、コンポストにはむいていない。

だから私は、自分家の竹林に捨てています。燃えるゴミでも出せるけど、庭や畑があるなら穴を掘って、埋めておくのが、エコで良いよ。ただ分解に時間はかかるけどね。

簡易カマドを使うと大量に、柔らかくて茹でれた!ガス代も節約!

我が家の倉庫に大家さんの置き土産の簡易カマドを発見。

(にっくき)竹を燃料にして簡易カマドでタケノコを下茹でしてみたら、火力が強いからか30分で柔らかくなって、ビックリ。しかもいつもよりも、ふっくらと柔らかくと美味しくできて、二度ビックリ(*^^*)

しかも鍋が大きいから、大量のタケノコが茹でられるのも嬉しい。写真は、たっぷりのお湯の中で6個のタケノコが踊っているところです。

ただガスコンロと違って、竹を燃料にしていているから、ずっと消えないようにカマドの傍にいなちゃいけないし、燃料の竹を切っておくのも大変。でも、たまになら楽しい(ハズ)(*´з`)♪

茹でたタケノコを使ったタケノコメニュー

下茹でしたタケノコを使った料理メニューをまとめてみました。

タケノコご飯 タケノコ料理で一番好きなのが、タケノコご飯。
レシピはこちら
チンジャオロース 2番目に好きなタケノコ料理が、チンジャオロース。ラーメンにトッピングしても♡
レシピはこちら
タケノコと鶏肉の煮物 タケノコと鶏もも肉の優しい味の煮物。しんみりするお味です♡
レシピはこちら
タケノコ天ぷら タケノコの天ぷら。分量通りの水で薄めたてんぷら粉に、薄く切ったタケノコをくぐらせ、揚げて、完成♡
タケノコ刺身風 茹でたタケノコを薄切りにして、刺身風にわさび醤油でどうぞ♡
たけのこのバター炒め タケノコのバター醤油炒め。ササっと作れる一品です
タケノコ入り味噌汁 タケノコ入りのお味噌汁。少しでもタケノコの消費に…
メンマにすれば、ご飯のおかずにも、ラーメンのトッピングにも♡
レシピはこちら

タケノコの下処理方法とレシピのまとめ

タケノコの下処理方法とレシピを、まとめてみました。

タケノコの下茹では、正直大変です。切るのも、茹でるのも、数が多いと一仕事。移住して3年でかなり慣れたけど、やっぱり面倒ですわ。

でも食べると美味しいし、もったいないから、持ち前の貧乏根性で下茹でして、せっせこ食べてます。レシピで、味付けを工夫をしながら、ね

でもたくさん食べるとお腹にくるから、注意してね(‘ω’)ノ

特に我が家の場合、タケノコが次から次へと生えてくるから、ご近所さんや職場の人や、友達に配っても余る、余る。

しょうがないので、長期保存法として瓶詰めにしています。瓶詰めは作るのは手間でも、1年中タケノコ料理が食べられるよ!

尚、我が家は孟宗竹なので、ひょろっと長い破竹(はちく)では、下茹で方法が違うから注意してね!