こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人

100均の紙型でシフォンケーキを作りたい!レシピを知りたいし、ふわふわに焼けるコツも知りたいな~

こんな疑問に、シフォンケーキを15年近く手作りしているchayoが答えます。

ママ

セリアの18cm(6号)の紙型を使ったシフォンケーキレシピを教えるよ。ふわふわに焼くコツもね!

シフォンケーキ好きのパパリンに喜んでもらいたくて、手作りを始めたら、最初は見事に失敗。でも友人からコツを教えてもらったら、美味しくなりました。

ってことで、今回はシフォンケーキのレシピと、作り続けてわかったフワフワに焼くためのコツを紹介します。

尚、今まで金型のシフォンケーキの型を使っていたけど、汚れてしまって処分(泣)。

そこで同じ18cm(6号)の型がセリアにあったのでそれで試しに作ってみたら、アラ、便利。それからは、セリアの紙型を愛用です。

愛犬

Xmasも誕生日も、ママがシフォンケーキを焼いてる。最近は娘ちゃんと一緒にデコレーションしてるよ

百均セリアの18cm(6型)紙型を使ったシフォンケーキの材料

  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 5g (小さじ1.5杯)
  • 卵 5個
  • 砂糖 5/8カップ
  • サラダオイル 50cc
  • 水 50cc

ベーキングパウダーはこちらを愛用してます。ちょうど1回で使い切れる量だから、便利だよ!

百均セリアの18cm(6型)シフォンケーキの紙型

今回使用しているシフォンケーキの型は、こちらの100均セリアの紙型。18cmの6号サイズで、1枚入り。

紙型に切り取り線があるから、外すときに便利です♪

尚、100均のダイソーでは、一回り小さい5号サイズまでしかない模様。それを使うときは分量を減らすか、2つの型で焼いてね。

百均セリアの18cm(6型)紙型を使ったシフォンケーキレシピ

  1. 卵を卵白と黄身に分けて、ボールに入れる (※黄身のボールは卵白よりも大きめが良いよ)
  2. 黄身に砂糖の半分を入れて、泡だて器で混ぜる
  3. 2にサラダオイル、水も加えて、泡だて器で混ぜる
  4. 薄力粉とベーキングパウダーを3にふるい入れ、泡だて器で混ぜる
    ※この頃、オーブンの余熱を始める
  5. シフォンケーキの要のメレンゲを作ります。砂糖を2回にわけて入れているけど、これは、卵白がだれないようにするため
  6. ハンドミキサーで卵白を少し泡立て、残りの半分の砂糖を加えてから、さらに泡立てる
  7. 残りの砂糖を加えて、泡立てる
  8. chayoは、写真のようにツノがたつくらいしっかりと泡立ててます (※上とボールが違うのは、作ったタイミングが違うから)
    シフォンケーキメレンゲ
  9. 泡立てたメレンゲの1/3を4に加え、泡だて器でしっかり混ぜる
  10. 次にメレンゲの1/3を加え、泡だて器をヘラに変えて、さっきよりも泡をつぶさないように、切るように混ぜる
  11. 残りのメレンゲも加え、下から持ち上げるようにしながら、泡をつぶさないように混ぜる
  12. 100均セリアのシフォンケーキの型に流し入れる
  13. 2-3回持ち上げて落とす(空気を抜く)
  14. 170℃のオーブンで45分焼く (※焼く時間は40-50分で調節してね。また焼いている間は、傍にいて!)
  15. 焼いている間に生クリームをハンドミキサーで泡立てておくと便利だよ。砂糖はお好みの量でね
  16. シフォンケーキが焼きあがったら、オーブンから出す
  17. ビンや食器の上に、逆さまに置いて冷ます。逆さまで冷ますのは、しぼむのを防ぐためだよ
  18. 冷めたら型から外す。セリアのは切り込みがあるから、ペりぺり剥がれるよ
  19. ちなみに真ん中の筒(?)のところには切り込みがないから、そこは外側を外してから、底と一緒にとりました

完成♡chayo家のオーブンが小さいからか上はちょいと焦げちゃうこともあるけど、ひっくり返すと、他はふっくら、ふわふわです。

ママ

上部の焦げが気になる場合は、そこだけを包丁で切り取ってもOK

シフォンケーキを作る時、薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れるには、こちらが便利だよ♪

焼いている間はオーブンの傍にいて!

実はセリアのシフォンケーキの紙型では、オーブンの焼き時間は、30分以内です。

chayoは45分焼いてセーフだったけど、ちょいと焦げ臭かった気も。

危ないからオーブンで焼いている間は、傍にいて!ヤバかったら止めて、注意して焼いて下さい。ちなみに耐熱温度は180℃。

シフォンケーキを失敗せずにフワフワに焼くコツは?

シフォンケーキの魅力は、食べている時のふわふわ感。

それを失敗せずに作る最大のコツは、メレンゲの泡立てをしっかりすること!

最初の頃、どうしてもシフォンケーキがふわふわにならず、料理上手なママにコツを聞いたら、

女

メレンゲさえしっかり泡立てればフワフワになるよ!

それ以来、メレンゲをしっかりと泡立てるようにしたら、ふわふわに大変身!シフォンケーキは、メレンゲが命です!!

ってことで、上手にメレンゲを泡立てるには、ハンドミキサーがオススメ。chayoも毎回、ハンドミキサーで泡立ててます。

シフォンケーキを失敗しないためのポイント

シフォンケーキを失敗しないためにも、以下の2点も気をつけて焼いてます。特に2番目は、守らないとしぼでしまうよ!

  • 新鮮な卵を使う!
  • 泡立てたメレンゲがしぼまないように、メレンゲを混ぜてからオーブンに入れるまでの作業(レシピの手順⑨~⑭)は、手早く
ママ

過去に賞味期限内の卵でも、メレンゲが泡立たたないことがあった。それ以降は、買って直ぐの新鮮な卵を使ってます

シフォンケーキのデコレーションは?

シフォンケーキを美味しく食べるには、デコレーションも大事。

でもchayoは不器用人間で、「生クリームを全体に塗って可愛く飾る♡」ができません。そんなchayoのデコレーションは、こちら!

最近は娘と一緒に100均のチョコスプレーなんかで飾って楽しんでます。チョコレートクリームにしても◎♪

金型と紙型は、どっちが便利?

セリアの紙型を使い始める前は、シフォンケーキの金型を愛用していました。

2000円くらいしたけど、使い捨ての紙型と違って、何回も使えるのは魅力です。何度も焼くなら、充分モトがとれます

ただ何度も使っていたら、汚れが取れなくなりました。水に暫く浸してから、スポンジでガシガシ洗ってもダメで、処分しました。

コレ、何度も焼いたからだけど、ぶっちゃけ、キレイに洗うのは大変です。特にchayoは、ものぐさ人間だし。

一方、100均セリアの紙型は使い捨てだから、洗う手間が省けるのは魅力。衛生的にも安心です♪

初心者は紙型がおすすめ。ベテランは金型でも!

chayoのおすすめは、初心者さんは断然に紙型!

最初から金型だと続かないともったいないし、最初は型から外すのも難しいからね。

chayoのようなものぐさ人間や、友達への手土産に焼くような人も、紙型がおすすめ。

でも紙型は何度も焼く人にはコスパが悪いので、紙型から金型へのステップアップも良いよ。

愛犬

金型を使った方がキレイに焼けるという人もいるけど、紙型でも、ママはふんわりと上手に焼けたよ

100均セリアのシフォンケーキの紙型は、手土産に便利!

手土産には、紙型の方が断然おすすめです。

型から外すときの型崩れを心配する必要ないし、型付きの方が持ち運びには安心だし、見た目も良いよ♡

chayoは金型を使っていた頃、型から外して、シフォンケーキをお皿にのせて、ラップでくるんで持って行ってました。

毎回、お皿が割れないように注意していたし、お皿を持ち帰るのも面倒。

でも紙型なら、型ごとビニール袋にそのままスポッと入れればOK。リボンで結ぶと可愛いし、便利です♪

百均セリアの18cm(6型)紙型を使ったシフォンケーキのレシピのまとめ

手作りシフォンケーキも、最初は失敗。でもメレンゲをしっかりと泡立てるようにしてから、ふわふわに焼けるようになりました。

chayoの手作りシフォンケーキは、パパリンにも、娘にも大好評。娘は保育園の頃から、よく食べてます(*^-^*)

クリスマスも、誕生日も、ひな祭りも、全てこのシフォンケーキ。スポンジケーキが焼けなくても、シフォンケーキだけで充分です!

また友達への手土産にも重宝。まぁ、友達が少ないから、機会は少ないけど(苦笑)。

尚、シフォンケーキはスポンジケーキと比べて砂糖も少ないし、バターも使わない。コスパも良いし、甘さ控えめで、サッパリと食べれます。

ママ

100均セリアの6号サイズ(18cm)の紙型は、今まで使っていた金型と同じサイズだから同じように作れるし、使い捨てできて、重宝です