こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

シフォンケーキを手作りしたいけど、レシピを知りたい。それに、ふわふわに焼けるコツも知りたい!

こんな疑問に、シフォンケーキを10年近く手作りして、美味しく作れるようになったchayoが答えます。

ママ

シフォンケーキはバターも使わないし、甘すぎないから、家族みんなが大好き。ふわふわに焼くコツは、泡立てをしっかりすることだよ!

シフォンケーキ好きのパパリンに喜んでもらいたくて、最初は失敗しながらも10年近く作り続けて、ようやく美味しく作れるようになりました。

ってことで、今回はシフォンケーキのレシピと、作り続けてわかったフワフワに焼くためのコツを紹介します。

最初は失敗するかもだけど、コツさえおさえれば、ふわふわに焼けるようになるよ。是非、作ってみてね!

尚、chayoは18cm型を使っているから、その分量です。使用している型の大きさで、分量を調節してね(*^-^*)

シフォンケーキの材料

  • 薄力粉 100g
  • ベーキングパウダー 5g (小さじ1.5杯)
  • 卵 5個
  • 砂糖 5/8カップ
  • サラダオイル 50cc
  • 水 50cc

ベーキングパウダーはこちらを愛用してます。ちょうど1回で使い切れる量だから、便利だよ!

シフォンケーキレシピ

  1. 卵を卵白と黄身に分けて、ボールに入れる (※黄身のボールは卵白よりも大きめが良い。また卵白はハンドミキサーを使うから、金属製のボールは避けてます)
  2. 黄身に砂糖の半分を入れて、泡だて器で混ぜる
  3. 2にサラダオイル、水も加えて、泡だて器で混ぜる
  4. 薄力粉とベーキングパウダーを3にふるい入れ、泡だて器で混ぜる
    ※この頃、オーブンの余熱を始める
  5. シフォンケーキの要のメレンゲを作ります
  6. ハンドミキサーで卵白を少し泡立て、残りの半分の砂糖を加えてから、さらに泡立てる
  7. 残りの砂糖を加えて、しっかりと泡立てる (※砂糖を2回にわけるのは卵白がだれないように。またchayoはこれくらい泡立ています)
    シフォンケーキメレンゲ
  8. 泡立てたメレンゲの1/3を4に加え、ヘラでしっかり混ぜる
  9. 次にメレンゲの1/3を加え、さっきよりも泡をつぶさないように、切るように混ぜる
  10. 残りのメレンゲも加え、下から持ち上げるようにしながら、泡をつぶさないように混ぜる
  11. 型に流し入れ、2-3回持ち上げて落とす(空気を抜く)
  12. 170℃のオーブンで45分焼く (※オーブンは170-180℃の温度、時間は40-50分で調節してね)
  13. 焼いている間に生クリームをハンドミキサーで泡立てます。砂糖はお好みの量で。
  14. シフォンケーキが焼きあがったら、オーブンから出す
  15. ビンや小食器の上に、逆さまにして冷ます
  16. 冷めたら型から外す

これで完成♡chayo家のオーブンが小さいからか上はちょいと焦げちゃうけど、他はふっくら、ふわふわです♡

薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れるには、こちらが便利だよ♪

シフォンケーキをフワフワで焼くためのコツは?

シフォンケーキをふわふわに焼く最大のコツは、メレンゲの泡立をしっかりすること!

最初の頃、どうしてもシフォンケーキを上手に焼けなくて、料理上手なママにコツを聞いたら、

女

メレンゲさえしっかり泡立てればフワフワになるよ!

それ以降、メレンゲをしっかりと泡立てるようにしたら、ふわふわに大変身。シフォンケーキは、メレンゲが命です!

ってことで、上手にメレンゲを立てるには、ハンドミキサーがオススメ。chayoも毎回、ハンドミキサーで泡立ててます。

メレンゲをしっかりと泡立てるためには?

メレンゲのためには、以下の2つを注意しています。

  • 新鮮な卵を使う!
  • 泡立てたメレンゲがしぼまないように、混ぜる作業は手早く!
ママ

過去に賞味期限内の卵でも、メレンゲが泡立たたないことがあった。だからそれ以降は、買って直ぐの新鮮な卵を使ってるよ

シフォンケーキのデコレーションは?アレンジは?

chayoは不器用なので、基本はデコレーションしません。

でもシフォンケーキに生クリームをぬってイチゴを飾るというデコレーションは可愛いから、腕に自信のあるなら、そういうデコレーションしてね。

chayoは過去に何度かトライしたけど、デコレーションすると見た目が悪くなるので、スッパリ諦めました。シフォンケーキを焼くことに専念デス(*^-^*)

そんなchayoのアレンジも紹介します♪

シフォンケーキのアレンジ①果物と生クリームをシフォンケーキに添える

娘がイチゴ好きだから、chayo家は、イチゴと生クリーム添えがスタンダードです。

生クリーム添えだと、生クリームがまだの子にもあげやすいよ。

ちなみに娘は3歳ころから生クリームを食べるようになり、小学生の今では生クリーム好きで、生クリームをやたら食べてます。

他にもこちらはクリスマスケーキ。市販のクリスマス飾りのチョコレートを飾っってます。

市販のアラザンとかカラースプレーで飾ることも。小学生になった娘が喜んで、デコしてます(^^♪

シフォンケーキのアレンジ②チョコレートクリーム添えも美味しい

こちらはバレンタインに作ったんだけど、チョコレートクリーム添えでも美味しいよ♡

見た目は重そうでしょ?でも食べてみると、軽くてあっさり食べられます。

クルミを入れているから、歯ごたえもあって、美味しさアップ♪
バレンタイン手作り

チョコレートクリームの作り方
  1. チョコレート(40g)とクルミ(40g)を包丁で粗く削る
  2. 小さい鍋に生クリーム(50cc)を入れて火にかけ、1のチョコレートを入れて溶かす
  3. 残りの生クリームと砂糖(大さじ1)をボールに入れて、ハンドミキサーで泡立てる
  4. 2のチョコレートを3のボールに入れて、
  5. ハンドミキサーでしっかりと混ぜる
  6. 粗く刻んだクルミを加えて混ぜたら、完成♡

シフォンケーキ作りには専用の型を使ってね!

シフォンケーキの型は、chayoは専用のを使ってます。

スポンジケーキ用の型では、シフォンケーキの魅力の”ふわふわ”に焼けないとのことだから。

ちなみに何度も焼くなら、こういう専用の型がおすすめ。値段はするけど、何回も焼けば、充分モトがとれるよ。

ただ最初は、こういう紙の型でつくってました。「これなら作れる!」と自信を持てるようになってから、専用のを買ったのです。

尚、人にプレゼントをする時は、紙の型がおすすめ。そのまま渡せるから、型から外して崩れるという失敗が防げるからね。ただ紙だと18cmの型がないから、分量がちょっと心配だけど。

シフォンケーキのレシピのまとめ

シフォンケーキは、最初は失敗。でもメレンゲをしっかりと泡立てるようにしてから、ふわふわに焼けるようになりました。

おかげでchayoのシフォンケーキは、パパリンにも、保育園の娘にも大好評(*^-^*)

クリスマスも、誕生日も、ひな祭りも、全てこのシフォンケーキです。友達への手土産に焼くことも♪

ただ面倒くさいから、たまにだけどね(笑)

シフォンケーキは、スポンジケーキと比べて砂糖も少ないし、バターも使わない。だから甘さ控えめ。

その分、生クリームとの相性がばっちりです。

尚、chayoはスポンジケーキを焼いてません。スポンジケーキはやたら甘いし、シフォンケーキの方が好みです(*^-^*)