こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

完熟する前の青い実の未熟イチジク。これが大量に収穫できたので、ジャムを作ってみたら、ヒット!

甘さも程よく、とっても美味しくできたので、紹介します。

ちなみにchayo家で借りている畑にイチジクがあり、「完熟したら食べよう♡」と期待していたら、ちょっとでもイチジクが熟すとスズメバチがやってきます。

完熟は諦め、未熟のイチジクを収穫して、ジャムにしたり、コンポートにして食べてます。

 

尚、chayo家の収穫するイチジクは、本当に未熟。

本当はちょっと大きくて、皮も柔らかい黄色のが良いけど、左のような青いのが大量に収穫できます。

ちょっと大きいの黄色はコンポートに向いているから、青いのでジャムを作っています。

ちなみにchayo家の呼び方は、左は「未未熟」。右は「未熟」です(笑)

未熟イチジクは白い液体が出るから収穫には気を付けて!

未熟イチジクは軸から白いベトベト液を出します。この白いベトベトは、たんぱく質分解酵素のフィシン

手につくと痒くなるし、肌についたまま日光に当たると火傷のようになるから、要注意!

ちなみに洗剤で洗えばベトベトもとれるから、料理したらしっかりと手を洗ってね。

未熟イチジクのジャムの材料

  • 未熟イチジク 860g (※ヘタと皮を剥いてからの重さ)
  • 砂糖 258g (イチジクの30%ほど)
  • レモン汁 適量

レモンはなくてもOKだけど、レモン汁を加えると、色が鮮やかなジャムになるよ。

こちらがchayo家の未未熟イチジク。かなり青いし、小さいし、皮が固いです。

それでもしっかりと調理すれば、美味しく食べられます!

保存瓶をしっかりと消毒しておいてね!

ジャムを保存する瓶は、長期保存できるように、あらかじめにしっかりと煮沸消毒しておいてね。

chayoは下記の手順で消毒してます。

未未熟イチジクのジャムの作り方

未未熟の青いので作る時は下記の手順です。

  1. 未未熟イチジクを水で洗う
  2. 沸騰したたっぷりのお湯の中に未未熟イチジクを入れて、2~3分茹でる (※灰汁を取り除くためと皮が固いから)
  3. ザルにあげて、水に入れて冷やす
  4. 未未熟イチジクのヘタを切って、皮を剥き、半分の大きさに切る
  5. 未未熟イチジクの重さを量る
  6. イチジクの重さの30%の砂糖の分量を量る
  7. 鍋に未未熟イチジクと砂糖を入れて、混ぜ合わせる
  8. 1時間ほど置いておく。水分が出てくるよ
  9. 中火にかけて、圧力なべで火にかける
  10. 圧がかかったら弱火にして、30分。その後は自然に冷めるまで待つ
  11. レモン汁を加えて、ひと煮立ちさせる
  12. 木べらなどで未未熟イチジクをつぶし、滑らかにする
  13. 未未熟イチジクが熱いうちに消毒した瓶に入れる
  14. 蓋をして、逆さまにして冷めたら、完成♡

イチジクはペクチンが多いから、鍋で煮ている時よりも、冷めたときのほうが固くなるよ。ちょいと緩いくらいでOK!

未未熟イチジクは小さくて、皮が固い!

chayo家のイチジクは9月という熟す前の、早いうちから収穫します。スズメバチとの闘いだから。

だから青い未未熟は、とっても小さいし、皮が固い。

それで圧力なべで一気に調理しています。

皮が柔らかい未熟イチジクなら、圧力なべを使わなくても、ふつうの鍋でコトコト煮ても良いよ('ω')ノ

未未熟イチジクの皮が固いから、茹でこぼして、剥きやすくしてるよ!

最初は未未熟イチジクの皮むきを、灰汁とりで茹でる前に、やってました。

でも未未熟イチジクは軸から白いベタベタ液(フィシン)を出して、手につくと痒くなるんです。おまけに皮が固すぎて、包丁でも剥きにくい。

そこで茹でてから皮を剥いてみたら、フィシンも手につかないし、皮もちょっと柔らかくなって皮が剥きやすくなったので、上の手順です。

尚、こちらの未熟イチジクだと3分茹でただけで、皮が手で簡単に剥けました。大きさで、未熟イチジクの皮の固さは、エラク違いますね。

未未熟イチジクのジャムのお味は?

未未熟イチジクのジャムは、種のプチプチとした食感が楽しいし、自然の甘さで、イチジクの味がしっかりして美味しい♡

chayo家の朝食はご飯が多いから、ヨーグルトと一緒に食べるのが定番。娘も喜んで、イチジクジャムを食べていたよ。

しかもジャムは保存が効くから、chayo家は寒い時期まで、未未熟イチジクジャムを楽しめました(*^-^*)

パンにイチジクジャムを添えて♡バターたっぷりのクロワッサンとの相性もばっちり!
ヨーグルトに混ぜても、サッパリと食べれます。コレ、chayo家の朝ご飯の定番♡
紅茶にジャムを混ぜて、甘くしても。ホッとする甘さで、chayoは好き♡

未未熟イチジクジャムのレシピのまとめ

イチジクの木があれば、何個かの完熟イチジクを食べて、それでも熟していない未熟の青い実を11月ころに収穫するというケースが一般的。

でもchayo家の場合は、ちょっとでも熟すとスズメバチがやってくるから、9月という早い時期から、収穫します。完熟なんて、ほとんど食べれません。

だから未未熟イチジクの実も小さいし、皮も固い。そこで柔らかくするために、圧力なべでグワーっと調理しています。

今回未未熟イチジクで、ジャムを作ってみたら、固めの未未熟イチジクでも美味しくできました。娘にもパパリンにも好評で、嬉しい(*^-^*)

しかもジャムにしたことで、冷蔵庫に入れれば日持ちもするから、超重宝です。

尚、未未熟イチジクでジャムを作っていたら、水を加えないで火にかけるから、焦げないか?をちょいと心配したけど、大丈夫。

砂糖と混ぜて置いておけば、水分が徐々に出てくるからね。是非、イチジクジャムをお試しあれ!

 

chayoは未熟イチジクを、ジャムとコンポートに調理して、楽しんでます。

ここで未未熟イチジクでコンポートも作ったら、微妙。だからちょっと大きめの未熟イチジクでコンポートを作って、未未熟イチジクはジャムを作ってます。

未熟イチジクのコンポートは、プチプチ食感を楽しめれて、美味しいよ。

ヨーグルトに合わせたり、シロップを炭酸水で割ってジュースにしたり、ビールに混ぜたりして、楽しんでます(*^-^*)