こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

借りている畑にイチジクの木があるので調べてみたら、青い実の未熟イチジクでも美味しく食べる方法を発見!

そのままでは甘くもないし、皮も固い。でも砂糖で煮る甘露煮、ジャム、コンポートにすれば美味しいとのこと。

今回は青い実の未熟イチジクについて調べたので、紹介します。

ちなみに未熟イチジクを収穫すると、白いベトベト液を出すけど、これに触ると痒くなるのでご注意を('ω')ノ

青い実の未熟イチジクについて

未熟イチジクは追熟しないよ!

未熟イチジクはミニトマトのように追熟しません。収穫して置いておいても、甘くならないのです。

しかもそのまま食べると、味もない。収穫が早い時期だと、皮も固いよ。

イチジクは熟すのに時間がかかる!

イチジクは完熟するのに、とっても時間がかかります。実をつけてから、90日もかかるとか!

だから8月に実をつけても、熟す頃は11月。

寒い地方ではそのころには既に寒くなり、熟す前に食べれなくなってしまいます。

そこで宮城と山形では、そんな未熟イチジクを何とか食べようと工夫し、「未熟イチジクの甘露煮」という文化が生まれたとのこと。

先人たちの苦労と知恵に感謝です(*^-^*)

ちなみに甘露煮の他にも、コンポート、ジャムも美味しいよ♡

未熟イチジクを9月に収穫!

本当は完熟のイチジクを食べたい!

でも少しでも熟すと、甘~い香りがただよい、その香りにつられたスズメバチがやってきて、chayo家では収穫できません。

っていうか、イチジクの木の周りに近寄ることすら、危ないです。

そこで青い小ぶりの未熟イチジクを、9月初旬に収穫しちゃいました!

一般的には11月が多いから、かなり早い。だから小ぶりだし、皮も固いし、「未熟」っていうよりも「未未熟」?「未未未熟」?って感じ。

それでも根気よく煮たら、柔らかくなって、美味しく食べられたよ♡

ちなみに他の人でもイチジクが熟すのを待っていると、カラスや鳥、虫に食べられてしまうこともあるとか。イチジク、天敵が多いです!

スズメバチにおびえながらの収穫!

chayo家の場合は、天敵がスズメバチ。超怖いです。

そこでまだ薄暗い朝の早い時間と夕方。あと雨の中ではスズメバチも飛びにくいだろうから、小雨。

そんなタイミングで、パパリンが収穫してくれました。

ちなみにスズメバチがイチジクに群がっているときは、畑で作業。いないときに、葉や枝ごとササって収穫したとのこと。お疲れ様(*ノωノ)

未熟イチジクを収穫には、白い液に気を付けて!

未熟イチジクは、収穫すると軸から白いベトベトした液体を出します。これが手につくと、痒い、痒い

パパリンは未熟イチジクを収穫していたときに蚊にくわれ、耳を軍手で触ったら、そこが痛いとのこと。

後で見てみたら、ちょいと黒くなってました。何コレ?(;´・ω・)

未熟イチジクの白いベトベト液の正体は?

調べてみると、未熟イチジクのこの白い液体は、たんぱく質分解酵素のフィシン

文字通りにたんぱく質を分解するから、触れた部分が痒くなったり、かぶれたりするんです。

ちなみにフィシンがついたまま日光にあたると火傷のような症状を起こすこともあるとのこと。

パパリンはまさにこれ!そのせいで数日、痛がってました。ちなみにアロエを塗ったら、かなりシミタとのこと。

だから、未熟イチジクを収穫するときには気を付けて!ちゃんと軍手で作業して、もし白い液が手についたら石けんで落としてね。

尚、イチジクを食べると口が痒くなる人がいるのも、このフィシンが舌を刺激しているからだよ(‘ω’)ノ

未熟イチジクを美味しく食べる方法

さて。パパリンが苦労して収穫してくれた未熟イチジクを美味しく食べるには、砂糖で煮ること!

代表としては、甘露煮、コンポート、ジャムがあり、chayo家ではコンポートとジャムを作りました。

コンポートはワインも入れているからちょいと甘いけど、ヨーグルトとあわせたら最高に美味しい♡

ジャムは適度な甘さで、パパリンにも娘にも好評です(*^-^*)

未熟イチジクのコンポート。ヨーグルトとが相性バッチリ!作り方はこちら
未熟イチジクのジャム。程よい甘さで、使い勝手が抜群!作り方はこちら

未熟イチジクのまとめ

畑にあるイチジク。ちょっとでも熟すとスズメバチが寄ってきちゃうので、去年は断念しました。

でも今年は青い未熟のイチジクを収穫できました。しかも大量に!

これをコンポートとジャムにしたら、調理するのに時間はかかったけど、美味しくできました♡

ジャムをお友達に配ったら、喜んでもらえたし、保育園の娘もジャムをスプーンでパクリと食べてくれてます。苦労が報われます(*^-^*)

未熟イチジクを収穫するときはスズメバチにおびえながらで、大変だったからね。

更に未熟イチジクのベトベトした白い液が手について痒かったし、おまけにパパリンはそれが耳についちゃって、火傷のようになって痛そうだったし。

ってことで、収穫するときは、イチジクの白いベトベト液のフィシンにご注意を('ω')ノ