こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

テメレア戦記って面白いって聞くけど、面白いの?

こんな疑問に、ファンタジー好きで、テメレア戦記が好きなchayoが答えます。

ママ

テメレア戦記シリーズの各本のあらすじと、特徴を紹介します!

テメレア戦記は、ドラゴンが出てきます。このドラゴンが、面白い。

ドラゴンにはいろんな種類がいて、長距離飛行が得意な子もいるし、夜目が聞く子もいるよ。

そこらへんがしっかりしているから、ファンタジーなんだけどリアリティーがあって、楽しいよ!

テメレア戦記シリーズのラインナップは?特徴は?

テメレア戦記は、日本では那波かおりさんの翻訳による日本語版が、第1巻~第6巻まで発売されています。

1巻で話が完結するタイプ。でも話が連続しているから、最初の巻から順番に読んでね!

テメレア戦記シリーズの特徴は?

テメレア戦記は、実在する国や人物が登場します。

でも古代からドラゴンがいて、人は飛行機や車の代わりに、ドラゴンで移動するというパラレルワールド。

ファンタジー小説でありながら、歴史改変SFでもあります。

ナポレオン戦争時代(1799~1815年)のイギリスが舞台で、フランスと戦争中。

空軍は、ドラゴンに乗って戦闘。だからドラゴンは、重要な戦闘力で、とっても重宝されます。

ちなみに郵便や指令などの密書を届けるのも、ドラゴンの役目です。

ママ

別のアニメの影響なのか、「ドラゴン1匹に1人が乗る」というイメージでいたけど、テメレア戦記では違うよ。大型のドラゴン1匹に、担い手だけではなく、射撃手や見張りなど、たくさんの人が乗って戦うよ!

テメレア戦記(1)「気高き王家の翼」のあらすじ

主人公は海軍で、リライアント号の艦長のローレンス。ある日、フランス軍から奪い取った船にあったのは、孵化寸前のドラゴンの卵。

ふつうならドラゴンの卵が手に入れば、多額の拿捕賞金が貰えて大喜び。だが、卵が羽化寸前だったことで問題が発生!

孵化してすぐにドラゴンは担い手を選び、しかも担い手を変えることは、基本ないからだ。

つまり誰か一人はドラゴンの担い手となり、海軍から空軍への転属となるのだ。

そしてこの担い手にローレンスが選ばれたことで、ローレンスの人生は一転!

産まれたドラゴンを「テメレア」と名付け、テメレアとの生活が始まります。

 

空軍へ転属すると、空軍は海軍とは規律が違うし、戸惑うことばかり。

しかもいきなりドラゴンのキャプテンになったローレンスへの風当たりは強い。

それでもローレンスはテメレアと絆を結び、空軍としての戦闘力を身につけ、やがて戦場へ出ていきます。

尚、ローレンスは空軍へ転属したことで、父親から勘当され、婚約者と破局。それでもテメレアと一緒にいるのが、一番の幸せになっていくよ(*^-^*)

ママ

テメレアはドラゴンの先進国である中国産で、とっても貴重で、そのポテンシャルは未知数。話が進むにつれて、テメレアはどんどん才能を開花させていくよ!

テメレア戦記(Ⅱ)「翡翠の玉座」のあらすじ

テメレアは、ドラゴン先進国の中国でも、貴重なセレスチャル種。なんと皇帝の一族だけが乗れるという高貴なドラゴンなんです。

もともとフランスの”皇帝”を名乗るナポレオン個人に、中国が卵をプレゼント。で、それをローレンスたちが奪い取ったというのが真相。

心配していた通りに、中国使節団ががイギリスにやってきて、テメレアの返還を求めてきます。

しかも皇太子の兄であるヨンスン皇子が、直々に!

イギリスは中国と仲を深めたいし、高い身分のヨンスン皇子を無下にはできない。

さらにテメレアがローレンスと引き離されることに拒否して、困り果てます。

結局は、ローレンスとテメレアは一緒に中国まで航海することに!

 

この航海が大変。同じイギリス軍でも、海軍と空軍は仲が悪く、雰囲気が悪い。さらに仲の悪い中国使節団までいる。

それなのに、出航してすぐにフランス軍に襲われたり、海の未知の生物に襲われたり、疫病が流行ったりと、まさに波乱万丈。

さて、ローレンスたちは無事に中国へ到着できるのか?そしてローレンスはテメレアと引き離されてしまうのか?どうなる??

ママ

テメレア(卵)がナポレオンに贈られた理由にも驚いたけど、最後の展開にはビックリしました!

テメレア戦記(Ⅲ)「黒雲の彼方へ」のあらすじ

構築中

テメレア戦記(Ⅳ)「象牙の帝国」のあらすじ

構築中

テメレア戦記(Ⅴ)「鷲の勝利」のあらすじ

構築中

テメレア戦記(Ⅵ)「大海蛇の舌」のあらすじ

構築中

テメレア戦記の第7巻以降はいつ発行される?

日本では第6巻までの発刊ですが、著者ナオミ・ノヴィクさんが住むアメリカでは、2016年に第9巻(原題「Leafue of Dragons」)が発売されてます。

第9巻で、第1巻から続くナポレオン戦争を題材とした物語は完結とのこと。

日本では2015年に第6巻が発売され、それ以降は2020年現在も発売されていません。

「続きの第7巻~9巻も読みたい!」とググったら、翻訳者の那波かおりさんのツイートを発見!

どうやら残り3巻の版権を購入してくれる版元があらわれないと、続きの発行は厳しいと。

しかもいくつかの出版社に持ち込んでいるけど、良い返事が貰えていないとのこと。続きが読みたいのに~(´;ω;`)ウゥゥ

ママ

みんな~、お願い。テメレア戦記を読んでーー!そうすれば、続きを発行してくれる版元が現れるかも!(期待)

おまけ)テメレア戦記の映画化は?

「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」の監督で有名なピーター・ジャクソン氏が、2006年にテメレア戦記シリーズの映画化権を取得!

でも結局は映画化されずに、2016年2月には、権利が著者に戻ってます。

そして2020年11月時点でも、映画化の話はありません。残念!

映画化してほしいな~。映像のテメレアが見たいし、ローレンスとテメレアの掛け合いが見たい!

テメレア戦記シリーズのまとめ

テメレア戦記は、この世界観が好きです。

ドラゴンは担い手を選んだら、その担い手との絆は切れない。その一途さが、本当に可愛いんですよね。

しかもドラゴンは人と話をするし、知性もある。言葉も卵の頃に覚えるから、テメレアなんて、英語、フランス語、中国語まで話せる。

それにドラゴンの種類によって、特徴が全然違うんです。

体が大きい子もいれば、飛びスピードが超速い子もいるし、夜目がきく子もいる。強酸を吐く子もいれば、長距離飛行が得意な子もいる。

そういうドラゴン独自の特徴が面白いし、国によって特徴が違うのも、楽しい(*^-^*)

ちなみに、セレスチャル種であるテメレアは、知性が高いし、ホバリングができるし、高速飛行ができる。さらに「咆哮」という大ワザもあるよ!

ママ

本を読んでいると、ドラゴンが可愛い。もし実物がいたら、怖くて逃げるだろうけど、本の世界ではとにかくかわいい。特にテメレアは、とってもキュート

尚、テメレア戦記を読むきっかけは、著者ナオミ・ノヴィクさんの「ドラゴンの塔」。

この本があまりにも面白くて、衝撃的だったので、ノヴィクさんの別の作品のテメレア戦記を読んでみたら、面白かったのです。

そのおすすめの「ドラゴンの塔」を含めて、ファンタジーのおすすめ本をこちらで紹介してます(*^-^*)