こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

成長が遅い娘が保育園の年長になった途端に、保育園の先生から子供の就学についてのお話があり、あたふたしながら学校見学をしたり、就学相談をしたりしています。

週1回通っている療育にて、保育園年長の子供をもつ親向けに「就学」についてのセミナーがあったので、参加してきました。

就学の基本を学べたので、情報共有です。

ただし市町村によって就学は多少違うと思うので、今回の話は大垣市限定かも。参考程度でお願いしますね('ω')ノ

尚、セミナーの講師は長年療育の現場に携わっている先生で、娘もこの先生に発達検査をしてもらってアドバイスをもらいました。ベテラン先生です。

園と学校は違う

園は、遊び中心。

でも学校は「学習指導要領」に定められた学習を教えるし、時間で区切られている。

家庭で問題のない子でも、集団適応力が乏しいと学校で大変になることもあるよ!

小学校への集団登校は親の責任だよ!

小学校への集団登校は、学校ではなく、親の管轄

だから並んで歩けない子の場合は、保護者がついて行くことがほとんどです。

あらかじめに学校までの道を歩いて危険個所を教え込むなりして、集団登校ができるようにしていくことが必要。

ちなみに娘の保育園では、今まで車で送迎していたのに、年長さんの秋ごろになると親子で徒歩で通って、集団登校の練習をしている人が多いよ。

また集団登校を諦めて、親が送迎している人もいる。集団登校は事故の心配もあるし、そこらへんはケースバイケースでね('ω')ノ

子供の就学先としての候補

成長が遅い子には、小学校の就学先として以下の3つのパターンがあります。

  • 普通学級に通いながら、週1回通級に通う
  • 支援学級に通う
  • 特別支援学校に通う

通常学級

子供30人に担任1人。本来は1/30の支援で生活できていく子が対象。でも実際は、支援が必要な子は各クラスに6人ほどいるよ(2割)。

支援員は学年に1人が配置されているよ。

今は以前よりも合理的配慮をしてもらえるようになっています。

先生の話を聞いていないことがあるなどの子供で気になることがあるなら、あらかじめ担任の先生に話しておけば、個別に対応してくれるよ。

ママ

合理的配慮とは、障害のある人が障害のない人と平等に過ごせるように、一人一人の特徴に合わせて困難にならないように対応することです

特別支援学級

子供8人に担任1人。特別支援学級は通常学級と同じ小学校内にあり、通常学級にも机と椅子が用意されていて、科目によって通常学級の子供たちと関わるよ。

尚、chayoが見学している特別支援学級では、国語、算数、図工を特別支援学級で教えている。他の生活、音楽、体育は通常学級で学んでいるよ('ω')ノ

特別支援学級は以下の3つに分かれます。

  • 知的学級…発達のゆっくりな子供が対象。通常のカリキュラムではなく、子供1人1人に合ったカリキュラム。小学校1,2年では教科書にそわないこともある
  • 情緒学級…通常学級のカリキュラムに沿った学習を行う
  • 肢体不自由学級…体の不自由さを持つ子で、脳性麻痺、筋ジストロフィーなど。大垣市内では1つの小学校にのみ。

尚、「情緒学級」とは、「自閉症・情緒障害特別支援学級」がフルネーム。自閉症などで、コミュニケーション能力や人付き合いに問題がある子供のクラスです。LD, ADHDはこの「情緒」です。

特別支援学校

生活面での自立が充分でない子供や、基本的な生活の支援(着替え、トイレの自立、食事のマナーetc)の手が多く必要な子供が通っている。

「自立」という部分を大事にしている。子供5人に先生2~3人と、手厚く対処してもらえる。

また特別支援学校と支援学級の大きな違いとしては、特別支援学校は自立活動が中心。支援学級は学習活動が中心ってことです('ω')ノ

通級について

通常学級に在籍しながら、週1回程度、別の学級に通うこと。ただし通常学級で学べる力があることが前提です。

通級はどの学校にあるのではないから、別の学校に通うこともあるし、それが遠方の場合もある。

通う日程や時間は、学校と通級、親で相談して決まるよ。

ちなみに人数が多くて、途中から通うことは厳しいケースが多いです。

発達通級

LD, ADHDはこの通級で、気持ちのコントロールの仕方や怒りのコントロール法などを学びます。

  • ソーシャルスキルトレーニング
  • 視機能の改善
  • LD児への配慮

LDとは学習障害で、全般的な知的障害に遅れはないけど、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」能力のうち、いずれかか、複数に著しい困難がある障害のこと。

ADHDは注意欠陥や多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(思いつくと行動してしまう)といった症状がみられる障害のこと。

他の通級

他にも言語通級と難聴学級があり、構音指導が主です。

どの学校にする?

市の教育支援委員会や支援学級の先生、医者などが話し合って、子供に合った3つの学校のどれかを提示されます。

提案されるまでの流れとしては、

  • 保育園→教育支援委員会に連絡→保育園に子供を見に行く(7~10月)→会議(1~3回)

これで11月下旬ごろに、保護者に提案されます。その後は保護者を交えて同意を得て、子供の就学先が決まります。

同意形成には

  • どこで子供が学ぶかを最終的に決めるのは保護者
  • 決めるまでに相談を重ねることが大事
  • 教育支援委員会に子供の名前を出さないように頼むこともできるが、客観的な判断を聞いてから進学先を決める方が良い。教育支援委員会は少なくとも1人だけの判断で決めることはしない
  • 親の都合や見栄ではなく、子供のことを第一に考えて、子供にあう学校を選ぼう(*'ω'*)
ママ

支援学級を薦められても、親が「通常学級+通級」を希望したとする。その場合、子供は通常学級に通うことはできても、通級に通えないケースもあるよ

就学先は1年ごとに変更できるよ!

chayoが住む大垣市では、1年ごとに就学先を変えられます。

だから「1年生で支援学級と決まったら、6年間ずっと支援学級」というわけではないよ。

普通学級にいても、3年生から支援学級に代わることもできるし、支援学級から支援学校に代わることもできます。

子供の成長に応じて、親が先生と相談するなりして決めてね。一番大事なのは、その子供にあった教育を!ってことです('ω')ノ

学校では合理的配慮がしてもらえる!

今は学校で合理的配慮がしてもらえます。特に「読み」「書く」「聞く」ことの困りに対しては、配慮が進んでいるよ。

でも「合理的配慮=保護者の要望を全て聞くこと」ではないし、学校では「できること」と「できないこと」がある。

だから、どこまで学校で対応してもらるのかを相談するのが大事です。

支援の引継ぎは大事だよ!

大垣市では支援が必要な子にはスマイルブックというのがあって、幼児~高校生くらいまで子供の記録を一つにまとめておけるようにしています。

このスマイルブックを活用して、先生が変わっても、学校が変わっても、同じ支援が受けられるようにしておくのが大事とのこと('ω')ノ

子供の特徴を子供自身に気付かせるのも大事だよ!

子供の特徴を、親だけではなく、子供自身が知ることも大事です。

もしTVで子供と同じ障害の特集をやっていたら録画して、子供に見せてみるのも良いよ('ω')ノ

子供の発達障害などの詳しい分類については、こちらのサイトに詳しく紹介されているから、参考にしてくださいね。


子供の就学についての療育のセミナーの感想

今回セミナーを受けて、就学先についてはとにかく親がしっかりと決めるのが大事だと痛感しました。

教育支援員会からの提案よりも、最終的には親の意見が通るしね。

それに医者、教育支援委員会、保育園の先生から、親が支援学校や支援学級を見学して、相談に行って決めるのが良いとのアドバイスをうけました。

だからchayoもパパリンと学校見学や体験入学に行っているけど、実際に見学したり相談することで、それぞれの学校がどんなところか分かってきたよ。

まさに「百聞は一見に如かず」。気になるなら、見学に行ったり、相談するのが良いよ!

実際にchayoがやっていることをまとめたのが、こちらです。参考程度にしてください。

またchayoの一方的な感覚としては、chayoが子供の頃は支援学級では体が不自由だったり、ダウン症の子が通っていた。

でも今はそういう子は特別支援学校へ通い、特別支援学級ではクラスで授業について行けない子が通っている。そんな印象です(※違っていたら、ごめんなさい)

これから市と相談しながら、納得できるような娘の就学先を決めたいと思っています。

尚、今回の記事ではガッツリ省いたけど、セミナーでは小学生になるまでに大切なことも教えてもらいました。

文字の読み書きではなくて、大切なのは生活力!実際に小学生になって困るのも、服を畳んだり、着替えたり、傘を畳んだりといった日常生活のことです。

これらは家でできることだから、お手伝いをさせたりしながら、娘に寄り添って頑張っていきます(*^-^*)

娘は体幹が弱いので成長が遅いことが医者から指摘されて分かりました。体幹を鍛えることもやってます('ω')ノ

最後に独り言として、セミナーの参加者はウチのパパリン以外は、みんなママ。

平日だからしょうがないかもだけど、子供のことはママに任せっきりな家庭が多いんだろうね。

療育の先生が、「子供の就学先は、家族で意見が分かれるのがほとんどですよ」と言っていたけど、妙に納得。

子供のことだから、パパも一緒に考えて、ママばかりに重荷を背負わせないでほしいな~。