こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

2019年からバラに興味が出てきて、いろいろなバラを育て始めました。

今回はその中からアーサー・ベルの特徴と、新苗からのそだレポを紹介します。

花名は、スコッチウィスキーの名ブレンダーであるアーサー・ベル氏。ベル氏のつくったウィスキーは、今もイギリスで愛されています。

アーサー・ベルの花色は、優しい黄色で、気候によっては外側にうっすらとピンク色のぼかしが入ります。

このピンク色のぼかしが、まるでお酒に酔ったほろ酔いのようだと言っている人も(笑)。

アーサーベルは、強健種で育てやすいから、初心者にもおすすめのバラですよ~。

アーサーベルの基本データー

 

アーサー・べル(Arthur Bell)

系統 フロリバンダ【F】
作出 イギリス
開花 四季咲き。数輪の房咲き
樹形 木立 (半直立性)
樹高 0.8~1.5m
芳香 微香~中香。香質はフルーツ系
ママ

「フロリバンダ」は「花を束ねる」という意味で、枝先で房咲きとなるから、ブーケのように豪華になるのが特徴。でも一斉に咲くのではなく、中央付近の花が先に咲いて、数日後に他の蕾が咲くよ

アーサーベルの特徴とは?育て方は?

アーサーベルの特徴①花は優しい黄色!

アーサーベルの花色は、山吹色?濃くなくて、優しい黄色です。

うっすらと外側の花弁にピンクが混じるから、ピンクのバラとも相性が良い。こちらはクイーン・エリザベスと♡

アーサー・ベルは、咲いているとだんだんと色が薄くなり、最後はほぼ白色ってくらい。写真の左(赤矢印)は、活けてすぐ。右(青矢印)は1週間ほど前。

比較すると、かなり薄くなっているのが、わかります。

せっかくなので、アーサー・ベルの花の開き方をまとめてみました。chayoは花の真ん中が隠れている、開ききる前の花姿が好き♡

ちなみに花が開ききるまでは、早いです。あっという間で、最初はビックリしました('ω')ノ

2020/5/7 2020/5/9 2日後 朝早くに開花!
昼間には、真ん中も開いたよ! 夕方に花を切って、花瓶で楽しみました♡

アーサーベルの特徴②春よりも秋の方が、ピンク色が濃い♡

アーサー・ベルは、外側の花弁にピンク色がうっすら混じるのが特徴。気候条件によって、このピンク色のぼかしの入り方が変わります。

chayoとしては、春よりも、秋の方がピンク色のぼかしが濃い印象です。

春のアーサー・ベル 秋のアーサー・ベル

おまけで、春の蕾と秋の蕾の比較。秋の方が、ピンク色が多いかな?それにしても蕾のこの色合いは、可愛いくて好き♡

春の蕾 秋の蕾

アーサーベルの特徴③強健種だから育てやすい

chayoは大野町のバラ生産者さんから、新苗を直接購入しました。どのバラにしようか迷っているときのこと。

ママ

初心者なので、丈夫で育てやすいバラを教えてください

農家のおばちゃん

この子(アーサー・ベル)は育てやすいよ~

それで実際に育ててみたら、グングン成長するし、丈夫だし、育てやすい。さすが強健種!初心者にもおすすめのバラです(^^♪

ちなみにアーサー・ベルの耐病性は、黒星病、うどんこ病ともに普通です。

ママ

アーサー・ベルはググっても、ほとんど出てこないし、バラの本にも載っていない。珍しい種類のバラかも!

アーサーベルの新苗からのそだレポ

アーサー・ベルは2019年5月に、生産者さんから直接購入。500円というリーズナブルでも、新苗と思えないくらい立派な苗。

バラ初心者で1年目に育てたバラだから、全てがアタフタ。

立派にでてきた極太シュートを切らなかったら樹形バランスが悪くなったり、枝がビューンと伸びすぎてビックリしたり、梅雨時期に葉が枯れたりetc。

それでも大切に育てたら、スクスク成長し、その年の秋から花を咲かせてくれてます♡

 

2019/5/19 新苗でchayo家に到着。新苗と思えないほど立派で、8号鉢に植えました!
2019/5/23 可愛い花が開きました♡新苗だから株を充実させるために、花を切り、食卓に飾りました
2020/6/9 新葉(赤丸)が出てきて、根元からはベーサルシュート(青丸)が出てきた!
2019/6/17 ベーサルシュート(青丸)がグングンと成長し、本体を追い抜いた! 2019/7/4 伸びていた極太シュートを切りました(青丸)。ちなみに赤丸が本体。もっと早くシュートを切った方が良かったな~。樹形バランスが悪いです(泣)
2019/9/17 ググっと枝が伸びて、秋に開花しました♡秋の方が、外側の花弁のローズ色の入りが濃い印象です
2019/9/22 秋の2番花が咲きました♡ 2019/10/11
 2019/12/13 冬剪定で枝をバッサリ切りました!左が極太シュートで、右が本体だけど、葉がないから、シュートが太いのがよくわかります 2020/3/1 暖かくなり、新しい葉が出てきました!また2月ころに8号鉢→10号鉢へ植え替えました
2020/3/15 新しい葉がグッと大きくなってます 2020/4/4 葉がだいぶ出てきました
2020/5/9 一番花が咲きました♡ 2020/5/13 2番花が咲きました♡
2020/5/22 何番花?花が咲いてから時間が経つと、こんな風に色が薄くなります 2020/6/2 咲きました♡ただ最初の方がキレイかも
2020/6/14 花が終わった頃。梅雨に入ると同時に、下の方の葉はだいぶ落ちてしまった。葉に点があるから、黒星病?対策として、風通しの良い、雨が当たらない軒下に置きました。(詳しい対策はこちら。農薬不使用で回復しました♡)
2020/6/27 枯れないか心配したけど、新葉(赤丸)が出てきたし、根元からは念願のベーサルシュート(青丸)も出てきた!
2020/7/1 新葉も育ち、ベーサルシュートも元気に成長。ホッと一安心(*^-^*)

アーサーベルの育て方のまとめ

「黄色のバラだと、他の花との色合わせが難しいのでは?」と、買ってすぐにパパリンに言われて不安になったけど、実際は大丈夫。

アーサー・ベルは優しい黄色だし、ピンク色のぼかしもあるから、他のバラともあわせやすい。可愛い色合いの花です♡

花付きも良いし、日本では大きく育ちやすいとのこと。日本の気候との相性がいいのかな?

樹勢も強くて、グングン成長するから、初心者にもおすすめです!

またアーサーベルは、少し早咲き。2020年にchayo家のお庭で最初に咲いたバラは、アーサーベルです!

しかも2020年は5月9日に咲いてくれて、母の日の前日。1年間大切に育ててくれたパパリンからの、粋なプレゼントでした(*^-^*)

おまけ。バラの名前の元になった名ブレンダーのアーサー・ベル氏とは?

ウイスキーの名ブレンダーであるアーサーベル氏をちょっと調べてみました。こういうのも気になる性分のchayoです(笑)

アーサーベル氏は、1840年に営業マンとしてサンデマン商会(のちにアーサー・ベル&サンズ社に変更)に入社し、1860年にブレンダーの道へと歩みます。

「複数の上質なモルトとグレーンをブレンドすれば、シングルモルトより多くの人の嗜好にマッチしたブレンデッド・ウイスキーが出来るはず」

この信念で、優れた原酒を求めてスコットランド中を巡りました。アーサーベル氏の功績が認められて、会社の代表となり、後に社名も変更。

熟成された品質の高い原酒によるブレンドにこだわり、名ブレンダーとして品質重視のウイスキーを作り、世界中で人気となります。

こちらの「ベル オリジナル」はスタンダードスコッチの名品で、40種類以上の原酒をブレンドしています。

今でも、イギリス内で最も売れているウイスキーです。酒好きのパパリンは、興味津々(笑)

こちらの記事もどうぞ!

初心者におすすめのバラ苗の選び方。バラ育てて20年ほどのベテランの義母に教えてもらいました!

chayo家の新苗バラの育て方。新苗は子どもの苗だから秋までは花はお預け。でもとってもリーズナブルで、1年後には咲かせてくれるよ♡

ベテランの義母から教えてもらいながらの初心者のバラ育成日記。わかったこと、失敗したことをまとめてます。参考になれば(‘ω’)ノ