こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

薔薇は育てるのに難しいとわかっているのに、バラ熱が盛り上がって、つい新苗を5月に5苗買っちゃいました。

薔薇を20年ほど育てているベテランの義母に育て方を教えてもらい、初心者なりにあたふたしながら育てています。

今回新苗で失敗したのもあって、メモがてらです。

ちなみに育てているバラの新苗は5つ。義母のおすすめ通りの耐病性が強くて育てやすい子です。

  • ファンタンラトゥール
  • クイーンエリザベス
  • バフビューティー
  • アイスバーグ
  • アーサーベル

義母から教えてもらったバラの育て方

  • 新苗なら失敗してもダメージは少ない(お金の面)から、おすすめ。しかも育てば愛着がわく
  • 最初は株を大きくさせるために、蕾をとる (秋以降は咲かせてOK)
  • 日当たりの良い場所で、風通しの良い場所で育てる
  • 水やりは毎朝、土に指をさしてみて、中の土まで乾いていたらあげる。湿っていたらあげない
  • 虫を見つけたら捕殺!

バラの新苗育てでわかったこと!

バラの葉は風通しの良くて日当たりの良い場所だと、葉が厚くなり、色も濃くなる!

バラの良い新苗は葉の色が濃くて、葉も厚い。でも悪い苗は葉の色が薄くて黄色っぽいし、葉が薄いんです。

風通しが良い場所に置いたら、風に負けないように、葉が厚くなってきた。

それに黄色っぽかった葉の色も、日当たりの良い場所に置いてからは、濃い緑色になってきたよ!

5/12 苗を買った直後。葉は薄いし、色も黄色っぽい 6/6 葉が濃い緑色になって、厚みも出てきた。しっかりしてきたよ!ちなみに上の赤いのは、バラの若葉です

5月か6月に追肥をした。固形肥料が良いよ!

5月や6月はバラ苗の育ちざかり。新しい葉がどんどん出てくるし、花を咲かせることもあるからね。

だから追肥が必要。追肥は2~3か月かけて、ゆっくりと効果が出る固形肥料が良いよ。

ちなみに固形肥料は「ごはん」で、液肥は「おやつ」。

chayoは最初の3苗は5月、残りの2苗は6月に固形肥料をあげました。

尚、5月に追肥すれば、6月には要らないよ('ω')ノ

梅雨時期は水やりをあまりしなくて良いよ

バラは「乾く→湿る」を繰り返すことで、強く育つ。湿りっぱなしでは、弱い子になってしまう。

梅雨時期は土が湿っぽくなるから、土が乾いてなければ水やりは不要。

指を土の中にさして、土の中の状態をしっかりと確認してね。

アイスバーグはシュートが出にくい種類だった!

6月になりバラは元気に成長中。5苗のうち、3苗は立派なシュートを出してます。

でもアイスバーグは出ていなくて、「あれ?」と思ったら、アイスバーグはシュートが出にくい種類だと判明。

バラは種類によって、違うもんですね~。一つ勉強になりました('ω')ノ

ちなみに下記の原因でもシュートが出ないことがあるよ!

  • 枝が古い
  • 水不足
  • 肥料不足 (春の開花後に肥料をあげる。お礼肥え)
  • 根詰まり

5~10月には元気が良すぎるシュートは手入れする

元気にベーサルシュートを出していたアーサーベル。

あまりにも極太で、元気が良く、ぐんぐんと伸びて、あっという間に本体よりも大きくなりました。

でも極太のベーサルシュートには栄養が集まっているから、他の枝への養分がゆっくりになり、芽吹きが遅れたりします。

さらに極太シュートによって他の枝が日陰になりやすく、弱ったり枯れたりしてしまうことも。

だから極太シュートは、花を楽しんだら、切り戻してあげることが大事!

特にchayo家のような「新苗」の場合は、他の枝とバランスが均等になるように、早めに切り戻しをします。

ってことで、7月4日アーサーベルの極太シュートを切りました。

写真の赤丸が本体、青丸が極太シュートです。本当はもっと早めに切ればよかったかも。

ちなみに元気のない株や「新苗」の場合は、シュートに蕾がついたら、花を咲かせずにとってね('ω')ノ

おまけ。ファンタンラトゥールは若葉が赤じゃない

バラの若葉は赤いのが多いけど、ファンタンラトゥールだけは色が違いました。バラの種類によって違うもんですね。

ファンタンラトゥールの若葉 他のバラの若葉。写真はクイーンエリザベスの若葉

ついでにアーサーベルだけは、葉の形が丸っぽい。他の子と違うよ。観察していると面白いね~

アーサーベルの葉。丸い感じ 他のバラの葉はこんな感じが多い。写真はアイスバーグ

バラの新苗育てで失敗したこと!

花芽だと思ったらシュートだった!

義母の教え通りに見つけた花芽をとってみたら、なんとこれが失敗!

どうやら新しい葉がでてくるシュートというやつだったみたい。

だって、こんな感じだもん。バラの若葉が赤いなんて思わなかったし、つい花芽と間違えちゃった。

バラは新しい葉が出てきたら、古い葉を落とす。

それなのにchayoは、せっかく出てきた新しい葉を摘んじゃったんです。

それ以降はしっかりと何かを確認するようにしました。はい、ごめんない。

 

そのせいで一時期、シュートをとられたクイーンエリザベスは元気がなくなりました。

でもそのままにしていたら、写真のように新しいシュートも出てきたし、徐々に元気になってきて、ほっと一安心(*'ω'*)

ただ下の方の赤い葉がやたら焼けている感じがして、気になっている。大丈夫かなぁ?

それにしても今回青丸で囲んだように、一番上に伸びるはずのシュートを摘んじゃったのは、失敗だったな~。そのちょい下のところから新しいシュートが出てきたけど。

赤いシュートは、あっという間に葉になりました。バラを育てるのが初めてだから、ちょいとビックリ。

尚、この赤い葉は柔らかくて美味しいらしく、虫がやたら集まります。芋虫もいます…(;´Д`)

植えた鉢が小さくて、根詰まりを起こしていた!

シュートを間違えて摘んじゃったクイーンエリザベス。

元気になってきたけど、下の葉が赤く焼けているので、根詰まりを疑って新しい鉢に植え替えました。

これが正解!植え替えようと出してみたら、根がかなり詰まってました。

新苗を6号鉢に植えたんだけど、1か月でかなり成長して、根詰まりしていたみたい。

8号ロング鉢に植え替えしたら、元気になってきたよ!

尚、バラを植える鉢は、大きすぎても小さすぎてもダメだよ。ご注意を('ω')ノ

初心者のバラ育てのまとめ

バラはもちろん、園芸もほぼ初心者だけど、バラを育て始めました。

5月に買った新苗です。これなら安いから、失敗してもショックが少ないからね('ω')ノ

バラ育てのベテランの義母に教わりながら、オロオロしながら育ててます。

でもそれでも毎朝手入れをしていたら、徐々に元気になってきました。

ただ若葉を花芽と間違えたのは、痛恨のミスだった。

これからも頑張って育てます(*'ω'*)