こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

育てているラベンダーが花を咲かせたので収穫して、ラベンダーチンキを作ったので、作り方を紹介します。

ハーブチンキはハーブを蒸留アルコールに浸してつくるから、水ではとけない有効成分も抽出できるし、有効成分が濃縮されるよ。

ラベンダーの香りにはリラックスがあるから、お茶にちょっと入れたり、入浴剤にして香りを楽しんだり。

ラベンダーには鎮痛効果があるから、頭痛の時にも良い。また他には化粧水なんかも作れるよ。

1年くらいと長期間保存できるのも、ハーブチンキの魅力です♡

ラベンダーチンキの材料

  • ホワイトリカー
  • ドライラベンダー (フレンチラベンダーを使ったよ)
  • 保存瓶

ハーブチンキはホワイトリカー以外では、ウォッカでも作れるよ!

ラベンダーはフレッシュではなくて、ドライを使ってね。自分で簡単にドライを作れるよ。

ドライラベンダーが手元にない人は、ネットでポチっ。

ラベンダーチンキの作り方

  1. 保存瓶を消毒し、乾燥させておく (chayoは熱湯をかけてから、ホワイトリカーで消毒)
  2. 瓶にドライラベンダーを入れる
  3. ドライラベンダーがしっかりとかくれるまで、ホワイトリカーを注ぐ (※ラベンダーが液面よりも上にでているると、カビることがあるから気を付けて!)
  4. しっかりと蓋をして、瓶をかるく振って混ぜる
  5. 2週間~2か月くらい、冷暗所で保存。1日1回は瓶をふって、混ぜる。もしラベンダーが液面よりも上に出ていたら、ホワイトリカーを足してね(‘ω’)ノ
  6. 茶こしや排水溝ネットを使って、ラベンダーを濾したら完成♡
  7. 直射日光が当たらない冷暗所で保存すれば、1年近くモツよ!

chayoは濾すとき、排水溝ネットを使う時は手でギュギューっと絞り、茶こしではスプーンの背をギューッと押し付けて、最後までエキスを絞り出してます。

また濾したラベンダーも香りがするから、消臭剤代わりにトイレに置いていたよ。ただ少ししたら、カビたけどね。

ラベンダーチンキの経過

ラベンダーチンキは日が当たらない場所で、常温で保存してます。もちろんラベンダーを濾した後もね。

漬けてすぐ 2日後。透明なホワイトリカーが、すでに茶?紫?色づいている!
1週間後。ラベンダーの色合いが濃くなっているよ 2週間後。良い色になってます♡ラベンダーの香りがするよ!

ラベンダーチンキの使い方

手作りしたラベンダーの使い道は、いろいろあるよ!

正直作ってから調べたので、ちょいとビックリしてます (※chayoは勢い人間で、こういうのは後で調べるタイプです('ω')ノ)

飲んだり食べる。頭痛におすすめ!

ハーブとアルコールだけで作っているから、ラベンダーチンキは飲むことができます。

コップ1杯に小さじ半分くらいを目安に、紅茶やお湯、牛乳に垂らせば、ラベンダーの良い香りがするよ♡

ただし子供や妊婦が飲むとき、車を運転する前には、電子レンジを使ったりして、しっかりアルコールを飛ばしてね。

ラベンダーには鎮痛効果あるから、頭痛のときに良いよ。

尚、ラベンダーチンキを角砂糖にたらして食べることが、本で紹介されておりました。今度やってみます('ω')ノ

入浴剤として使う

お風呂に数滴たらせば、ラベンダーの香りがお風呂に広がるよ♡

ラベンダーの香りには、頭痛や腰痛を和らげる効果があるし、リラックス効果もばっちり!

chayoも試したけど、ラベンダーチンキを湯船入れた瞬間にラベンダーの香りがぶわ~って広がって、幸せ(*^-^*)

でもちょっとしたら香りがしなくなったのは、残念。

ただ顔を湯船でパシャパシャしたら、ほんのり香ってきたけどね。

またお風呂からあがったあと、痛かった腰もちょいと落ち着いたよ♡

市販の入浴剤と違って、子供がお湯を飲んでも安心なのは嬉しいポイント。chayo娘はバブ入りのお湯を飲んで吐いて大変だったことがあるからね。

チョコチョコと入浴剤としても楽しみます!

ルームスプレーやボディースプレーとして使う

ラベンダーチンキを精製水で薄めれば、ボディースプレーやルームスプレーとして使えるよ!

ラベンダーチンキのボディースプレーの作り方
  1. 100均のスプレーボトル(chayoは使い終わったスプレーボトルを再利用)を洗って、ホワイトリカーで消毒
  2. ラベンダーチンキを入れて~
  3. 精製水で3~4倍に薄めれば完成♡

chayoはこのラベンダーチンキのスプレーを、ボディースプレー代わりに愛用してます。

ラベンダーの香りがふんわりするし、殺菌作用もあるから、脇の臭いが気になる時期に重宝してます♡ (※長年のコンプレックスです)

ただ香りの持続時間は短いから、こまめにスプレーしてね。chayoはバッグに入れて持ち歩いて、コマメにシュッシュッしてます。

またルームスプレーにもなるよ!

ママ

精製水はドラッグストアで500ml 100円ほどで売ってるよ。なければ、水道水でもOKだよ!

化粧水に使う

ラベンダーチンキにグリセリンと精製水を入れれば、化粧水として使えるよ。

精製水は薄めるためで、グリセリンは保湿剤。

グリセリンは触るとネバっとするし、多めだとしっとりするよ。自分の好みで調整してね(‘ω’)ノ

ラベンダーチンキを使った化粧水の材料
  • ラベンダーチンキ:20ml
  • グリセリン:10ml (小さじ2杯)
  • 精製水:80ml
ラベンダーチンキを使った化粧水の作り方
  1. 容器をホワイトリカーやエタノールで消毒
  2. 容器にラベンダーチンキとグリセリンを入れて、混ぜる
  3. 精製水を加えて混ぜる

できた化粧水は防腐剤なんかが入ってないから、早めに使い切ってね。特に夏場は冷蔵庫で保存すると安心だよ。

尚、ラベンダーには殺菌作用や抗炎症作用もあるから、ニキビや肌荒れにも良いよ。

香りでリラックスもできるから、化粧水としてオススメです(*^-^*)

ママ

グリセリンは保湿剤で、一つ持っていると手作り化粧品を作る時に重宝するよ!

傷の手当に使う

ラベンダーには殺菌作用があるから、精製水で10倍に薄めて傷の手当てにも使えるよ!

ラベンダーチンキの作り方まとめ

今回育てているラベンダーを使って、ラベンダーチンキを作りました。

といっても、ホワイトリカーにドライラベンダーを混ぜるだけなんで、とっても簡単♡

それでいて、できたラベンダーチンキで化粧水も作れるし、手軽に入浴剤にも使える。

鎮痛効果があるから、頭痛時には紅茶に混ぜたり、角砂糖にたらして食べたりするのも、おすすめ。

ラベンダーチンキは使い道が多くて、使い勝手もいいよ!

しかもアルコールに漬けているから、水ではとけない有効成分も抽出できるし、有効な成分もギュッと濃縮されているしね♪

アルコールだから1年と長期間保存できるのも魅力です。

ドライラベンダーはチンキ以外にも、ラベンダーオイルが作れるよ。マッサージオイルにもなるし、フェイスクリームだって作れちゃうよ!

ラベンダーチンキは簡単な上に、手軽に使えるから、これからいろんなハーブで作って楽しみます(*^-^*)

ってことで、カモミールチンキを作ってみたよ。ハーブによって効能が違うから面白いね♪