こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

キダチアロエを育てているのに、使わないのはもったいない。今回はアロエ化粧水を作ったので、作り方を紹介します。

アロエ化粧水の作り方は2種類ある。今回は作るのに2か月かかるけど、とっても簡単な方法です

アロエ化粧水の作り方

アロエ化粧水は最初にアロエエキスを作り、そこに精製水、グリセリンを混ぜてアロエ化粧水を作ります。

ここでアロエエキスを作る方法が2種類あります。

  • ホワイトリカーにアロエを2~3か月漬けて、アロエエキスを作る
  • アロエの葉や果肉をすりおろして、アロエエキスを作る

2番目のアロエの葉や果肉をすりおろして作る方法は、すぐ使えるのが魅力♡ただ手間は、かかるよ。

今回は最初の作り方です。作るのに2か月かかるけど、簡単だよ!

アロエエキスの作り方

最初にアロエエキスを作ります。

アロエエキスの材料

  • キダチアロエ
  • ホワイトリカー

chayoは育てているキダチアロエを使いました。使うアロエの種類は、なんでもOK!

ママ

日本酒でつくる人もいるけど、アルコール度数が低いと保存が効かないことがあるから気を付けて!

アロエエキスの作り方

  1. キダチアロエをとってきて水洗いし、キッチンペーパーで水気をふき取る
  2. 包丁でトゲの部分を切り落とし、2~5センチ程度の大きさに切る
  3. 消毒した保存瓶を準備する (chayoは熱湯とホワイトリカーで消毒)
  4. 保存瓶にアロエを入れる
  5. アロエが隠れるまで、ホワイトリカーを注ぐ
  6. 蓋をして、冷暗所で2~3か月保存したら完成♡アロエエキスを使うたびに、アロエを濾して使ってね!

2~3か月も待てない場合は、1週間でもアロエエキスがでるみたいだから、化粧水が作れるとのこと。

chayoも最初は2か月待てなくて、約1か月でつくってみたけど、良い感じにできたよ(‘ω’)ノ

尚、保存瓶にラベルを貼って作成日を書いておくと、わかりやすくて便利だよ!

ママ

アロエのトゲを切らない人もいるけど、エキスが出やすそうだからchayoはトゲを落としたよ

アロエエキスの経過

漬けてすぐ 1週間後。アロエが茶色くなり、ホワイトリカーが色づいている
2週間後。瓶にとってみたら、黄緑色っぽくなっている 1か月後

アロエ化粧水を作る!

アロエエキスでできたので、アロエ化粧水を作ります。

作り方は超簡単で、瓶にアロエエキスにグリセリンと精製水を入れて、混ぜるだけ!

尚、アロエエキスを薄めずにそのまま使うと濃すぎて、肌が乾燥しちゃうことがあるよ。薄めて使ってね。

夏用のさっぱりアロエ化粧水の分量

  • アロエエキス:40ml
  • グリセリン:10ml
  • 精製水:50ml

精製水は薄めるためで、グリセリンは保湿剤で触るとネバっとするよ。

グリセリンが多めだとしっとりするから、自分の好みで調整してね(‘ω’)ノ

冬用のしっとりアロエ化粧水の分量

  • アロエエキス:40ml
  • グリセリン:20ml
  • 精製水:40ml

アロエ化粧水の作り方

chayoは夏バージョンでつくりました。

  1. 容器をエタノールなどで消毒する
  2. 容器にアロエエキスを入れて~、
  3. グリセリンと精製水を入れて、混ぜたら完成♡

ちなみに100均で買った写真の容器が使いづらかったので、100均のこちらの容器に変更しました。こっちの方が使いやすいよ!

ママ

アルコールの匂いが気になるなら、電子レンジしてからアロエエキスを使うといいよ!chayoはズボラだからそのまま使っているけどね

アロエ化粧水は夏場は冷蔵庫で保存してね!

夏場は冷蔵庫での保管をおすすめします。

アロエ化粧水はアルコールが入っているから大丈夫だと思うけど、夏場は怖いからね。

それに冷蔵庫で保管すると、使うときにひんやりして、気持ちいいよ♡

ちなみにchayoは手作りしたアロエジェルを洗面台に置いていたら、1週間ほどで酸っぱい匂いがしたことがあった。

手作りのゆず化粧水も匂いが変になったことがあったので、夏場は手作り化粧品は冷蔵庫に保管してます。お気を付けを(‘ω’)ノ

市販で使われるのはアロエベラ。でもキダチアロエでも作れるよ!

アロエはいろんな化粧水やジェルなんかに使われているし、ヨーグルトにも使われる。

でも使われているアロエはアロエベラで、キダチアロエではないよ。

アロエベラは寒さに弱いから、日本では沖縄以外では育てるのが難しくて、普及したのが寒さに強いキダチアロエとのこと。

キダチアロエに比べて、アロエベラは葉が大きくて太くて、透明な果肉がたっぷり。

でもキダチアロエとアロエベラの成分は同じで、葉の中の透明な果肉部分が少ないだけ。

だからキダチアロエでもアロエ化粧水は、もちろん作れます。

chayoは田舎暮らしで虫が怖くて、キダチアロエを育てているから、キダチアロエでつくりました。

キダチアロエは育てやすいし、家に一つあると安心するよ♡

手作りアロエ化粧水のまとめ

今回家で育てているキダチアロエを使って、アロエ化粧水を作りました。

自家製のアロエで使れるのは、嬉しいもんです。育てっぱなしでは、もったいないからね(※貧乏性です)。

しかもアロエを切って、ホワイトリカーに漬けて保存するだけと超簡単。

ただ出来上がりまでに2~3か月かかるけどね。

尚、chayoは面倒くさがりやなんで、アロエはそのままつけっぱなしで、アロエ化粧水を作る時にアロエを濾して使ってます。

 

さて。手作りのアロエ化粧水の使い心地はというとサッパリです。夏にピッタリのサッパリさ。

でもそれでいて朝までお肌はしっとりするするよ。さすがはアロエ、保湿力がしっかりしています(*^-^*)

寒くなってきたら、グリセリンの量を増やして、しっとりさせて調整して使うつもりです♪

手作りアロエ化粧水のコスパは100mlで97.0円と格安!

貧乏性なんでコスパが気になり、計算してみました( ..)φ。ちなみに夏バージョンです。

  • グリセリン 80g  428円…10mlだと53.5円(※厳密には1g=1mlではないが、それで換算)
  • 精製水 500ml  97円…50mlだと9.7円
  • ホワイトリカー 1800mlで1350円。40mlだと33.8円
  • アロエは自家製だから0円

合計 97.0円!100mlのアロエ化粧水が100円以下の材料費で、手作りできちゃいました!

ちなみにアロエジェルは驚愕の37.6円でつくれたよ。手作り化粧品は格安です(*ノωノ)

手作りするを時間が人は、こちらのアロエ化粧水がおすすめ。なんと水は1滴も含まれていないとか!

アロエは虫刺されや日焼け、火傷などにもいいから、家庭に一つあると安心です。田舎暮らしでは特にね。

chayoが作った手作りの化粧水やジェル、フェイスクリーム、オイル、虫よけスプレーなどをまとめました。意外にできるもんです。