こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

初心者が勢いでバラを育て始め、あたふたしています。

5月に新苗で購入した5つのバラのうち、6月中旬には3つの苗にはベーサルシュート(根元から伸びるシュート)が勢い良く伸びている。

でも他の2つは伸びておらず、不思議に思っていたら、アイスバーグはベーサルシュートが出にくいのだとわかりました。

ベーサルシュートの出方がバラの種類によって違うとわかったので、メモです(‘ω’)ノ

バラのバーサルシュートが出ない新苗がある!

育てている5苗のバラのうち、6月の現在、こちらの3苗は立派なベーサルシュート(写真の赤丸)が伸びています。

クイーンエリザベス
バフビューティー
アーサーベル。もともとよりも、立派なシュート!

でもこちらの2苗はベーサルシュートが出ないんです。なんでだろ。どちらも元気に育っているのに(。´・ω・)?

アイスバーグ (木立)
ファンタンラ・トゥール

アイスバーグはベーサルシュートが出にくい種類だった!

バラの本を読んでお勉強していたら、アイスバーグは新たなベーサルシュートが出にくい種類だと判明( ゚Д゚)

「バラ=ベーサルシュートを出す」と思っていたら、これにはビックリ。バラの種類によって、違うのね。

ちなみに冬の剪定では他よりも短くして、古枝から短枝を多く出させなくてはいけないとのこと(‘ω’)ノ

勉強になりました!

ファンタンラ・トゥールは後でシュートが出てきたよ!

同じくベーサルシュートを出していないファンタンラ・トゥールは、勢いあるベーサルシュートを出すとのこと。

ってことは、これからベーサルシュートが出てくるのかな?成長が遅いだけ??

心配していたけど、7月になった頃に、ようやくベーサルシュートが出てきました。しかも3本も!

調べたら9月までにシュートが出れば、来年の花は楽しめることなので、良かった(*^-^*)

ちなみに遅かった原因として、根詰まりが考えられます。

このファンタンラ・トゥールを植えている鉢が小さくて、同じ時期に育て始めたクイーンエリザベスなんかは根詰まりしていたんですよ。

既に大きな鉢に植え替えていたので、様子見していたら、出てきました。

ちなみにバラは大きな鉢でも小さな鉢でもダメなんで、適切な大きさの鉢に植えてね!

バラのシュートが出ない原因

ついでにお勉強( ..)φメモメモ

シュートが出る種類でも、出ないことがあります。

その原因は下記4つ。

  • 枝が古い
  • 水不足
  • 肥料不足 (春の開花後に肥料をあげる。お礼肥え)
  • 根詰まり

バラは古い枝ではシュートが出にくくなるから、4年をメドに更新(古い枝を剪定し、新しい枝を主幹にする)するのが、若さを保つポイント。

またツルバラは上に植えに伸びる性質があるから、冬の誘因時に根元から倒すと、縦方向に新しい枝(シュート)を出そうとするとのことだよ(‘ω’)ノ

ここら辺は下記サイトに詳しく書いてあります。勉強させてもらっています<m(__)m>

バラのシュートのまとめ

新苗5苗のうち、3苗は立派なベーサルシュートを6月に出してます。

アーサーベルなんて、もともとよりも太くてビックリするようなベーサルシュートです。

2苗はシュートを出していなかったけど、アイスバーグはベーサルシュートが出にくい種類だとわかりました。

同じく出ていないファンタンラ・トゥールは7月に出てきました!

バラは種類によってベーサルシュートの出方も違うし、他にも原因もあるのだとわかりました。

あぁ、バラ育ては奥深い。

ちなみにアイスバーグ。5月の新苗の頃と比べると、格段に成長しています。楽しみ(∩´∀`)∩

5/20 新苗を買った直後 6/17 枝数がかなり増えている!

初心者におすすめのバラ苗の選び方はこちら。バラ育てて20年ほどのベテランの義母に教えてもらいました!

ベテランの義母から教えてもらいながらの初心者のバラ育成日記。わかったこと、失敗したことをまとめてます。参考になれば(‘ω’)ノ