こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

ラベンダーのお花が咲いたので、プレゼントをしようと鉢上げしたら、これが失敗!花がしおれちゃいました。

ラベンダーの花を切り落とし、日陰に置いていたら復活したので、お花を鉢上げするときの注意点を紹介します。

ちなみに今回のラベンダーは1年前に挿し木で増やして、半年前に地植えした子です。

chayoが育てた子なんで、お世話になっている人への感謝の気持ちのプレゼントにピッタリなんで。

ラベンダーの鉢上げを失敗!

育てているフレンチラベンダーのお花が咲いていたので、プレゼントをしようと鉢上げしたら、見事に失敗。

こんなふうにお花がしょんぼりしちゃいました。こんなのプレゼントできない。どうしよう~Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

でもラベンダーを掘り起こているときから、ちょいと嫌な予感はあったんです。

予想以上に深く根を張っていて、根をちょいと切っちゃったから。

それに株に対して、小さめの鉢に植え替えたしね。でもこうなるとは、予想外(>_<)

ラベンダーの花を切り落とし、日陰に置いて様子見!

ラベンダーの花の復活は無理そうなんで、しょうがないから花を切り落とし。

その後は日陰に置いて、様子見。葉だけでもしょんぼりなのが、わかるわ~

ラベンダーが元気になった!

日陰に置いていたら、見事にラベンダーが元気に復活しました!

こちらは1週間後の写真。どう、元気でしょ!?葉も生き生きしているし、蕾もできました♡

これから花が咲くのをまって、そのタイミングでプレゼントする予定です♡

ちなみに植え替えしてから3日後くらいから、ラベンダーは元気になりました。よかったぁ~(*^-^*)

ちなみに小さいラベンダーをこの後に鉢上げしてみたら、鉢上げ後すぐでも、しょんぼりがほとんどしなかったよ。

鉢上げ後。そんなにしょぼくれてない 1週間後。元気いっぱい!

ラベンダーの鉢上げを成功させるポイント

この経験から分かったラベンダーの鉢上げするときのポイントはこちら。

  • 花を咲かせていない子を選ぶ
  • 小さめの子を植え替えする
  • しょんぼりしたら、日陰に置いて、元気になるのを待つ!
  • 鉢植えする前に剪定をしておくと良い
  • プレゼントするなら、鉢植え後に花を咲かせてから。プレゼントのかなり前に鉢に植え替えておく
ママ

鉢上げしたら、たっぷり水をあげてね。それ以降は1週間くらい水をあげず、日陰で休まて。ただし土がカラカラなら、水はあげてね!

尚、chayoのように地植えから鉢上げについて、ハーブ専門店さんのアドバイスを見つけたよ。

鉢上げはおすすめしてなくて、1~2年のラベンダーなら可能だけど、3年目以降だと失敗する可能性が高い。

どうしてもするなら、秋~早春に剪定しや根回ししてからやるのが良いとのこと。

chayoのように花が咲いているのは、論外っぽい(+o+)

詳しくはこちらを。一つ勉強になりました('ω')ノ

ラベンダーの鉢上げのまとめ

お花を咲いているラベンダーをプレゼントしようと畑から鉢上げしたら、花がしょんぼりして、失敗!

お花を切り落とし、日陰に置いていたら元気になって、1週間後には蕾もできてきました♡

よかった~(*^-^*)

これからラベンダーが咲くのを待って、それからプレゼントします♪

ちなみに花が咲いていない小さい子を鉢上げしたら、そんなに葉がしょぼくれなかったよ。

花が咲いていない、小さめの子を鉢上げするのがおすすめです(*^-^*)

鉢上げのいい勉強になりました。

尚、咲いたラベンダーの花は収穫してドライにしてから、ラベンダーチンキやラベンダーオイルを作ってます。

ラベンダーの香りには頭痛や腰痛を和らげる効果があるし、肌にも良いんだよ。chayoは化粧水やクリームを作って愛用してます♡