こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

保育園年長の愛娘は他の子と比べて成長がゆっくりで、お医者さんから軽い知的障害と診断されました。

お医者さんから成長を促す方法として、ハサミの練習を薦められました。

そこでKUMONのかみこうさく(2~5歳の幼児対象)を見つけたのでやってみたら、これがピッタリ。

〇切り、直線切り、□切りといろいろ網羅されているし、子供が喜んで工作できるように工夫されているので、マジでおすすめです!

chayo娘は今まで工作が苦手だったけど、これは喜んでやってます(*^-^*)

KUMONかみこうさくのおすすめポイント

  • 種類が豊富。簡単なものから複雑なものまで、4種類ある
  • ハサミ練習になる(成長を促せる!)
  • 子供が喜んで工作をするから、集中力もつくよ!

KUMONのかみこうさくは種類が豊富

かみこうさくは種類が豊富。難易度にあわせて、作ってね。

chayo家は5歳児でも簡単なものから慣れるために、「はじめてのかみこうさく1集」からスタートしました。

ざっと見たところ、「はじめてのかみこうさく」では、ハサミだけ。

「はじめてのかみこうさく1集」では、ハサミとノリ付けで平面の工作。

「はじめてのかみこうさく2集」では、ハサミとノリ付け。紙を折ったりして、立体の工作になります。

「かみこうさくあそび」は、更に難易度アップ。

今後、上手になってきたら、ステップアップしていく予定(∩´∀`)∩

KUMONかみこうさくに必要なものは?

  • ノリ
  • ハサミ
  • ビニール袋
  • ノリ付けするときの下紙

ビニール袋は、写真のように作った作品を貯めておくのに使ってます。

出来上がった作品は写真でわかるように可愛いし、娘が頑張った記念になるからね。これから上手になっていくのが楽しみ!

また工作ではノリを使うから、ノリがはみ出しても良いように、テーブルの上に新聞紙を敷いて工作をしています。

他にも紙ゴミがいっぱい出るから、ゴミ箱は近くに置いておくと良いよ。放っておくと、もれなく部屋がスゴイことになります。

KUMONかみこうさくの中身は?

「はじめてのかみこうさく1集」はハサミとノリで平面の工作

こちらは「はじめてのかみこうさく1集」の一例。

グレーのラインをハサミでチョキチョキ切って、「のり」という印のところにノリをつけて貼り付ければ、完成!

1ページごとになっているし、切る順番もちゃんと書いてある。

ノリをつけるところには裏面にちゃんと「のり」と書いてあるし、とってもわかりやすいよ!

他にもパズルのようなものもあって、バラエティー豊富!

工作が苦手な娘も出来あがると喜んで、「もっとやりたい!」となってます(*^-^*)

それに一つ完成することで、「できた!」という自信につながっているよ♡これで工作が好きになるといいな~。

出来上がり作品はこんな感じです♪

最後の10Pは工作をやりながら絵本になります。これらをまとめると~

こんな風に絵本に!娘の練習の後が見えて、楽しいよ♡

「はじめてのかみこうさく2集」はハサミと紙を折ることで立体的な工作!

「はじめてのかみこうさく2集」へステップアップ。

1と基本的にルールは同じで、グレーのラインをハサミで切ります。

点線で折って、今度は立体的な作品になっていくよ(*^-^*)

娘は折るのがわかっていないから、これから一緒にやって、覚えていこー!

子供の成長を促すためのKUMONかみこうさくのまとめ

娘の発達を促すために、お医者さんからハサミ練習を薦めらえました。

そこでKUMONのかみこうさくシリーズでハサミ練習をスタート!

工作が苦手な娘も、このワークならハサミでチョキチョキし、ノリつけしたり、折ったりして、喜んでやってます。

お医者さんからは「親が線を書いて、そこをハサミで切って練習する」と薦められたけど、chayoが線を書いて、そこをハサミで切るように娘に言っても嫌がっていたと思う。

でもこのKUMONのかみこうさくだと嫌がらずに、抵抗なく、チョキチョキとやってくれる。

ハサミ練習になるし、マジでおすすめです!

それに紙工作をやることで集中力もつくから、嬉しい限り。

暫くは紙工作シリーズで、娘と工作をいっぱい楽しみます(*^-^*)

同じくKUMONのワークで、迷路、すうじ、ひらがなを教えてます。

市販のワークは子供が覚えやすいようにできていて、おかげで娘も少しづつ書けるようになってきたよ!

お医者さんや療育の先生から教えてもらった、子供の成長を促す方法をまとめました。同じように子供の成長に悩んでいる人向けです(‘ω’)ノ