「アロエがあれば医者いらず」という言葉もあるくらい。アロエは万能薬。私も田舎に移住して、ご近所さんがスズメバチに刺された時に良かったと聞いて、思わず育て始めました。だって田舎はただでさえ虫いっぱいなんだもん。

アロエは便秘だったり、下痢だったりにも効果があるし、健康にとっても良いんです。でも日本の家庭でよく育てられてるアロエはキダチアロエという種類。もちろん我が家のもキダチアロエで、このキダチアロエは葉が超苦いんです。もう激マズです。

でもキダチアロエは果肉そのものは苦くないから、ちゃんと調理すれば大丈夫!下記の手順で調理してね(‘ω’)ノ

キダチアロエを食べる!

キダチアロエはまず下処理をして、それから食べます

キダチアロエの下処理方法

  1. キダチアロエを収穫する (今回は立派なのを3本)
  2. 黄色い汁が切り口からでるので、それが止まるまで待つ (※汁には下剤の効果があるから要注意!)
  3. 周りのトゲを包丁で切り落とす
  4. 皮を包丁で剥く。この時に緑の皮が少しでも混じると苦いので注意!(※私は魚の三枚おろしの要領で包丁をねかせながらがやってます。スプーンでこそげとる方法でもOKだよ)
  5. 透明な果肉を適当に大きさにカットする

これで完成♡3本あっても、こんなに少量。元の皿と比較すると、驚くほど少ないことが、わかるね。えっ!?どこにキダチアロエがあるかわからない?

タッパに入れたんですよ。タッパをズーム!ほら、わかるでしょ?ちなみに私は下手なんで皮の緑色がほんの少し混じっちゃったけど、これもとったほうがいいよ。少しでも苦~いからね(‘ω’)ノ

キダチアロエは果肉が薄いし、葉が細いから、1枚の葉からとれる果肉の量は少ないんですよ。最初、驚いちゃったもん。

ママ

キダチアロエは緑の葉に栄養素がたっぷりあります。でもその葉の部分が、苦いのなんの。だから私は果肉だけを食べるようにしています。また苦みが気になる場合は、最後に沸騰したお湯で1~2分茹でて、水にさらしてね。そうするとより食べやすくなるとのことだよ!

下処理したキダチアロエを食べる!

下処理したキダチアロエは、そのままヨーグルトに混ぜるのが、おすすめ♡ヨーグルトが甘いから、あっさり味のアロエと相性ばっちりです。ただ下処理で葉がうっすらでも混じっちゃうと、苦いから気を付けて!

今度、フルーツジュースにも入れてみようかな。おいしそう~(*^-^*)

私はデザート以外では、味噌汁にいれて食べてます。みそ汁の味が濃いから、下処理で葉が少し混じっても気にならないよ(←重要ポイント!)

キダチアロエにはせっかく素敵な効能があるのに、食べないと損。だから自分に合った食べ方を見つけてね!

キダチアロエの注意点

アロエは肌にもいいし、血行促進、便秘改善、慢性胃炎、やけど、虫刺されにも効果があるというまさに万能薬。でも効果が強いから、食べすぎには注意!

またキダチアロエに含まれるアロインという成分は、子宮を収縮させる作用があるから、妊娠中はやめてね。

キダチアロエを食べた感想

せっかくキダチアロエを育てているんだから、食べないのはもったいない!貧乏根性で食べてみたけど、葉は苦いから、食べやすいように果肉だけを食べるのがおすすめ!ただほんの少ししか取れないのは残念だけど。

でもまとめて下処理して、タッパで冷蔵保存すれば、2~3日はモツよ!美容効果が高いから、興味ある人は試してね!

尚、一般的にヨーグルトやアロエジュースなどに使われているのは、キダチアロエではなくアロエべラ。アロエベラは葉の苦みが少なく、果肉も厚くて、とれる果肉の量が多いんですよ。だから下処理して、刺身として食べている人もいるんだよ!

ママ

キダチアロエとアロエベラを比べると効能には差がなく、むしろキダチアロエのほうが高い。でも果肉が薄いからとれる量が少ないのもあって、世界ではアロエベラが主流。これは調理してみて納得です。ほんの少ししか、とれないからね。でもアロエベラは寒さに弱くて、日本では沖縄以外では枯れてしまう。だから家庭で昔から育てられているのはキダチアロエとのことだよ!

キダチアロエの他の使い方

貧乏根性の私。キダチアロエは美容にもいいし、虫刺されやヤケドにもいいから、ジェルを作りました。スーッと肌になじんで、夏にぴったりのサッパリ美容液でおすすめだよ♪(私は夏に乳液代わりに使っていたよ)。

アロエエキスたっぷりの化粧水もできたよ!

スポンサーリンク