こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

お餅があるので試しに「おかき」を作ってみたら、これが簡単で美味しい!ってことで、レシピ紹介です。

年末年始に実家やご近所さんからお餅を大量にもらったけど、もてあまし気味。

でもこの「おかき」なら、おやつとして気軽に食べられるし、味のバリエーションも豊富。餅の大量消費に重宝です♡

尚、お正月の鏡餅の消費として、特におすすめ。既にお餅が乾燥されているから、おかきに最適だよ(*^-^*)

切り餅で作るおかきの材料

切り餅1個分を、保育園の娘がほぼ1人でペロリと完食。chayo家では切り餅2~3個が、一回分のおやつです。

尚、☆は味付けなので、あればでOK!

  • 切り餅 好きなだけ
  • 揚げ油 適量
  • ☆醤油 少量
  • ☆バター 1かけら
  • ☆あら塩 適量
  • ☆刻みのり 適量
ママ

きなこ味も美味しそうだから、今度やってみる予定です

切り餅で作るおかきレシピ

  1. 切り餅は半分の薄さに切って、1~1.5センチ四方に包丁で切る (餅1個を切ったのが、右のお皿の量。chayoは小さく切ってます)
  2. 切った餅を皿にのせて、乾燥させる (※本当は外で乾燥させるのが良いが、chayoは家の中で乾燥)
  3. 餅はひび割れるまで、しっかりと乾燥させる。乾燥が足りないとカリカリにならないし、揚げていると油跳ねがあるから、乾燥はしっかりと!
  4. お餅を揚げる。お餅が上に浮いてきて、ぷくっと膨らみ、ほんのりきつね色になるまで揚げてね。chayoはちょっと温度高めの方がカリっと揚がる気がする
  5. お餅はたくさん入れすぎると、餅同士がくっつくから気をつけて。少量づつ揚げるのが良いよ
  6. 餅が揚がったら、キッチンペーパーを敷いた皿の上にあげて、油を切る
  7. 熱いうちに、お好みの味付けをしたら、完成♡

おかきは温かいうちの方が味が付きやすいから、温かいうちに味付けしてね!

おかきは、揚げたてが最高に美味しいけど、火傷には注意。保育園の娘がまだアツアツのうちにつまみ食いをして、涙目だったからね(笑)。

ママ

鏡餅や既に乾燥している切り餅で作る時は、乾燥は要らないよ。包丁で切ったら、揚げて、おかきを楽しんでね!

おすすめのおかきの味付けは、バター醤油とのり塩!

味付けをググったりしながら、パパリンと考えていたら、下記の種類を思いついた。いろんな種類があるから、いろいろ試して、好みの味を見つけてね('ω')ノ

  • バター醤油味
  • あら塩味
  • のり塩味
  • ブラックペッパー味
  • きなこ味
  • 醤油砂糖で甘じょっぱく
  • 塩砂糖でほんのり甘く
  • 七味味

味付けは、おかきが温かいうちに。振りかけたり、お皿の中でまぶしたり、ビニール袋でシャカシャカしたりして、味付けしてね。

塩味おかきの味付け方法

おかきにパラリとあら塩をふりかければOK!簡単で、しょっぱくて、美味しいよ。

のり塩おかきの味付け方法

ビニール袋にきざみノリとあら塩とおかきを入れて、シャカシャカして味を付ける。ぱりぱりノリが良い感じ(*^-^*)

バター醤油おかきの味付け方法

バターの味がして、美味しいよ♡ちなみにバターは無塩じゃなくて、普通の有塩です。このしょっぱさが、良いんだな~(^^♪

  1. バターひとかけらをお皿に入れて、電子レンジで溶かす(20秒くらい。様子を見ながら10秒づつかけてね)
  2. お皿に醤油を入れてスプーンで混ぜる
  3. おかきも入れて、混ぜて、味付けする
  4. お皿に盛る
ママ

chayoの一番おすすめが、こちらのバター醤油!次がのり塩です

切り餅で作るおかきで失敗しないポイント

  • 餅は小さめに切る
  • 乾燥をしっかりとさせること

餅を小さめに切ると、乾燥するのが早い。

それに揚げる時も小さいほうが失敗が少ないから、小さいのがおすすめ!

ただ薄く切りすぎると、今度はお餅がぷくっと膨らまないことがあるから、薄く切りすぎないようにね。適度な厚みが良いよ。

尚、乾燥が足りなくてお餅に水分が残っていると、揚げているときに油が跳ねることがあるから、気を付けて!

ママ

ちょっと大きめに餅を切って作ってみたら、失敗!いつもよりも揚げるのに時間がかかって焦げたし、やたら固くなっちゃった

冷凍餅でもおかきが作れるよ!

お正月でもらった餅は、基本は冷凍。この冷凍餅でも、美味しいおかきが作れます。

冷凍餅はそのままでは包丁で切れないから、まずはお皿にのせて、そのまま放置の自然解凍。

包丁で切れる固さまで解凍できたら、包丁で小さく切ってね。その後、chayoは2日以上は乾燥させてます。

ママ

餅の解凍は、冷蔵庫でゆっくりの方が美味しいらしいけど、chayoは寒い時期は自然解凍。暑くなったら、冷蔵庫の予定です

餅を乾燥させるには、外でネットがおすすめ!

お餅を乾燥させるには、日光や風が当たるから、外で干すのベスト!ただし朝露があるから、夕方には室内へ取り込んでね。

干す時はこちらのネットが便利。動物や鳥に食べられないから、chayoも軒下につるしてます。

chayoも本当は外で干したい!カビの心配もないし、ネットの中なら天敵の猿もセーフ。

でも住んでいる田舎は、冬によく雨が降るんです。晴れていても、雨が降ることもあるほど。だから室内の台所で干してます。

愛犬

お餅はしっかりと乾燥させた方が良いよ。手で簡単に割れるまで、しっかり乾燥させている人もいるぐらいだからね!

おまけ。かき餅とおかき、あられの違いは?

この手作り「おかき」ができたときのこと。

ママ

おかきができたよ~。食べよう!

パパ

おかき?かき餅だよ

かき餅?おかき??いったいどっち(。´・ω・)?

これでは保育園の娘が混乱するし、chayoもよく分からない。だから、ちょいと調べてみました。

  • かき餅とは、漢字で欠餅。正月の鏡餅を砕き欠いてつくるお菓子のこと
  • おかきとは、もち米から作られるお菓子のこと

ちなみに「あられ」と「おかき」の違いは、大きさ。形が大きいと「おかき」、小さいのが「あられ」。

chayoが作る「おかき」は、小さいから、正式には「あられ」。そして「かき餅」は「おかき」の一種なんだろうね。

また「揚げ餅」も、文字のごとくに、餅を揚げたもの。だからchayoがつくる「おかき」を、「揚げ餅」と呼んでもOK!…って、ややこしいわ~(@_@)

尚、せんべいは、主食のお米と同じ「うるち米」で作られているよ('ω')ノ

ママ

いろんな呼び方があるとややこしいので、chayo家は「おかき」と呼んでます!

切り餅でつくるおかきレシピの感想

このおかきを一度作ってから、ヒットして、リピしまくってます。

理由はお餅がいっぱいあるから!それに干したりと時間はかかるけど、難しくはないしね。

でも何よりも一番の理由は、保育園の娘が喜んで食べてくれるから!

今までゼリーは別だけど、ほとんどのchayoの手作りお菓子に対して、娘の喰いつきはイマイチ。でもこのおかきは、

ママ

おせんべいは、週末に買い物に行った時に買ってあげるね

娘

ううん、さっき(おかき)ので良いよ!

他にも残っていた「おかき」をパパリンが全部食べたら、一番多く食べたくせに

驚く娘

パパ、全部食べちゃったの!?食べたかったのに~

こういうことを娘に言われたから、嬉しくて、しょうがない。せっせこ作っちゃうってもんです♪

娘はもともとしょっぱいものが好きで、おせんべいが大好き。だからこの「おかき」への喰いつきも半端ないんです♡

「おかき」はいろんな味が楽しめるのも嬉しいポイント。これからもチョイチョイ作って楽しみます(*^-^*)

しかもおかきは、干しておけば、いつでも作れるよ。「今日作らないと!」ではなく、「明日作ろう♪」となるのも、嬉しいポイントです。

正月でもらうとき以外は、このお餅を愛用。個別包装だから、お好み焼きにちょっと使うができるし、重宝してます。

揚げ物をよくするなら、オイルポットが便利!これを買ってから、揚げ油が利用できるので、揚げ物をよくするようになりました(*^-^*)