こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

ポルトガルのお菓子セラドゥーラを試しに作ってみたら、簡単で美味しかったので、レシピを紹介します。

今回は苺を添えてみたけど、そうすればグッと見た目も可愛くなるよ。それに珍しいし、お友達との持ち寄りパーティーにもおすすめデス。

「ときどき旅に出るカフェ」という本にこのセラドューラが出てきて、「簡単で美味しい」との言葉に惹かれたので、つくってみたら、本当に簡単で、美味しかった。

どこか素朴で懐かしい味で、chayoの好きな味。パパリンにも好評だったよ♡

セラドューラの材料

  • 生クリーム 200ml
  • ビスケット 100~150g
  • コンデンスミルク(練乳) 大さじ4
  • 苺 (飾り用だから、なくてもOK) 適量

ビスケットは今回こちらのプレーンを使いました。クッキーっぽいやつでもOK。写真は苺なしね。

ちなみにビスケットは全部使って、123gでした。

尚、生クリームがちょいと余ったんで、泡立ててコーヒーに入れて飲んだよ。

セラドゥーラのレシピ

  1. ジップロックにビスケットを入れて、綿棒で叩いて、細かく粉状にする
  2. 生クリームはちょいとトロリとするまで、泡だて器で泡立てる
  3. 生クリームにコンデンスミルクを加えて、混ぜる
  4. 容器に1のビスケットと3の生クリームを交互に乗せる
  5. 一番上はビスケットにする (透明なグラスだと、見た目が面白いよ!)
  6. 冷蔵庫で2~3時間冷やす (冷凍してもOK!)
  7. 苺を飾って、完成♡もちろん飾りはなくてもOKだよ

食べてみたら、コンデンスミルクで甘くしているから、どこか懐かしい味で、美味しい!chayoは大好きな味で、パパリンにも好評でした♡

ただ保育園の娘は、その時は市販の笛ラムネが食べたくてしょうがなかったからか、反応がイマイチ。苺だけはしっかり食べたけどね。

頑張って手作りしても、市販のお菓子に負けるのは残念。でもまぁ、簡単で美味しいレシピが増えたから、よかったわ☆

冷凍するとアイスみたいで美味しい!

余った材料で、タッパに作って冷凍しました。材料がちょっとしか残っていなかったから、ほんのちょっとだけど。

こちらが冷凍したもの。食べてみたら、バニラアイスみたいで美味しかったよ。

むしろchayoは冷凍したやつの方が、好き♡暑い時期にピッタリだし、おすすめ!

セラドゥーラのレシピまとめ

セラドゥーラを作ってみて、あまりの簡単さにびっくりした。しかも食べてみたら美味しくって、二度ビックリ。

練乳の甘さで、素朴で、どこか懐かしくて、美味しいよ♡

グラスに入れてみたら、見た目も可愛いし、持ち寄りパーティーにもおすすめ!是非、お試しあれ('ω')ノ

冷凍したらさらに美味しくなったから、暑い時期なんかはバニラアイス代わりに食べたいもんです。

ただ冷凍するときは保管しやすいから、見た目は悪くても、タッパが良いと思うよ。

chayoがこのセラドューラを知ったキッカケの本「ときどき旅に出るカフェ」では、世界中のおやつや飲み物が紹介されてます。それらをまとめので、興味がある人はどうぞ(*^^*)