こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

おすすめのファンタジー小説の「本好きの下剋上」の第三部「領主の養女」のあらすじを紹介します。

今度は別の領地に紙作り工房を広げ、紙作りもどんどんエーレンフェスト領内に広がっていくよ♪

本好きの下剋上 第三部「領主の養女」のあらすじは?

家族との繋がりを絶つことになるが、家族を守るために、平民から「貴族」となったマイン。

名前も「ローゼマイン」に改名し、さらに領主の養女となる。

本当は8歳だが7歳と偽り、貴族のお披露目である”洗礼式”が貴族生活のスタート。

洗礼式を無事に終えるために、ローゼマインは上級貴族にふさわしい教養、所作、作法を詰め込まれる。

だが一生懸命に勉強しても、必ず何かしらの非常識なことをやらかしてしまうローゼマイン。無事に洗礼式を乗り切れるか?

ママ

貴族には「上級」「中級」「下級」とあるが、ローゼマインは最高の「領主一族」となったから、権力がスゴイ!

本好きの下剋上 第三部の冊数は?

第三部「領主の養女」は下記の5冊だよ。お貴族様の衣装のグレードもUp!

愛犬

漫画版もあって、今も発行中。ちなみに漫画のタイトルは、「領地に本を広げよう」だよ♪

ローゼマインの三重生活(?)がスタート!

  • 上級貴族となる
  • 新たに神殿長となる (補佐は今まで通りに神官長)
  • 領主の養女として、貴族社会で役割を発揮する
ママ

10歳から、貴族が学ぶ貴族院へ進学。そのための勉強もするし、貴族の子供たちの教育もするよ

第三部 新たにローゼマイン工房ができて製紙業が広がる!

ローゼマインの製紙&印刷業は、領主主導の事業になって領内に広がっていくよ♪

  • 直轄地のハッセに、孤児院の第2支店のローゼマイン工房を作り、紙作り&印刷を行う
  • ギーベ・イルクナー主導で工房を準備してもらい、紙作りを教えて、紙作りをスタート!
  • イルクナーにて、新たな紙の開発!
  • ローゼマインの母の地元であるハルデンツェルにて、印刷の立ち上げ
愛犬

最後のはローゼマインの貴族の母の暴走。娘が大人しくなれば、今度は母とは(苦笑)

第三部「領主の養女」のローゼマインの発明品

印刷技術も発達するし、別の発明品もあるよ♪

  • 手押しポンプの開発  (水汲みといった生活が楽になる)
  • ローゼマイン式魔力圧縮方法 (帰属にとって超大事)
  • 金属活字を使った印刷機の発明。印刷がスムーズに!
  • 子供向けの絵本を増やす
  • 蝋原紙を作りだし、ガリ版印刷で、精細な絵も印刷できるようになる

本好きの下剋上 第三部のローゼマインの魔力量は?

魔力は子供から、大人。主に、成人になるまで増えていく。

ローゼマインは8歳の時点で、領主と同じ。つまり大人になればもっと増えるから、ありえない程の魔力量。

魔力不足の今、だからローゼマインは”領主の養女”になったんだよね。

ちなみに敵となると怖い存在だから、殺されてもおかしくないレベル。

ローゼマインの魔力が多いのは、平民時代に暴れる熱(魔力)を押さえるために、圧縮しまくったから。

あの生死をかけた生活があったからこそ、魔力がバカみたいに増えたんだよね。

ママ

ローゼマイン式の魔力圧縮で、ダームエルの魔力量が増えて、それで他の貴族に魔力圧縮を教えることになるよ

本好きの下剋上 第三部「領主の養女」の敵は?

途中から出てきました、新しい敵!今回の敵は、前神殿長を叔父と慕うジルベスターの姉「ゲオルギーネ」。

もともとエーレンフェストの次期領主と目されていたが、ジルベスターが産まれたことで、領主になれず、他領に嫁いでいった人物。

しかもゲオルギーネは、嫁ぎ先で第三婦人から第一夫人に昇格し、権力もGET。

さらに前神殿長とは違って、頭もよく、狡猾で、ずるがしい。ローゼマインはどうなる?

本好きの下剋上 第三部をより楽しむために!

こちらは実際の金属活字の印刷風景。活字拾いや組版とか、こうやるんだね。

第三部の本好きの下剋上の感想

ローゼマインの保護者は3人。父のカルステッドと、後見人の神官長(フェルディナンド)、養父のジルベスター。

この保護者たちが一生懸命教えても、必ず何かしら予想外をやらかすローゼマインが面白い。

まぁ、保護者3人組がそろって、ローゼマインの「聖女伝説」をぶちまけて、非常識なことをやらせることもあるけど(笑)。

また今回、私のツボは、フェルディナンドとローゼマインの意地悪対決。

ハッセ小神殿建設のお金を集めるために、フェルディナンドにフェシュピール演奏を頼み、それに怒ったフェルディナンドの仕返しっぷりとかね。

ママ

ローゼマインに魔力の流れを見るために「裸になれ」と命じるフェルディナンドと、それに勘違いするカルステッドにも笑った

さて、次は10歳となったローゼマインの貴族院生活がスタートするよ!いろんなことを、やらかしてくれますよ~(笑)

本好きの下剋上は、第一部~第五部まである。2022年6月現在、29冊まで発行されていて、かなりの長編。

長いけど、先が読めない展開で楽しいし、マインの「下剋上」の度合いがスゴイよ!

本好きの下剋上は、漫画にもなってるよ。小説とは違うマインの世界を楽しめるよ♪