こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

アルスラーン戦記って面白いって聞くけど、どんな話なの?何冊あるの?

こんな疑問に、アルスラーン戦記を全て読んでいるchayoが答えます。

今回はアルスラーン戦記シリーズの各本と、それぞれのあらすじを紹介します。

アルスラーン戦記シリーズの本のラインナップは?地図と特徴は?

アルスラーン戦記は壮大な歴史ファンタジーで、全16冊と長編です。

内容は2部に分かれていて、「①王都炎上」~「⑦王都奪還」まで第一部。メインは、王都を奪った蛮族ルシタニアとの闘い。

第2部は、「⑧仮面兵団」~「⑯天涯無限」。蛇王ザッハークが復活しはじめ、対決する話です('ω')ノ

尚、執筆期間が長くて、最初は1986年8月に発行。最終巻は2017年12月で、なんと31年!

パパリンが子供の頃に読んでいたのが、大人になってようやく完結。その執筆期間の長さにも、驚きました(笑)。

アルスラーン戦記シリーズの特徴は?ポイントは?

中世の中東に似ている、異世界が舞台。

14歳の王太子アルスラーンは、敵ルシタニアから命を狙われる。

でも勇者ダリューンに助けられ、それから知恵者のナルサスを味方につけ、その後にどんどん味方が増えていきます。

面白いのが、敵だった人が味方になっていくこと!でも敵であっても、その境遇に思わず同情しちゃうし、読者も好きになる。そんな人ばかりです(*^-^*)

そしてただの少年だったアルスラーンも、どんどん王太子として成長していく姿も面白いよ。

ちなみにアルスラーン戦記の魅力は、個性的なキャラクター!

知恵者ナルサスは「味方は彼の画力を恐れ、敵は知力を恐れる」と言われるほど、絵が下手な宮廷画家で、毒舌だしね(笑)

アルスラーン戦記の地図は?

アルスラーン戦記は、徐々にパルス王国だけではなく、隣国も登場。

だんだんと「えっ!?これって、どこ?」ってなることが多いから、地図を載せます。こちら、小説の挿絵(?)の写真ですので、あしからず('ω')ノ

アルスラーン戦記①「王都炎上」のあらすじ

舞台は、豊かで栄えているパルス王国。屈強な騎士軍団がいて、戦で負け知らずな国王アンドラゴラス。

蛮族ルシタニアがパルス王国に攻めてきたが、誰もが戦に勝利すると思っていた。

なのに万騎長カーラーンのまさかの裏切りによって、軍団は崩壊。

王都エクバターナはルシタニアにのっとられ、国王アンドラゴラスも捕らえられてしまう!

戦場にいたパルス王国の王太子アルスラーンは、勇者ダリューンの助けで命からがら逃げ出す。

だがルシアタニからの追っ手が迫り、まずはダリューンの友人であり、知恵者であるナルサスの元に身を寄せる。

ナルサスを味方に引き入れ、アルスラーンは王都の奪還を目指す!

アルスラーン戦記②「王子二人」のあらすじ

執拗なルシタニア軍の追っ手から逃れながら、アルスラーン一行はパルス軍がいる東のペシャワール城塞を目指す。

ペシャワール城塞は東の国境の要だり、先のルシタニアとの戦には参加しておらず、戦力が温存されているからだ。

だが敵ルシタニアの追撃にあい、ペシャワールで落ち合う約束しながら、アルスラーンは仲間と離れていく。

アルスラーンは、無事にペシャワールにたどり着けるのか?

 

一方、ルシアタニに味方する謎の”銀仮面”がいる。この”銀仮面”のせいで、万騎長カーラーンは国王を裏切ることになったのだ。

この”銀仮面”の正体と、カーラーンが裏切った理由とは?

そしてそれらを知っていて、苦悩しているのがペシャワール城塞にいる万騎長バフマン。

バフマンはそれをアルスラーンの前で、つい口にしてしまい…。

アルスラーン戦記③「落日悲歌」のあらすじ

パルス王国のゴタゴタを知った南のシンドゥラ国が、ペシャワール城塞を攻めてきた。その兵数は、5万!

だが、アルスラーンたちはナルサスの計略を用い、なんと500の騎兵で、これを撃破!

さらにシンドゥラ国の第二皇子ラジェンドラを捕らえる。

そこでナルサスの一計で、ルシタニアとの闘いに集中できるように、ラジェンドラと同盟を結ばせることに成功!!

その見返りとして、ラジェンドラが次の国王の座に就くように協力することに。

実は、シンドゥラの国王は病に臥せっていて、ラジェンドラは、次の国王の座を第一皇子”ガーデーヴィ”と争っていたのだ。

そしてアルスラーンは、シンドゥラ国を二分する戦いに巻き込まれていく。さて、どうなる?

ママ

タイトルの「落日」は、物事の勢いが衰えることのたとえ。これは病に臥せっているシンドゥラ国王のことかもね

アルスラーン戦記④「汗血公路」のあらすじ

王都エクバターナを占領するルシタニア軍では、内部分裂がおきていた。

兄である国王に変わり、実権をふるっている王弟ギスカールを中心とした貴族勢力。

それに対立するのは、国教イアルダボート教の大司祭ボダンが率いる宗教騎士団。

結局、ボダンはエクバターナを追放され、既にルシタニアが滅ぼした隣国マルヤム国へ撤退。

そしてその頃、ペシャワール城塞に戻ったアルスラーンは、パルスの各地の諸侯に向かって、エクバターナ奪還を宣言。

これを受けて、各地から諸侯がぞくぞくと集結し、とうとうエクバターナ奪還を向けて動き出す!!

 

尚、ここでナルサスは、”銀仮面”こと、ヒルメスの正体を推察していた。

ヒルメスは、アンドラゴラスの先王「オスロエス」の息子であり、ヒルメスは自分自身を正当な”王位継承者”だと思っているのだ。

この事実にアルスラーンは悩むが、自分ができることをするのみだと思い…。

ママ

タイトルの汗血は「かんけつ」を読み、血のような汗を流すこと。非常に苦労することのたとえ。だから、タイトルは苦労した道のりってことかな?

アルスラーン戦記⑤「征馬孤影」のあらすじ

アルスラーン一行は、ルシタニア軍と戦いながら、王都エクバターナを目指して進軍していた。

だが、パルスの北東に位置する草原の覇者トゥラーン軍が、ペシャワール城塞まで進軍し、包囲しているという知らせが!

そこでアルスラーンはペシャワール城塞へ舞い戻り、トゥラーン軍との戦いに。

だが、トゥラーンは他国を略奪することで、繁栄してきた国。

しかも今回は”国の総力”をあげての進軍で、トゥラーン国王トクトミシュまでもが戦場に出てきていた。

戦いは熾烈になっていくが、どうなる!?

 

ここで、一人でパルス各地を偵察していたギーヴは、魔の山デマヴォント山にいた。

そこはパルス国民が恐れる”蛇王ザッハーク”が眠っている地。不気味な地で、そこには、誰も近づきもしない。

だが、そこにヒルメスがいた。暗黒術をもちいる”導師”の勧めで、正当な王家の血筋である証として、”宝剣エクバターナ”を手に入れようとしていたのだ。

導師の狙いは、ザッハークの復活だというのに。

そしてヒルメスが宝剣ルクナバードを手に取ったことで封印が解かれ、地震が起こる。いったいどうなる?

ママ

タイトルの「征馬」は「せいば」と読み、旅に出るときに乗る馬や、軍馬を意味する。また「孤影」とは、独りぼっちでもの寂しそうに見える姿のこと。ってことは、味方が少ないヒルメスのことかな?

アルスラーン戦記⑥「風塵乱舞」のあらすじ

ペシャワール城塞で王都奪還に向けて準備をすすめていたら、ルシタニアに囚われていた国王アンドラゴラスがやってきた!

なんとアンドラゴラスは一瞬の隙をつき、敵から逃げ出していたのだ。

これで軍の指揮権はアンドラゴラスに戻る。そのアンドラゴラスがアルスラーンに命じたことは、港町ギランに1人で行き、追加の兵力5万を集めること!

これは事実上、パルス軍を追放されたことになる。それでもアルスラーンは命令に従う。

だが、アルスラーンの部下は国王の命令を裏切り、アルスラーンについていく。

計8人で港町ギランに到着すると、交易でかなり栄えていた。だが、そこの総督は私腹を肥やすことに執着していて、アルスラーンに協力する様子はサラサラない。

そこでアルスラーンは商戦を襲う海賊を退治して、商人の協力を得ていくことに!さて、どうなる?

 

その頃、国王アンドラゴラスは、トゥラーン軍との戦いを指揮していた。

先のアルスラーンとの闘いで敗戦したトゥラーンでは、国王トクトミシュを親王イリテリシュが殺害し、イリテリシュが新たな国王となっていた。

イリテリシュもこのパルスとの闘いに、自分の命運をかけていて、どうしても負けられない。

戦いは熾烈となっていくが、どうなる?

ママ

「風塵」とは「ふうじん」と読み、風で舞いたつチリのこと。わずらわしい俗世間や、こまごました雑事の意味もある。ギランで雑事に励んだアルスラーンや、エクバターナで実権を握っているが悩みだらけの王弟ギスカールのこと?

アルスラーン戦記⑦「王都奪還」のあらすじ

王都エクバターナへ向けてアンドラゴラスが出陣し、ルシタニア軍との激しい戦争が始まった。

激しい戦いとなるが、数では劣っても経験で勝るパルス軍が、戦に勝利。

王弟ギスカールやルシタニア軍は、ボダンが支配している旧マルヤム国へ逃げる。

そしてその戦の間に、ルシタニア王弟に味方していたヒルメスが裏切り、王都エクバターナを奪還していた。

ヒルメスはエクバターナに籠城し、そして今度は奪還を狙うアンドラゴラスとの戦いが始まる!

 

そしてその頃、港町ギランを支配し、兵力を蓄えたアルスラーンも出陣し、エクバターナの様子を見守っていた。

そこで王妃タハミーナから、自分の”出生の秘密”を知らされた。

アルスラーンは、自分が正当な王位継承者であることを知らせるために、宝剣エクバターナを手に入れようと、魔の山デマヴォントへ向かう。

さて、王都エクバターナを支配するのは、アンドラゴラス?ヒルメス?それともアルスラーン?どうなる??第一部がこれで完結!

ママ

今回は、文字通りに「王都を奪還」ですね。特にこのラストに驚いた。”見事”の一言です!

アルスラーン戦記⑧「仮面兵団」のあらすじ

第二部は、第一部から3年後。アンドラゴラスが逝去したことで3年前に、新たなパルス国王となったアルスラーン。

アルスラーンは以前から思案していた奴隷解放を行い、”解放王”の異名をもち、民衆から支持されている。

だが、そのために今まで奴隷をもつことで裕福だった人々はアルスラーンを恨み、諸外国もこの動きが自分たちの国に及ばないかを警戒していた。

 

そんな頃、西方にある隣国ミスルが、パルスへ侵攻してきた!

ミスルが優勢だったが、ナルサスの計略により、みごとに撃破。

その後、同盟国であるシンドゥラのラジェンドラとタカ狩りを楽しんでいたところ、アルスラーンは賊に襲われそうになる。

無事だったが、アルスラーンへの不満をもつ賊が国内にいるのだ。

しかもその後、今度は東のチュルク国がシンドゥラ国へ侵攻。アルスラーンとラジェンドラが、これを迎え撃つ!

だが、パルス王国の東のチュルクと、西のミスルがほぼ同時に騎兵。これは偶然?

さらに東のチュルク国へ偵察に行ったギーヴやエラムだが、帰り道に、謎の兵団に襲われる。

メルレイン率いるゾット族のおかげで無事だったが、その兵団で不思議なのは、その兵すべてが顔を頭巾で隠している”仮面兵団”だったのだ。

仮面兵団の目的とは?いったい何が起きている?

 

最後に、前国王アンドラゴラスの遺体が墓から盗まれる事件が発生!

犯人は、蛇王ザッハークの復活を願う謎の”尊師”の弟子たちの仕業。いったい何が起きている??

ママ

旧マルヤムでは、ルシタニアの王弟ギスカールと国教イアルダボート教の大司祭ボダンが争っていて、ギスカールが有利!

アルスラーン戦記⑨「旌旗流転」(せいきるてん)のあらすじ

ギーヴたちを襲った仮面兵団を指揮しているのが、チュルク国王の客人となっているヒルメス。

ヒルメスは、妻と穏やかに暮らしていたが、妻と胎児を失ったことで絶望。

ここでチュルク国王は、国をもっと発展させたいと野心を抱いていて、ヒルメスはそんな国王の野心の手助けをしようとしていた。

そこでパルス軍との戦で敗戦して国が壊滅状態となり、生活に困っているトゥラーン人を金で募って組織したのが、仮面兵団だったのだ。

仮面兵団は、シンドゥラ国で猛威を振るい、略奪を行っていた。

だが問題もあり、それがチュルク軍監の横柄な態度。仮面兵団のトゥラーン兵たちは、チュルク軍艦に不満なのだ。

そしてある日、トゥラーンをバカにされたヒルメスの部下が、チュルク軍監を斬ってしまった!

ヒルメスはどうする?さて、仮面兵団の運命は??

 

またここで、パルスの王宮に翼をもつ魔物、”有翼猿鬼(アフラ・ヴィラーダ)”がやってきて、アルスラーンを襲ってきた!

蛇王ザッハークの部下である”有翼猿鬼”が、何者かの手によって復活していたのだ。

この時はすぐさま退治できたが、一体、何が起きている?

尚、ファランギースの過去の恋話もちょっと出てくるよ!

ママ

「旌旗」とは、旗のこと。「流転」とは、移り変わってやむことがないこと。きっと”旗”が変わるヒルメスのことだろうな~

アルスラーン戦記⑩「妖雲群行」(よううんぐんこう)のあらすじ

ヒルメスの部下がチュルク軍艦を斬ったことで、運命が変わったヒルメス。

結局、仮面兵団は壊滅となり、残った百名の兵ほどと一緒にシンドゥラ国で船を強奪して海に出る。

そして今度はパルス王国の東にあるミスルにたどり着き、そこでミスル国王の庇護を受けている「ヒルメス殿下」の話を耳にする。

興味をもったヒルメスは国王に謁見し、正体を隠し、クシャフールと名乗り、国王の客将軍となる。

ちなみに偽ヒルメスは、ナルサスの旧友であり、ナルサスを恨むシャガード。ヒルメスになりきるために、顔に火傷までおって、復讐を誓っている。

ヒルメスはミスル国を乗っ取るという野心を抱いているが、さて、一体どうなる?

 

王宮に”有翼猿鬼(アフラ・ヴィラーダ)”がやってきた3日後、アルスラーンに聖庇(アジール)を求める男がいた。

彼は公衆浴場で、ある密談を聞いてしまった。人間になりすましている王宮づとめの法官が、実は蛇王ザッハークの手下の鳥面妖怪(ガブル・ネリーシャ)。

しかも鳥面妖怪は、”蛇王ザッハークが盛夏四旬節の初めまでに復活”するという話をしていたというのだ!

これには、みんなが驚く。そこでアルスラーンは、メルレインたちにザッハークが封印されているデマヴァント山を封鎖することを命ずる。

だが、魔の山デマヴァント山に足を踏み込んだ瞬間、危険が!どうなる?アルスラーンは、蛇王の復活を阻止できるのか??

ママ

「妖雲」とは、不吉の前兆と感じさせる雲のことや、不吉な気配のたとえ。「群行」とは、大ぜいで群れをなして行くこと。タイトル通りに、ザッハークの手下の妖魔が増えてて、不吉なサイン!

アルスラーン戦記⑪「魔軍襲来」(まぐんしゅうらい)のあらすじ

構築中

アルスラーン戦記⑫「暗黒神殿」のあらすじ

構築中

アルスラーン戦記⑬「蛇王再臨」のあらすじ

構築中

アルスラーン戦記⑭「天明地動」(てんめいちどう)のあらすじ

構築中

アルスラーン戦記⑮「戦旗不倒」(せんきふとう)のあらすじ

構築中

アルスラーン戦記⑯「天涯無限」(てんがいむげん)のあらすじ

構築中

アルスラーン戦記の番外編

アルスラーン戦記には、アルスラーン戦記読本と、もともとのアルスラーン戦記の挿絵を描いていた挿絵集があります。

アルスラーン戦記読本のあらすじ

アルスラーン戦記読本は、アルスラーン戦記⑩「妖雲群行」の発行後から、アルスラーン戦記⑪「魔軍襲来」の発行までの間に、発行されています。

なんせ1巻を発行する間が7年ぐらい空いている時もあるし、執筆期間は31年間ですからね。

この読本には、アルスラーン戦記の人物伝やら、各本のあらすじ、著者である田中芳樹さんのインタビュー。

そしてアルスラーン戦記の外伝となるダリューンの恋話「東方巡歴(とうほうじゅんれき)」がありますよ('ω')ノ

ちなみに恋のお相手は、絹の国(セリカ)の女性で、強くて、ハツラツとした美人。どこかナルサスを思わせるとのこと。

でも出会ったところで終わるから、何があったのか、続きが気になる~(; ・`д・´)

アルスラーン戦記イラスト集


アルスラーン戦記は、もともと角川文庫から出版されていて、「ファイナルファンタジー」のキャラクターデザインでも有名な天野喜孝さんの挿絵でした。

でも角川文庫は10巻までで、現在は事実上の絶版状態。

それで光文社のカッパ・ノベルズから新装版として発行され、挿絵は山田彰博さんになりました。当サイトで紹介しているのも、カッパ・ノベルズ版です。

こちらは天野さんが描いた第一部までのアルスラーン戦記の全イラストに、描き下ろし8点を加えた、ファンタジー画集です(*^-^*)

アルスラーン戦記の漫画とは?

アルスラーン戦記は、「鋼の錬金術師」で有名な荒川弘さんによって、漫画になっています。

最初は可愛いすぎるアルスラーンの絵にビックリしたけど、荒川さんのことだから、とっても素敵な漫画になりそう (※chayoは「鋼の錬金術師」ファン)

chayoは1巻しか読んでないけど、原作がしっかりしているから、面白いよ。

尚、小説では、後半。特にラストがすっきりせず、無理やり終わらせた感が。

だからそこらへんも含めて、すっきりとした話にしてほしいな~。

また漫画は、2020年10月現在、13巻まで発売されています('ω')ノ

小説 漫画
①王都炎上 1巻~3巻
②王子二人 4巻~6巻
③落日悲歌 7巻~8巻
④汗血公路 9巻~12巻
⑤征馬孤影 12巻~巻

他にもこの漫画が元になったアニメもあるよ。アニメも途中まで見たけど、面白いよ!

アルスラーン戦記シリーズのまとめ

アルスラーン戦記は、全16巻もあるし、執筆は31年!長期です。

でもパパリンがアルスラーン戦記を子供の頃から読んでいるファンだけど、それも納得。

アルスラーン戦記は面白い。その魅力は、なんといっても個性的なキャラ!

楽士のギーヴは女ったらしだし、ダリューンは強すぎるくらい強いけど、盲目的なアルスラーンの信望者。

神官のファランギースは「美人」と言われても、「当然」って感じだし(笑)。

chayoは作者の言葉のセンスも好きだし、それになんといってもナルサスの計略には、毎回、驚かされます。

「絶体絶命のピンチ!」って時に、そのピンチを切り抜ける計略が面白いんですよね~。だからついつい読み進めちゃいます。

 

尚、chayo的には、第一部(王都奪還)までが、すごく面白かった。

アルスラーンは、父アンドラゴラスが生きていれば、実権が握れない。どうなる?って時に、あの展開は驚いたし、”見事”の一言に尽きます。

ただその後の話も、途中まではすごくワクワクしたけど、最後の最後は無理やり終わらせた感がある。特に最終巻がね。

いっぱい味方が死んじゃうし…(泣)。3つの「銀の腕輪」とか、伏線が中途半端になっちゃったし。しょうがないんだけどさ…。

でもアルスラーン戦記は、名作で面白いから、おすすめです!

他にも、こちらでファンタジー好きのために、おすすめ本を紹介してます(*^-^*)