こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

悩んでいる人悩んでいる人

バーティミアスシリーズが面白いって聞いたことあるけど、どんな内容なの?シリーズって、いったい何冊あるの?面白いの??

こんな疑問に、バーティミアスシリーズをすべて読んだchayoが答えます。

ママ

「サマルカンドの秘宝」は3部作の最初の本。他にも、外伝があるよ!

今回は、chayoのおすすめファンタジー小説のバーティミアスシリーズの各本と外伝のあらすじを紹介します。

尚、バーティミアスは映画化の話もあるけど、実現するかはまだ分からない。映画化してほしいな~。映像のバーティミアスが見たい!

愛犬

「バーティミアス」は、世界30カ国以上で出版され、日本でも80万部を売り上げた人気シリーズだよ!

バーティミアスシリーズのラインナップは?特徴は?

バーティミアスは3部作で、「サマルカンドの秘宝」「ゴーレムの眼」「プトレイマスの門」。

連作シリーズだから、「サマルカンドの秘宝」から読むのが良いよ!

バーティミアスシリーズの特徴は?

舞台設定が、ちょいとややこしい。魔術師が国を支配しているけど、魔術師は自分では魔法を使わない。

魔法を使うのは、全てが魔術師が呼び出した”妖霊”です。

その”妖霊”には位があって、最強クラスの”妖霊”には、下の階級の”妖霊”の力ではとうてい敵いません。年月をとり、経験値を積んでも。スペックが違うんです。

そして主人公であるバーティミアスは、最強ではなくて、中級クラスの”妖霊”でジン。

でも”知恵”と”経験”はたっぷりあって、だから格上との闘いでも、なんとか活路を見出したりする。読んでいて、”そうくるか!”ってなるよ。

ちなみに"妖霊”は魔術師の命令には従うけど、隙あらば、召喚した魔術師を殺して自分のいる世界に帰ろうとするし、命令に背こうとしたりもします。

ママ

最初はこの設定に戸惑うけど、でもファンタジー小説ではよくあること。すぐにググッと本の世界にひきこまれるよ

愛犬

各本とも上・中・下の3冊だし、600ページの長編。でもパパとママが言うには、予想もしない展開の連続で、最後まで楽しめられるって!

「バーティミアス サマルカンドの秘宝」のあらすじ

舞台は、魔術の中心都市であり、魔術師が支配するロンドン。ここで魔術師は、妖霊を召喚し、意のままに操ってます。

ある日、召喚されたのが、5010歳でベテラン妖霊のバーティミアス。

そんなバーティミアスを召喚したのが、まだ12歳のひよっこ魔術師ナサニエル!

ナサニエルは師匠に内緒で、”命”をかけて、バーティミアスを召喚。

しかもベテラン魔術師のサイモンから、<サマルカンドのお守り>というアミュレットを盗むという無謀な命令をしてきた。

ナサニエルはサイモンに復讐するためにバーティミアスを召喚したのだが、ベテラン魔術師から物を盗むというのは危険なこと。

しかもその”サマルカンドのお守り”は、サイモンが密かに企む”陰謀”にも関係する代物だった。

ナサニエルもその”陰謀”に巻き込まれていくが、いったいどうなる?

「バーティミアス ゴーレムの眼」のあらすじ

“サマルカンドの秘宝事件”から2年後。

優れた師匠のもとで、ナサニエルはメキメキと魔術師としての腕を磨き、政府の内務省の一員として働くエリートになっていました。

だが魔術師の支配に抵抗する「レジスタンス団」は、魔術師を狙った事件をたびたび起こし、政府を困らせていた。

そんな時に、ロンドンの商店で大規模な破壊事件が発生!

政府は「レジスタンス団」の仕業だと考え、ナサニエルに捜査を命じる。

ナサニエルはこの事件を解決するために、再びバーティミアスを召喚する。

そしてバーティミアスの活躍により、この爆破事件の犯人はかつてプラハで見たことがあるゴーレムの仕業だと判明。

しかもゴーレムを、政府の要人が操っているらしい。いったい誰の仕業?

一方、政府が警戒しているレジスタンス団は、なんと政府の大切な宝である「グラッドストーンの杖」を盗み出す事件を起こす!

杖をもって逃げるキティを追いかけるナサニエル。だがそこに骸骨姿のアフリートが!いったい誰が杖を手にする?どうなる??

「バーティミアス プトレマイオスの門」のあらすじ

ゴーレムの事件から、3年後。ナサニエルは一流の魔術師まで昇進し、閣僚の一角を占めるまでになっていた。

市民の間でも人気があり、首相にも目をかけられている。

順風満帆のようにみえるが、友人はいなくて、孤独な生活。周りは”自分を蹴落として”出世”することを考えている人々だからだ。

しかも今イギリスは、アメリカとの戦争が長引いていて、まさに泥沼状態。これに不満をもつ市民が増えていて、反乱の兆しが日に日に強くなっている。

そんな頃、首相の友人が主催する”観劇”を見ていたら、次々に魔術師仲間や首相までもが捕まっていく。いったい何が起きてる??

しかもナサニエルの頼みの綱であるバーティミアスは、2年間も召喚されっぱなしで、成分がボロボロ。まさに瀕死の状態。

こんな状態で、ナサニエルを助けられるのか?

一方、ゴーレム事件で死んだことになっていたキティは身分を偽り、ロンドンに潜伏。

ある魔術師に仕えて、魔術や”妖霊”について、独自に勉強していた。やがてキティはついに”妖霊”を召喚!その相手とは??

ママ

最後の最後は、まさに感動のラスト!

バーティミアスシリーズの外伝「ソロモンの指輪」について

バーティミアスには外伝があって、それがソロモンの指輪です。全3冊「フェニックス編」「ヤモリ編」「スナネコ編」。

3冊に分かれているけど、1冊の内容ですよ('ω')ノ

ママ

外伝は外伝で面白いし、この本から読み始めても楽しめるよ。でも「サマルカンドの秘宝」シリーズを読んでからの方が楽しめるよ!

「バーティミアス外伝 ソロモンの指輪」のあらすじ

今回は前回の話よりも3000年前で、紀元前1000年頃。ソロモン王が納めるエルサレムが舞台。

ソロモン王がはめている「指輪」は絶大な力をもち、その力でソロモンは自分の国だけでなく、隣国をも従えてさせている。

ソロモンの”指輪”の力をみんなが恐れ、力のある魔術師も服従しています。

今回バーティミアスを召喚するのも、ソロモンに仕える魔術師。

1人目はあっさりとバーティミアスに殺されるけど、これに激怒したソロモン。

次には、冷酷な魔術師カーバーをバーティミアスの主人にさせます。

カーバーにより、バーティミアスは奴隷のように働かされる日々。でもある日、大失敗をしでかして…。

 

ここでもう1人の主人公アズミラ。シバの女王の護衛を務める、正義感あふれる少女で、17歳。

シバの女王は、ソロモンからの求婚を断ったことで、国を滅ぼすと脅されていたのです。

そこでアズミラは女王から、「ソロモンの暗殺」と「指輪を奪う」を命じられ、1人エルサレムに向かいます。

困難の末にエルサレムにたどり着いたが、”妖霊”と人々にがっちりと守られたソロモンに、いったいどうやって近づく?どうする??

ママ

バーティミアスは、まだ若くて2000歳の頃。親友のプトレマイオスと出会う前だから、まだ人間への不信感が満載なころ。尚、今回は親友のフェイキアールとの掛け合いが面白いよ!

バーティミアスシリーズのまとめ

バーティミアスシリーズは、どれも大長編だから、読むのに一苦労。一冊づつが重いしね。

でも圧倒的な面白さで、グイグイっと本の世界にひき込まれてしまうよ。

chayoも大好きな「ハリーポッターよりも面白い」という人もいるけど、納得。chayoはハリーポッターよりも、面白いです!

”妖霊”という設定が面白いし、何よりもバーティミアスの毒舌が面白くてしょうがない。

そのバーティミアスには、かつて人間の”友達”がいた。

そして彼の存在があったからこそ、バーティミアスは他の”妖霊”とはちょっと違う考えになり、それが最後の最後に…( *´艸`)

尚、ナサニエルは望む出世をしてもいつも孤独を抱えている。

だからこそ「プトレマイオスの門」ではヘロヘロのバーティミアスを解放しなかっただろうな~と思ってます。ナサニエルは絶対、認めないだろうけどね。

バーティミアスが映画になる?

バーティミアスは映画化の話があり、2002年にミラマックスが映画化権を取得し、2009年に映画が公開される予定だったけど、製作は中止。

その後、2019年にStart Media社が、ドラマ化と映画化の権利を得たとのこと!

これで映画化やTV化の話が進むのかな?情報があったら、随時Upしていきますね。

原作ファンとしては、是非とも実現してほしい。映像のバーティミアスが、見たい(*^-^*)

ちなみにStart Media社のCEOであるマイケル・J・マーさんが原作のファンで、何年の前から著書にコンタクトをとって、権利を得たとのこと。映像化をお願いします!

ファンタジー小説好きにむけて、こちらではおすすめ本を紹介してます(*^-^*)