こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

車のリモコンキーの電池切れでは、わざわざディーラーに行かなくても、自分で電池交換ができます。

今回は電池交換のやり方を紹介します!

ちなみにディーラーに行くと電池交換で1000円ほど。でも自分でやれば電池代だけだから、300円ほどでできます。

chayoは最初にリモコンキーの電池切れが起きたとき、今までは車のドアのボタンを押せば開いたのに、急に開かなくなったから”故障だ!”と勘違いして慌ててディーラーに行ったんです。

そうしたら「電池切れです」とあっさり言われて、拍子抜け。その場で電池交換をしてもらい、帰宅。

その後、パパリンからディーラーにわざわざ行かなくても自分で電池交換できると知った時は「損した!」と後悔したよ(笑)。

車のリモコンキーの電気切れのマークは?

リモコンキーが電池切れだと、車のエンジンをかけると、「ピーピーピー」というエラー音がします。

さらにchayoの愛車NBOXでは以下のように「電池切れ」のマークも表示されます。

この段階で気がつけば、すぐに電池交換しましょう!ちなみに2~3日は電池がモツよ(←経験済み)。

尚、これに気が付かないと、急に扉が開かなくなって、焦るし、困ります。

そして昔のように車の鍵を使ってドアを開け閉めしたり、鍵を回してエンジンをかけることになります。トホホ(←経験済み)。

ちなみにNBOXの場合は、リモコンの赤丸の部分に鍵があります。ちょっとかたいけど、引き出せるよ。

車のリモコンキーの電池交換のやり方

まずは車の鍵の蓋を開けて、電池の型を確認します。間違った型だとダメなので、ご注意を。

ホンダのNBOXは、赤矢印のところに100円玉や10円玉を使って開けるタイプ。

開けるとこんな感じ。で、赤矢印のところを外すと~

電池発見!ボタン電池の型は「CR1632 3V

これと同じ型のボタン電池を買ってきて、新しいボタン電池と交換すれば、電池交換は完了です!簡単にできるよ。

ちなみにこちらがNBOXのリモコンキーを分解したところ。100円玉や10円玉で簡単に開けられるよ♪

ママ

ボタン電池は誤飲すると、内蔵の粘膜が溶けて、要手術になる。とっても危ないから、使用済みのボタン電池の取り扱いには、注意。特に子供とペットは要注意!

車のリモコンキーの電池交換の感想

今回自分で電池交換をしてみて、簡単でビックリしました。

わざわざディーラーに行かなくても、自分でできるって、嬉しい。

しかもディーラーでは1000円ほどかかるけど、自分でやればボタン電池代のみ。

尚、ボタン電池はスーパーやホームセンター、コンビニで300円ほどで買えるよ♪chayoもイオンで買いました!