こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

家庭菜園でジャガイモを作っていると、どうしても小さい子芋ちゃんができます。

その子芋ちゃんのおすすめの食べ方は、丸揚げ!

これをケチャップやマヨネーズを付けて食べると美味しいので、紹介です(‘ω’)ノ

ちなみに子芋ちゃんは皮が薄いから、皮をむかなくてOK。

っていうか、皮をむいていたら正直面倒だし、それこそ食べる部分がなくなるからね。

尚、chayo家は自然栽培で育てていて、化学肥料を使ってないから、全体的に小粒のジャガイモです。

小さいジャガイモの丸揚げの材料

  • (皮をむくのが面倒そうな)小さいジャガイモ 適量 (10個くらいでもぺろりといける)
  • 揚げ油

小さいジャガイモの丸揚げのレシピ

  1. 小さいジャガイモを水洗いする。皮は気になるところをチョイチョイ削る程度でOK!
  2. 水気をふき取る
  3. 油を高温にしておき、2のジャガイモを入れる
  4. ジャガイモの皮がちょいとフニャフニャ(?)してきたら、箸でさして、中まで刺さればOK。鍋から取り出す
  5. 熱いうちに塩をパラリと振りかけて、お好みでマヨネーズやマヨネーズを添えて、完成♡

ほくほくジャガイモで、あっという間に食べれちゃうよ。美味しいし、簡単だから、おすすめです(‘ω’)ノ

小さいジャガイモの丸揚げレシピのまとめ

家庭菜園では、どうしても小さいジャガイモができます。

皮をむくのが手間だし、「どうしようかな~」と思っていたら、知人からこの丸揚げのレシピを教えてもらいました。

丸揚げにしちゃえば、皮をむかなくていいから簡単だし、それに皮が薄いから丸揚げでも全然OK!

しかも丸ごと揚げているから旨味が抜けださず、ホクホク。美味しくって、ぺろりと食べれちゃいます。

chayoとパパリンで10個以上は、軽く食べられるおすすめレシピです。お試しあれ(‘ω’)ノ

ちなみにパパリンが実践している自然栽培は、化学肥料を使わず草マルチを使ってます。なかなか大きくならないけど、野菜は自然の味で美味しいよ。

ただ例年猿被害にあうし、2019年なんて、モグラと野ネズミの合体技で食べられたし、なかなか難しいです┐(´д`)┌ヤレヤレ